◎東電が無線SUN向けのWi-SUN Alliance規格を採用

Wi-SUN Alliance

2013/10/3 11:10

◎東電が無線SUN向けのWi-SUN Alliance規格を採用

AsiaNet 54493

共同JBN 1145 (2013.10.3)

【東京2013年10月3日PRN=共同JBN】エネルギー管理、スマートユーティリティー・ネットワーク・アプリケーションを使用するための相互運用可能な無線ソリューションの開発組織から成る世界規模のエコシステムWi-SUN(登録商標)Allianceは3日、スマートメーターと宅内エネルギー管理システム(HEMS)間の無線プロトコルのためのWi-SUN Alliance標準規格が東京電力(TEPCO)の通信Bルートに採用されたと発表した。東京電力は今後10年間かけて2700万のスマートメーターを設置する。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO

Wi-SUN ECHONET-Lite規格バージョンは今年8月に公表済みである。この規格は完全に相互運用可能な、マルチプルベンダーによる実装を提供し、顧客およびカスタムインストローラーの技術選択、インストレーション、メンテナンスを容易にすることを支援する。規格は、スマートメーターと宅内エネルギー管理システム間(HEMS)間およびHEMSと家電製品間の確認、暗号化プロセスも含んでいる。

Wi-SUN Allianceボード共同議長、ECHONET WGチェアを務める情報通信研究機構(NICT)の原田博司氏は「Wi-SUNの規格は宅内エネルギー管理システムにとって、最も堅ろうで信頼性があり、かつスケーラブルな省電力消費の無線規格であり、世界の有力サービスプロバイダー、インストローラー、リテーラーが選択する技術である」と語った。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「今回採用されたことはWi-SUN Allianceにとって大きな成功である。われわれのメンバーは、堅ろう性、オープン、テスト、認証のプロセスによってサポートされた幅広いグローバルな規格を作成した。われわれはその他の利害関係者と幅広く協力し、これらの規格を地域の必要性に沿ったものに仕上げた。世界最大の電力会社の1つである東京電力が、われわれの協調的で、グローバルなプロセスの価値を認めてくれたことを誇りに思う」と語った。

▽Wi-SUN:シームレスな接続の推進

Wi-SUN Allianceはオープンで世界的な規格であるIEEE 802.15.4gに基づき、信頼でき費用対効果のある低電力消費の無線ユーティリティー製品を実現するため協力する企業団体である。Wi-SUN Allianceは、世界の相手先商標製品メーカー(OEM)のソリューションで構成されている。あらゆる企業が会員になることができる。詳細な情報はhttp://www.wi-sun.orgを参照。

▽問い合わせ先

Bhupender Virk,

MWG Chair:

+81-80-1137-5574,

bvirk@wi-sun.org

ソース:Wi-SUN Alliance

TEPCO adopts Wi-SUN specification for Wireless Smart Utility Network

PR54493

TOKYO, Oct. 3, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

The Wi-SUN(R) Alliance, a global ecosystem of organizations creating

interoperable wireless solutions for use in energy management, smart-utility

network applications, today announced that the Wi-SUN Alliance specification

for the Wireless protocol between Smart Meter and Home Energy Management

Systems has been selected by TEPCO for its Wireless B route. TEPCO will deploy

27 million smart meters over the next 10 years.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO)

The Wi-SUN ECHONET-Lite specification version 2 was made available for product

development in August 2013. The specification provides for fully interoperable,

multiple vendor implementations helping to simplify technology selection,

installation and maintenance for consumers and custom installers alike. It

includes an authentication and encryption process between smart meter and home

energy management system (HEMS), and between HEMS and home electrical

appliances.

"The Wi-SUN Specification is the most robust, reliable and scalable low power

wireless standard for Home Energy Management Systems, and the technology of

choice for world-leading service providers, installers and retailers," said

Hiroshi Harada, NICT, Wi-SUN Alliance board co-chair and chair of the ECHONET

WG.

"This marks a major success for Wi-SUN Alliance," said Phil Beecher, Chairman,

"Our members have developed broad global specifications supported by a robust,

open, testing and certification process. We have also worked extensively with

other stakeholders to map these specifications to regional needs.  We are

honored that TEPCO, one of the world's largest utilities, has provided this

validation of the value of our collaborative, global, process."

About the Wi-SUN Alliance:  Wi-SUN: Seamless Connectivity

The Wi-SUN Alliance is an association of companies working together to enable

reliable, cost-effective, low-power, wireless Utility products based on open

global standard IEEE 802.15.4g. The Wi-SUN Alliance comprises solutions from

original equipment manufacturers worldwide.  Membership is open to all

corporations.  Additional information may be found on http://www.wi-sun.org

Contact Bhupender Virk, MWG Chair: +81-80-1137-5574, bvirk@wi-sun.org

SOURCE Wi-SUN Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中