◎ドリトス「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストが開始

ペプシコ

2013/9/13 10:55

AsiaNet 54239

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

<ニュースリリース>

ペプシコのスナック菓子ブランドドリトスが

第48回スーパーボウルで世界に向けて放送されるオリジナルドリトス広告を一般募集、

優勝賞金は100万ドル!

ドリトス「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストが開始

ファイナリスト2名は、大ヒット映画の続編

「Marvel’s The Avengers: Age of Ultron」の撮影セットでマーベル・スタジオズと協働できるチャンスをプレゼント

 2013年9月12日、テキサス州プラノ発 ― ペプシコのスナック菓子ブランドドリトスは世界中のファンから自作テレビ広告を募集します。優勝賞金は100万ドルで、優勝作品は世界で最も多くの視聴者がいるとされる「第48回スーパーボウル」で全世界に向けて放送されます。幸運なファイナリスト2名の作品が多数のテレビ視聴者に届けられ、さらに、2012年の大ヒット映画『アベンジャーズ』(興行収入は世界映画史上3位)待望の続編、『Marvel’s The Avengers: Age of Ultron』の撮影セットでマーベル・スタジオズと協働するチャンスが与えられます。そして、2人のファイナリストのうち1人に賞金100万ドルが贈られます。詳細についてはドリトスのウェブサイト(www.doritos.com)をご覧ください。

これは、米国で過去7年にわたり開催されているドリトス「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストの一環として行われるもので、世界中の想像性溢れる映画制作者にとってはかつてないチャンスです。2007年に始まり毎年恒例となった同コンテストでは、米国の消費者に向けて、ドリトスのトルティアチップスへの情熱を表現する30秒自作広告を作って応募するよう呼びかけました。今年のコンテストでは、ドリトストルティアチップスが販売されている地域であれば世界中のどこからでも応募ができ、優勝作品は第48回スーパーボウルで放送されます。スーパーボウルは全米フットボール連盟(NFL)の年間優勝決定戦であり、米国での視聴者数は毎年1億人にも達し、世界で最も多くの人が観戦する大会だとされています。

ドリトスブランドの幹部、広告業界関係者、Pow!エンターテイメントの伝説的人物であるスタン・リー氏(マーベルの名誉会長で、アイアンマン(TM)、スパイダーマン(TM)を始めとするスーパーヒーローのクリエイター)を含む厳格な審査団がまず5作品を「ファイナリスト」として選出します。その5作品の中から1本を世界中の消費者がウェブサイト上(www.doritos.com)での投票により選び、更にもう1本をドリトスブランドが選びます。これら2本がスーパーボウルで放送される広告として使用されます。さらにこれら2作品の制作者にはそれぞれ、『Marvel’s The Avengers: Age of Ultron』のセットで働くチャンスが与えられます。賞金は得票数1位の作品が100万ドル、2位が5万ドルです。

「卓越したコンテンツには国境がない」と、ペプシコのフリトレー部門の上級副社長兼チーフマーケティングオフィサーのアン・ムケルジー氏は述べています。「6大陸46か国に展開するブランドとして、世界のどこであれ、ドリトスのファンは可能な限り大胆な方法でインパクトを生み出したい、と考えていることを私達は知っています。私たちは今、世界最大級の広告の舞台で才能とクリエイティビティをシェアできる最高の機会を、『クラッシュ・ザ・スーパーボウル』によって世界中のファンに提供しています。」

第1回の「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」以来、広告の応募総数は2万点を超えました。毎年、優勝作品はスーパーボウルで流れるコマーシャルの中でも特に記憶に残るものとして話題になります。その結果、優勝広告の制作者の中には、優勝賞金を手にするだけでなく、TVCMの仕事を受注したり、ハリウッドの制作会社から依頼を受けたりと、人生の大きな転機を迎えるような体験をした人もいます。

今年の優勝者は、『Marvel’s The Avengers: Age of Ultron』のセットでマーベル・スタジオズと一緒に仕事をするという、全く新しい人生を迎える機会を獲得します。マーベル・エンターテイメントの一部門であるマーベル・スタジオズは、世界で最も有名且つアイコニックなコミックブックの世界をもとに映画を制作しています。8千種類以上のキャラクター達を登場させ、『アイアンマン』、『インクレディブル・ハルク』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ』、『アベンジャーズ』などの大ヒット作品を生み出してきました。マーベル・エンターテイメントはウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社です。

「マーベルの仕事はユニークなキャラクターを創造し、刺激的なストーリーを語り、できる限り大胆な方法で視聴者を楽しませることです。それを、『クラッシュ・ザ・スーパーボウル』コンテストによってドリトスのファンに対して実践します。だからこそ今回、非常に強いパートナーシップが築かれました」とスタン・リー氏は語っています。「コンテスト優勝者はすばらしい機会を手に入れます。自分の作品がスーパーボウルで大勢の人に向けて放送されることに加え、マーベルファミリーの一員として、今日のエンターテイメント業界で最も勢いのある人々とともに仕事をするのです。」

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストがグローバル市場に広がった理由は、世界中の野心的なディレクターとアーティストがエンターテイメントビジネスで成功をする機会を増やし、映画コミュニティ全体が世界で拡大し続ける事を願ったからです。最近の10年間だけを見ても、映画の合計興行収入は北米で3割強増え、その他の地域では2倍以上になりました[1]。また、北京、シドニー、ミュンヘン、プラハなど世界各地の都市にある一流映画スクールが、映画関連の豊富な人材を生み出しています。

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」で選ばれたファイナリスト5人はニュージャージー州ラザフォードに招待され、贅沢なプライベートスイートから第48回スーパーボウルを観戦しながら、5人のうち誰の作品が放送され世界の注目を集めるのかをまさにその場で知ります。放送中に自分のコマーシャルが流れなかった3人はそれぞれ2万5千ドルを受け取ります。第48回スーパーボウルは2014年2月2日(日)にFOXチャンネルで放送される予定です。

世界有数のスナックブランドであるドリトスは6大陸46か国に展開しています。現在、世界のドリトス商品群にはナチョ・チーズ、クール・ランチ、スイート・チリペッパー、タンジー・チーズなど、70種類を超えるユニークな商品が展開されています。

ペプシコとNFLとの関係は、ペプシコにとって最も歴史が長く最も成功しているスポーツスポンサーシップです。シーズン中、ペプシコはNFLとの関係を活かし、ペプシ、トスティートス、クエーカー、ドリトス、ゲータレードを始めとするペプシコの主な食品・飲料ブランドの多くにわたって活動を展開し消費者と絆を作っています。

マーベル・エンターテイメントにつぃて

マーベル・エンターテイメント(Marvel Entertainment, LLC)はウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社で、キャラクターを中心とした世界有数のエンターテイメント企業です。70年間、8千種類以上のキャラクターをさまざまなメディアに登場させ,人気を博してきました。同社は人気キャラクターを使って、エンターテイメント、ライセンス供与、および出版の各事業を行っています。詳細については同社ウェブサイト(www.marvel.com)をご覧ください。

ドリトスについて

ドリトスは、ペプシコ(NYSE: PEP)のグローバルスナックポートフォリオにおける主要ブランドです。ドリトスブランドの詳細についてはドリトスのウェブサイト(www.doritos.com)をご覧ください。

ペプシコについて

ペプシコは食品・飲料のグローバルリーダーで、純収入は650億ドル以上、製品ポートフォリオにある22ブランドはそれぞれ年間小売額が10億ドル以上に達します。主要ビジネスであるクエーカー、トロピカーナ、ゲータレード、フリトレー、およびペプシコーラが提供する数百種類の食品・飲料は世界中で愛されています。ペプシコ社員は一丸となって、より健康的な未来と地球に投資することにより、持続可能な発展に向けたユニークな取り組みを行っています。それはきっと、ペプシコの将来の成功にもつながるでしょう。その取り組みは、「目的のあるパフォーマンス」と呼ばれるペプシコの約束です ― おやつから健康食まで幅広い食品・飲料を提供すること、エネルギーと水の保全および包装の削減を通して環境への影響を最小限に抑えるための革新的方法を見つけること、社員にすばらしい職場を提供すること、および、ペプシコが活動する地域社会を尊重・支援しそこに投資すること。詳細についてはペプシコのウェブサイト(www.pepsico.com)をご覧ください。

ペプシコをフォローしましょう。

・Twitter (http://twitter.com/pepsico )(@PepsiCo)

・Facebook (http://www.facebook.com/pepsico

・PepsiCoブログ(http://pepsicoblogs.com/

・PepsiCoプレスリリース(http://www.pepsico.com/Media

・PepsiCoマルチメディア(http://multimedia.pepsico.com/

・PepsiCoビデオ(http://www.youtube.com/user/PepsiCoVideo

放送/プリント/テレビメディア:放送品質のビデオ、静止画像、プレス情報はウェブサイト(www.magicbulletmedia.com/MNR/crashthesuperbowl)でプレビュー、ダウンロード、シェアできます。

(C) 2013 NFL Properties LLC. NFL関連の商標はすべて全米フットボール連盟の商標です。

[1 ] IHS Screen Digest, 2011

<本件に関するお問い合わせ先>

フリトレー

担当:Chris Kuechenmeister

TEL:+010 (1) 972 334 2044

e-mail: Chris.Kuechenmeister@pepsico.com

PepsiCo's Doritos Brand Asks Consumers Worldwide To Create Their Own Doritos Ads For Chance To Win $1 Million Grand Prize

PR54239

PLANO, Texas, Sept. 12, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

  Two Finalists Will Win the Chance to Work with Marvel Studios on the Set of

     the Highly Anticipated Movie "Marvel's The Avengers: Age of Ultron"

PepsiCo's Doritos brand is asking fans around the world to create a Doritos

television advertisement for the chance to win a $1 million (U.S.) grand prize

and an opportunity to see their work air in front of a global television

audience. Two lucky winners will see their ads air for an audience of millions

and have the opportunity to work with Marvel Studios on the set of "Marvel's

The Avengers: Age of Ultron," the highly anticipated sequel to the 2012

blockbuster movie "Marvel's The Avengers," which became the

third-highest-grossing movie of all time worldwide. In addition, one of those

two winners will be awarded the grand prize of $1 million. More details are

available at www.doritos.com.

This unprecedented opportunity for aspiring filmmakers around the world is part

of the latest installment of the Doritos Crash the Super Bowl contest, which

has been held for the past seven years in the U.S. Since it began in 2007, the

annual contest has invited U.S. consumers to create and submit 30-second

homemade ads celebrating their love of Doritos tortilla chips. For this year's

contest, adults from anywhere in the world where Doritos tortilla chips are

sold can compete to see their ad air during Super Bowl XLVIII ― the annual

championship game of the National Football League which regularly draws more

than 100 million viewers in the U.S. and is anticipated to be one of the

most-watched broadcasts in the world.

A qualified panel of judges, including executives from the Doritos brand,

advertising professionals and the legendary Stan Lee of Pow! Entertainment ―

chairman emeritus of Marvel Studios and creator of such Super Heroes as Iron

Man(TM), Spider-Man(TM) and others ― will select five finalist ads. Ultimately,

two finalist ads will air during the Super Bowl broadcast ― one will be

selected by worldwide consumer votes on www.doritos.com and the other by the

Doritos brand. The creators of both winning ads will receive the opportunity to

work on the set of "Marvel's The Avengers: Age of Ultron" and the ad with the

highest total number of votes will win its creator the $1 million grand prize.

The runner-up will receive $50,000 (U.S.).

"Incredible content has no geographical boundaries," said Ann Mukherjee, senior

vice president and chief marketing officer, PepsiCo's Frito-Lay division. "As a

brand that spans 46 countries on six continents, we know firsthand that

regardless of where our fans are located, they are all about seizing the moment

and making an impact in the boldest way possible. With Crash the Super Bowl,

we're now delivering an unprecedented opportunity for fans around the globe to

share their talent and creativity on one of the world's largest advertising

stages."

Since Crash the Super Bowl was first introduced, the Doritos brand has seen

consumers create more than 20,000 ad submissions with the winning spots

consistently ranking among the most memorable and buzzed-about Super Bowl

commercials. As a result, the creators of these top-ranked winning ads have

been awarded millions of dollars in grand prize money and have gone on to

receive commercial work, Hollywood representation and other life-changing

experiences.

This year's winners will have the career-altering opportunity to work with

Marvel Studios on the set of "Marvel's The Avengers: Age of Ultron." Marvel

Studios, a division of Marvel Entertainment, produces movies based on the

world's most prominent and iconic comic books. With a library of more than

8,000 characters, Marvel Studios has created such blockbuster film franchises

as Marvel's "Iron Man," "The Incredible Hulk," "Thor," "Captain America," and

"Marvel's The Avengers." Marvel Entertainment is a wholly owned subsidiary of

The Walt Disney Company.

"Marvel's core talent is to create unique characters, tell intriguing stories

and engage audiences in the boldest ways possible, which is what the Crash the

Super Bowl contest does for Doritos fans and makes this collaboration so

powerful," said Stan Lee. "The winners of this contest will have the incredible

opportunity to not only see their work broadcast to millions on the Super Bowl,

but also become a part of the Marvel family and work with some of the most

dynamic talents in the entertainment industry today."

The worldwide expansion of the Crash the Super Bowl contest comes as the

filmmaking community continues to build its global footprint, with aspiring

directors and artists around the world seeking opportunities to break into the

entertainment business and make their mark. In the last decade alone, total box

office spending has risen by one-third in North America while more than

doubling in other parts of the world[1]. And with top-ranked film schools

located in cities, such as Beijing, Sydney, Munich and Prague, an abundance of

cinematic talent is coming from every corner of the globe.

Each of the five Crash the Super Bowl finalists will win an invitation to

Rutherford, N.J., to attend Super Bowl XLVIII and watch the game from a private

luxury suite, where they will tune in to learn which finalist spots will air

for the world's attention. The three finalists whose commercials don't air

during the broadcast will each win $25,000 (U.S.). The Super Bowl XLVIII

broadcast is set for Sunday, Feb. 2, 2014, on FOX.

As one of the leading snack brands in the world, Doritos has a presence in 46

countries and six continents. With flavors ranging from Nacho Cheese and Cool

Ranch to Sweet Chili Pepper and Tangy Cheese, the worldwide Doritos portfolio

currently offers more than 70 unique varieties.  

PepsiCo's relationship with the NFL is among the company's longest-running and

most-successful sports sponsorships. PepsiCo will leverage its relationship

with the NFL to connect with consumers throughout the season with activations

spanning many of the company's largest food and beverage brands, including

Pepsi, Tostitos, Quaker, Doritos and Gatorade.

About Marvel Entertainment

Marvel Entertainment, LLC, a wholly-owned subsidiary of The Walt Disney

Company, is one of the world's most prominent character-based entertainment

companies, built on a proven library of over 8,000 characters featured in a

variety of media over seventy years. Marvel utilizes its character franchises

in entertainment, licensing and publishing. For more information visit

www.marvel.com.  

About Doritos

Doritos is one of the leading brands from PepsiCo's (NYSE: PEP) global snack

portfolio. To learn more about the Doritos brand, visit its website at

www.doritos.com.

About PepsiCo

PepsiCo is a global food and beverage leader with net revenues of more than $65

billion and a product portfolio that includes 22 brands that generate more than

$1 billion each in annual retail sales.  Our main businesses - Quaker,

Tropicana, Gatorade, Frito-Lay and Pepsi-Cola - make hundreds of enjoyable

foods and beverages that are loved throughout the world.  PepsiCo's people are

united by our unique commitment to sustainable growth by investing in a

healthier future for people and our planet, which we believe also means a more

successful future for PepsiCo.  We call this commitment Performance with

Purpose: PepsiCo's promise to provide a wide range of foods and beverages from

treats to healthy eats; to find innovative ways to minimize our impact on the

environment by conserving energy and water and reducing packaging volume; to

provide a great workplace for our associates; and to respect, support and

invest in the local communities where we operate.  For more information, please

visit www.pepsico.com.

Follow PepsiCo:

-- Twitter (http://twitter.com/pepsico) (@PepsiCo)

-- Facebook (http://www.facebook.com/pepsico)

-- PepsiCo Blogs (http://pepsicoblogs.com/)

-- PepsiCo Press Releases (http://www.pepsico.com/Media)

-- PepsiCo Multimedia (http://multimedia.pepsico.com/)

-- PepsiCo Videos (http://www.youtube.com/user/PepsiCoVideo)

BROADCAST / PRINT / TV MEDIA: Broadcast quality video, photo stills and press

information is available to preview, download and share at

www.magicbulletmedia.com/MNR/crashthesuperbowl

(C) 2013 NFL Properties LLC. All NFL-related trademarks are trademarks of the

National Football League.

[1] IHS Screen Digest, 2011

CONTACT: Chris Kuechenmeister, Frito-Lay, +1-972-334-2044 office,

Chris.Kuechenmeister@pepsico.com

SOURCE:  PepsiCo  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中