◎ペイドサーチがオーガニックサーチを上回る収益をHPにもたらす

Resolution Media

2013/9/27 16:42

◎ペイドサーチがオーガニックサーチを上回る収益をHPにもたらす

AsiaNet 54420

共同JBN 1123 (2013.9.27)

【シカゴ、サンフランシスコ2013年9月27日PRN=共同JBN】

*Resolution Media とKenshooの新たな調査はペイドサーチとオーガニックサーチ・マーケティングの複雑な関係を分析し、サーチエンジンの検索結果ページの最適なバランスを突き止めた。

世界的なデジタルマーケティングのリーダーであるResolution Media(www.resolutionmedia.com)とKenshoo(www.Kenshoo.com)は27日、「The Search Sandbox 」

http://www.resolutionmedia.com/us/white-papers/SearchSandbox)を発表、この中で米国におけるヒューレット・パッカード(HP)(www.hp.com)の主要な小売り部門のペイドサーチとオーガニックサーチ・マーケティングの関係を分析した。データセットはペイドサーチとオーガニックサーチの各チャンネルへの数百万におよぶ閲覧をカバーし、各チャンネルのダイレクトオンラインセール・コンバージョン収益で1000万ドル以上を対象としている。

ヒューレット・パッカードのWorld Wide Search Advertising Managerであるマーク・グロート氏は「サーチはマーケティングミクスで基礎となるチャンネルであり、われわれはそのパフォーマンスを最大に引き出す新たな方法を見つけるために常に奮闘している。Resolution MediaはKenshooと協力して、ペイドサーチとオーガニックサーチが最善のバランスを保つ方法について新しいパースペクティブを提供してくれる。多数のマーケッターは、われわれが今回発見した知見によって恩恵をこうむることができる」と語った。

リポートの主要な所見は以下の通り。

*ペイドサーチは、オーガニックサーチよりも大きな訪問あたりの純益(ペイドサーチ収益からこれらのクリックのダイレクト・メディアコストをマイナスしたもの)をもたらす。

*最初にオーガニックサーチの結果が出ても、消費者は依然としてその滞在時間の39.6%で、ペイドリストをクリックしてコンバートする。

*ペイドサーチは、オーガニックサーチの結果が最初のページで失敗した際には唯一の有効なオプションであり、93.1%(ペイドサーチとオーガニックサーチのリストが一緒に出現した際に実行された総クリックに対する比率)のキーワード・クリックシェアを占める。

*オーガニックサーチは、ブランド・キーワード対ペイドサーチでは、クリックシェア(52.4%対47.6%)と純益率(53.5%対46.5%)をいくぶん上回る。

*ブランド名を含まないキーワードに対するペイドサーチのパフォーマンスは、オーガニックサーチのそれを上回り、77.2%のクリックシェアと70.3%の純益率を達成する。

Resolution Mediaのグローバル社長であるアラン・オセテク氏は「キャンペーンをオートパイロットまかせにすることは選択肢ではない。なぜならペイドサーチおよびオーガニックサーチの市場は常に流動的であるからだ。ランキングファクターは変動し、競争相手は市場に出たり入ったりし、消費者行動は常に進化を続けている。Resolutionは、HPのようなブランドがオーガニックサーチとペイドサーチ、デジタル内でのサーチ、ディスカバリーマーケティングの不可欠要素としてのデジタルの役割のバランスをとることを全力で支援する」と語った。

Kenshooのアーロン・ゴールドマン最高マーケティング責任者(CMO)は「今回の調査は、強力なオーガニック・カバレッジがあるブランドに対する現行のペイドサーチをめぐる論争に焦点を合わせている。われわれの調査は、ペイドサーチによって到達した訪問者がトラフィック・アクイジション・コスト(TAC)を考慮しても、オーガニックサーチで到達した訪問者よりも収益をもたらすことを示している。ResolutionやHPのような賢明なマーケッターは、サーチエンジン・マーケティングに対して全体的なアプローチを用いて投資を最大限に生かしている」と語った。

ResolutionとKenshooは今回の研究のために、ヒューレット・パッカード(HP)Imaging and Printing Group(IPG)の 1年間(2012年2月28日から2013年3月1日まで)にわたる米国でのキャンペーン・パフォーマンス結果を分析した。データセットはクリックと訪問だけに限定され、ペイドサーチ・リスティングと(少なくとも1回の)オーガニックサーチ・リスティングの両方が同じキーワードでトリガーされた場合だけのインスタンスを含んでいる。

このリポート「The Search Sandbox: Paid plays well with Organic」の全部は以下からダウンロードできる。

www.ResolutionMedia.com/us/white-papers/SearchSandbox

www.Kenshoo.com/SearchSandbox

▽HPについて

HPは個人、企業、政府、社会に有意義な影響をもたらす技術の新しい可能性を生み出す。印刷、個人向けのシステム、ソフトウエア、サービス、ITインフラストラクチャーにまたがる幅広い技術ポートフォリオによって、HPは世界中のあらゆる地域で顧客の最も複雑な課題を解消するソリューションを提供する。HP(NYSE: HPQ)に関する詳細はウェブサイトhttp://www.hp.comを参照。

▽Resolution Mediaについて

Omnicom Media Group傘下のResolution Mediaは、世界で最大のサーチエンジン・エージェンシーである。同社はメディア投資で12億ドル以上を管理し、世界中に500人以上のスペシャリストと60以上のオフィスを擁している。Resolutionの国際ネットワークは、サーチ、ソーシャル、ローカル、モバイル、行動、コンテンツマーケティングの分野においてデジタル統合されたフルサービスのソリューションを提供する。

詳細はウェブサイトwww.ResolutionMedia.comを参照。

▽Kenshooについて

Kenshooは、サーチマーケティング、ソーシャルメディア、オンライン広告の優れたソリューションを構築するデジタルマーケティング・テクノロジー(http://www.kenshoo.com/)企業である。ブランド、エージェンシー、デベロッパーはKenshoo Search、Kenshoo Social、Kenshoo Local、Kenshoo SmartPathを使って、年間250億ドル以上の顧客販売売り上げを生み出している。Kenshooプラットフォームは、クローズドループ・ターゲティング、ユニバーサルインテグレーション、ダイナミックアトリビューションを通じてInfinite Optimization(商標)を提供するKenshooのアダプティブテクノロジー、実証済みのアルゴリズム、そして比類のないスケールパワーは190カ国以上でフォーチュン50のほぼ半数の企業とグローバル広告代理店ネットワークのトップ10社すべてを対象にキャンペーンを強化している。Kenshooの顧客にはCareerBuilder、エクスペディア(Expedia)、Facebook、KAYAK、Havas Media、Hitwise、iREP、John Lewis、Resolution Media、シアーズ(Sears)、Starcom MediaVest Group、Tesco、Travelocity、Walgreens、ザッポス(Zappos)がある。Kenshooは世界18カ所で事業を展開し、Sequoia Capital、Arts Alliance、Tenaya Capitalから支援を受けている。詳細はウェブサイトwww.Kenshoo.comを参照。

Resolution MediaとKenshooのブランド、製品の名称はResolution Media, Inc.とKenshoo Ltd.のトレードマークである。その他の企業、ブランド名はそれぞれの所有者のトレードマークである。

▽問い合わせ先

Isabelle Gauvry

+1-917-435-6457

Isabelle.gauvry@omnicommediagroup.com

ソース:Resolution Media

Paid Search Drives Higher Revenue per Visit than Organic Listings for Hewlett-Packard

PR54420

CHICAGO and SAN FRANCISCO, Sept. 27, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

-- New study from Resolution Media and Kenshoo analyzes complex relationship

   between Paid and Organic Search Marketing, to discover the optimal balance

                   on a search engine results page

   Global digital marketing leaders Resolution Media (www.resolutionmedia.com)

and Kenshoo (www.Kenshoo.com) published The Search Sandbox

(http://www.resolutionmedia.com/us/white-papers/SearchSandbox) today that

analyzes the relationship between Paid and Organic Search Marketing for a major

retail division of Hewlett Packard (HP) (www.hp.com) in the United States. The

dataset covers millions of visits for each of the Paid and Organic Search

channels and addresses more than $10 million in direct online sales conversion

revenue for each channel.

   "Search is a foundational channel within the marketing mix, and we're

constantly striving for new ways to maximize its performance," said Mark Grote,

World Wide Search Advertising Manager of Hewlett-Packard. "Working with

Kenshoo, Resolution continues to provide new perspectives on how to best

balance paid and organic search. A lot of marketers can benefit from the

insights we've uncovered here."

   Key findings from the report include:

   -- Paid Search drives higher Net Revenue per Visit (Paid Search revenue  

      minus the direct media costs from those clicks) than Organic Search

   -- Even with the Organic result at first position, consumers still click and

      convert on Paid listings 39.6% of the time

   -- Paid Search is the only viable option when Organic results fall off the

      first page, garnering 93.1% of a keyword's Click Share (percentage of  

      total clicks achieved when both a Paid Search and Organic listing appear

      together)

   -- Organic Search drives a slightly higher Click Share (52.4% vs. 47.6%) and

      Net Revenue Share (53.5% vs. 46.5%) on brand keywords versus Paid Search

   -- Paid Search performance outpaces that of Organic Search for non-brand

      keywords with a 77.2% Click Share and a 70.3% Net Revenue Share

   "Putting campaigns on auto-pilot is not an option, since the paid and

organic search marketplaces are in constant motion. Ranking factors fluctuate,

competitors enter and leave the market, and consumer behaviors continuously

evolve," says Alan Osetek, Global President of Resolution Media. "Resolution

strives to help brands like HP balance the roles of organic and paid search,

search within digital, and digital as a critical part of discovery marketing."

   Aaron Goldman, chief marketing officer at Kenshoo adds, "This research puts

to rest the controversy over running paid search advertising for brands that

have strong organic coverage. Our study shows that visitors arriving from paid

search are more profitable than those arriving from organic search, even when

you take into account traffic acquisition costs. Smart marketers, like those at

Resolution and HP are embracing a holistic approach to search engine marketing

to get the most out of their investment."

   For the purposes of this study, Resolution Media and Kenshoo analyzed a full

year (Feb. 28, 2012 - March 1, 2013) of U.S. campaign performance results from

the Imaging and Printing Group (IPG) of Hewlett Packard (HP). The data set

focuses solely on clicks and visits and includes only instances where both a

Paid Search listing and (at least one) Organic Search listing were triggered by

the same keyword.

   The complete report, entitled The Search Sandbox: Paid plays well with

Organic, can be downloaded at:

www.ResolutionMedia.com/us/white-papers/SearchSandbox or

www.Kenshoo.com/SearchSandbox.

   About HP

   HP creates new possibilities for technology to have a meaningful impact on

people, businesses, governments and society. With the broadest technology

portfolio spanning printing, personal systems, software, services and IT

infrastructure, HP delivers solutions for customers' most complex challenges in

every region of the world. More information about HP (NYSE: HPQ) is available

at: http://www.hp.com.

   About Resolution Media

   Resolution Media, an Omnicom Media Group company, is one of the largest

search agencies in the world. The company manages more than $1.2B in media

investments, with more than 500 specialists in 60+ offices worldwide.

Resolution's international network delivers digitally-integrated, full-service

solutions in the areas of search, social, local, mobile, behavioral and content

marketing.

   For more information, please visit: www.ResolutionMedia.com.

   About Kenshoo

   Kenshoo is a digital marketing technology (http://www.kenshoo.com/) company

that engineers premium solutions for search marketing, social media and online

advertising. Brands, agencies and developers use Kenshoo Search, Kenshoo

Social, Kenshoo Local and Kenshoo SmartPath to direct more than $25 billion in

annual client sales revenue. The Kenshoo platform delivers Infinite

Optimization(TM) through closed-loop targeting, universal integration, and

dynamic attribution. Kenshoo's adaptive technology, proven algorithms, and

unmatched scale power campaigns in more than 190 countries for nearly half of

the Fortune 50 and all 10 top global ad agency networks. Kenshoo clients

include CareerBuilder, Expedia, Facebook, KAYAK, Havas Media, Hitwise, iREP,

John Lewis, Resolution Media, Sears, Starcom MediaVest Group, Tesco,

Travelocity, Walgreens, and Zappos. Kenshoo has 18 international locations and

is backed by Sequoia Capital, Arts Alliance and Tenaya Capital. Please visit:

www.Kenshoo.com for more information.

   Resolution Media and Kenshoo brand and product names are trademarks of

Resolution Media, Inc. and Kenshoo Ltd. Other company and brand names may be

trademarks of their respective owners.

   CONTACT: Isabelle Gauvry

            +1-917-435-6457

            Isabelle.gauvry@omnicommediagroup.com

    SOURCE: Resolution Media

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中