『あったまルームシューズ』10月18日新発売

アキレス

2013/10/11 14:00

2013年10月11日

アキレス株式会社

冬の節電に最適!アキレスウェブショップ限定商品

女性ならではの目線で開発したおしゃれであったかいルームシューズ

『あったまルームシューズ』

10月18日新発売

節電に配慮し、足を冬の底冷えから守る!

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤守)は、アキレスウェブショップ限定の新製品として『あったまルームシューズ』を10月18日から発売いたします。

 ルームシューズ市場では、これまで低価格帯のスリッパタイプやショートタイプが主流でしたが、昨今では、保温性、デザイン性、履きやすさに優れた付加価値の高い商品へのニーズが数多く寄せられております。

 さらに、冬の節電意識が高まっている半面、近年、冷え性に悩まされている女性は増えてきており、こうした流れの中でおしゃれで保温機能の高いルームシューズへのニーズは高いと考えられます。

 そこで、アキレスは、電力を使わずに、足を底冷えから守ることができるルームシューズを開発いたしました。

 この商品は、異なる2種類の保温素材を組み合わせることで、足を底冷えから守り、足首まで暖まる構造を採用しています。色目やデザインにも工夫をこらして、おしゃれに履くことができるルームシューズです。

 アキレスでは、2010年から当社商品のネット通販ビジネスの事業拡大に向けて、通販プロジェクトを立ち上げています。このプロジェクトのメンバーは全員が女性で構成されており、消費者目線、女性目線からの商品開発及びウェブショップの運営・改善を心がけています。

 今回の商品も、暖かさ・使いやすさ・デザインなど細部までとことんこだわり、メンバー全員が納得するまで何度も仕様変更をして作り上げました。

 ソールは、空気をたっぷり含み床面からの冷気を遮断する「ウレタンフォーム」と、自分の体温を反射させて体を暖める機能を持つ「アルミ蒸着発泡ポリエチレンシート」を組み合わせ、足を冬の底冷えから守ります。さらにソール底面には「PUコーティング」を施してすべりにくくしました。

 ファスナー付きなので脱ぎ履きしやすく、お部屋の温度や気分にあわせて、伸ばしてハイカットタイプ、折り返してショートタイプと2WAYで使えるデザインです。色目はブラウンとオレンジの2色を用意、多様なニーズに合わせてお使いいただけるルームシューズです。

 アキレスでは、今後、プロジェクトメンバーの女性目線での商品開発を進め、アキレスウェブショップサイトを通じて一般消費者への直販ルートを強化していく方針です。

「あったまルームシューズ」の製品概要は以下の通りです。

●製品名:あったまルームシューズ

●発売日:平成25年10月18日

●サイズ:フリーサイズ(約22cm~26cm)

●カラー:2色(ブラウン、オレンジ)

●材質:

【表生地】ポリエステル 100%

【中生地】ポリエステル 100% 

【中  材】ポリプロピレン、アルミ蒸着発泡ポリエチレン、ウレタンフォーム、EVA

【ソール底面】ポリエステル 100%(PUコーティング)

●製品特長:

■異なる2種類の保温素材

自分の体温を反射させて体を暖める機能を持つ「アルミ蒸着発泡ポリエチレン」と、空気をたっぷり含み床面からの冷気を遮断する「ウレタンフォーム」の異なる2種類の保温素材を組み合わせ、足を底冷えから守り、足元を暖める。

■2WAYで楽しめ、多様なニーズに合わせてお使いいただけるデザイン

お部屋の温度や気分に合わせ、伸ばしてハイカットタイプ、折り返してショートタイプとして使用可能。ブラウンとオレンジの2色展開。

■すべりにくく、履きやすい

ソール底面は「PUコーティング」を施したすべりにくい素材を採用。ファスナー付きのため、脱ぎ履きも簡単。

●希望小売価格:2,680円(税込)

●販売:アキレスウェブショップ  http://achilles-webshop.com/

「アキレスウェブショップ」で検索。

※HP更新は10月18日の予定です。

アキレス株式会社HP  http://www.achilles.jp

【この件に関するお問い合わせ先】

アキレス株式会社

お客様相談室

TEL 03‐3225-2141

〒160‐8885 東京都新宿区大京町22-5

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

あったまルームシューズ

あったまルームシューズ(ショートタイプとしての使用例)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中