◎FPCが2013年の改訂ガイダンスと2014年の当初ガイダンスを提出

Fingerprint Cards AB

2013/9/24 12:25

◎FPCが2013年の改訂ガイダンスと2014年の当初ガイダンスを提出

AsiaNet 54358

共同JBN 1094 (2013.9.24)

【イエーテボリ(スウェーデン)、ニューヨーク2013年9月23日PRN=共同JBN】Fingerprint Cards(FPC)は23日、2013年の改訂ガイダンス、2014年の当初予測、2014、2015両年の最新市場見通しを提出した。

Appleが先週発売したTouch IDを受けて同社への現在の利害関係という要因を背景にし、さらに間近に迫った投資家、アナリストとの会合を前にして、FPC取締役会は改訂ガイダンスを提出することを決定した。

 *FPCは、2013年第3四半期の売上高が2700-3300万スウェーデンクローネの範囲内になると予測する。FPCはこれまで2000-3000万スウェーデンクローネの範囲内の売上高ガイダンスを提出していた。

 *FPCは2013年第4四半期の売上高が3000-5000万スウェーデンクローネの範囲内になると予測する。

 *現在の市場状況に基づき、FPCは現在、2014年の売上高が同年前期に比べ同年後期は大幅に成長すると見込むことによって、5億スウェーデンクローネを上回ると予測する。

 *FPCは、四半期ごとに増えるEBITDAマージンの収益性を2014年第3四半期時点で達成することが可能であり、2014通年で20%を超え同年第4四半期には30%に近づくと予測する。

 *FPCはすべてのティア1スマートフォンOEMが2014年末までに指紋の容量センサーを主力モデルに搭載すると予測する。

 *FPCは家電の集積センサー市場が2014年には5億ユニットを超えると予測する。

 *FPCは2014-15年にスマートフォン搭載のタッチセンサー市場のシェア60%を獲得することを目標とする(Appleを除く)。

 *スマートフォン、タブレットに最適化されたFPCの最新タッチセンサーであるFPC 1020は2014年第1四半期に発売を予定している。

 *上記の予測は業界の急速な発展によるもので、かなりの不確定性を前提としている。

▽Fingerprint Cards ABについて

Fingerprint Cards AB(FPC)は、個人固有の指紋を分析、照合することによって個人の身元を認証する生体認証コンポーネントおよび技術を販売、開発、製造する。この技術は、生体認証センサー、プロセッサー、アルゴリズム、モジュールで構成され、それぞれが個別ないしは組み合わせによって使用できる。FPCの技術は、独自の画像品質、超堅ろう性、低消費電力、一体となった生体認証システムなどによって競争的優位性を提供する。同技術はこれらの優位性に加え、極めて安価な製造コストを実現できることによって、その特質が強く求められるスマートカード、携帯電話などの量産製品に実装することができる。同社の技術はIT、インターネット・セキュリティー、アクセス・コントロールなどにも利用できる。

Fingerprint Cards AB はこの情報をSwedish Securities Market Act (2007:528)とSwedish Financial Instruments Trading Act (1991:980)に基づいて公表した。この情報は、中央欧州標準時9月23日午前8時に公表された。

重要情報:

このプレスリリースの発行、出版、配布は一定の法管轄区域では制限の対象になるかもしれない。このプレスリリースの受領者は、その特定の法管轄区域における規定に従ってリリースとリリース内容を使用する責任がある。このプレスリリースは、いかなる法管轄区域においても同社証券類の取得、予約を勧奨するものではない。

▽問い合わせ先

Johan Carlstrom,

CEO Fingerprint Cards AB (publ),

+46(0)31-60-78-20,

investrel@fingerprints.com

ソース:Fingerprint Cards AB

FPC Submits Updated Guidance for 2013 and Preliminary Guidance for 2014

PR54358

GOTHENBURG, Sweden and NEW YORK, September 23 / PRN=KYODO JBN / --

     Fingerprint Cards (FPC) today presents updated guidance for 2013, a

preliminary forecast for 2014 and an updated market outlook for 2014 and 2015.

    Due to the ongoing interest in the company following Apple's launch of

Touch ID last week and ahead of imminent meetings with investors and analysts,

the Board of Directors of FPC has decided to provide new and updated guidance.

    - FPC expects that sales in the third quarter of 2013 will be in the range

      of SEK 27-33 M. FPC had previously provided guidance for sales in the

range of SEK 20-30 M.

    - FPC continues to expect that sales in the fourth quarter of 2013 should

be in the range of SEK 30-50 M.

    - Based on current market conditions, FPC currently anticipates that sales

for 2014 will exceed SEK 500 M, assuming significant growth in the second half

of 2014 relative to the first half of the year.

    - FPC estimates that the company will be able to report profitability as of

the third quarter of 2014 with EBITDA margins rising quarter by quarter,

exceeding 20% for the full year and approaching 30% for the fourth quarter of

2014.

    - FPC expects that all Tier 1 smartphone OEMs will have a capacitive

fingerprint sensor in their flagship models by the end of 2014.

    - FPC estimates that the market for integrated sensors in consumer

electronics will be in excess of 500 million units in 2014.

    - FPC estimates that the market for integrated sensors in consumer

electronics will be in excess of 3 billion units in 2015.

    - FPC targets a 60% market share for touch sensors in smartphones in

2014-15 (excluding Apple)

    - The FPC 1020, FPC's new touch sensor which is optimized for smartphones

and tablets, is scheduled for launch during the first quarter of 2014.

    - The above assessments are due to the industry's rapid advances and are

subject to considerable uncertainty.

     About Fingerprint Cards AB (publ)

    Fingerprint Cards AB (FPC) markets, develops and produces biometric

components and technologies that through the analysis and matching of an

individual's unique fingerprint verify the person's identity. The technology

consists of biometric sensors, processors, algorithms and modules that can be

used separately or in combination with each other. The competitive advantages

offered by the FPC's technology include unique image quality, extreme

robustness, low power consumption and complete biometric systems. With these

advantages and the ability to achieve extremely low manufacturing costs, the

technology can be implemented in volume products such as smart cards and mobile

phones, where extremely rigorous demands are placed on such characteristics.

The company's technology can also be used in IT and Internet security, access

control, etc.

    Fingerprint Cards AB (publ) discloses this information pursuant to the

Swedish Securities Market Act (2007:528) and the Swedish Financial Instruments

Trading Act (1991:980). The information was issued for publication on September

23, 2013 at 8:00 a.m. CET.

    Important information

    Issuance, publication or distribution of this press release in certain

jurisdictions could be subject to restrictions. The recipient of this press

release is responsible for using this press release and the constituent

information in accordance with the rules and regulations prevailing in the

particular jurisdiction. This press release does not constitute an offer or an

offering to acquire or subscribe for any of the company's securities in any

jurisdiction.

    For further information, contact: Johan Carlstrom, CEO Fingerprint Cards AB

(publ), +46(0)31-60-78-20, investrel@fingerprints.com

    Source: Fingerprint Cards AB

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中