「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング発表 1位はGoogle

GPTW ジャパン

2013/10/23 09:00

2013年10月23日

Great Place to Work (R) Institute Japan

「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング発表 1位はGoogle

Great Place to Work(R) Institute(本部サンフランシスコ)は、去る10月22日(アメリカ時間。日本時間10月23日)、第3回「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング(World’s Best Multinational Workplaces List)を発表いたしました。

Great Place to Work(R) Institute は、世界45カ国以上において、世界共通基準で調査分析を行い、一定基準に達した会社を「働きがいのある会社(Great Place to Work(R) 」に選定し、各国ごとの有力経済誌にてベストカンパニーとして発表しております。

本ランキングは、この各国での調査結果を元に、グローバルで展開している多国籍企業の中で「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキングベスト25社を選出いたしました。

今回、「働きがいのあるグローバル企業」の順位は以下のとおりです。

1   Google (情報技術 インターネットサービスプロバイダー)

2   SAS Institute  (情報技術 ソフトウェア)

3   Netapp  (情報技術 ストレージ データ管理)

4   Microsoft (情報技術 ソフトウェア)

5   W. L. Gore & Associates  (製造業 化学)

6   Kimberly Clark (製造業 家庭用消費財)

7   Marriott  (ホスピタリティ ホテル/リゾート)

8   Diageo  (製造・生産 食料品、飲料)

9   National Instruments  (製造・生産 エレクトロニクス)

10 Cisco (情報技術)

11 Autodesk  (情報技術 ソフトウェア)

12 Monsanto  (バイオ&医薬/ /バイオテクノロジー)

13 BBVA (金融サービス・保険 銀行 クレジット・サービス)

14 American Express (金融サービス・保険 銀行 クレジット・サービス)

15 Hilti (小売 // 専門)

16 Telefonica (電気通信)

17 Accor (ホスピタリティ ホテル/リゾート)

18 Quintiles  (ヘルスケア サービス)

19 SC Johnson (製造業 家庭用消費財)

20 Fedex Corporation (運輸  荷物、貨物輸送)

21 Atento (プロフェッショナルサービス コールセンター受託)

22 Mars (製造・生産 食料品)

23 McDonald's (ホスピタリティ  外食)

24 The Coca - Cola Company (製造・生産  食品・飲料)

25 Novartis (バイオテクノロジー・医薬品)

※カッコ内は産業業種(GPTWカテゴリ)

発表と合わせてサンフランシスコにて発表イベントが開催さました。

■「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング2013について

こちらは以下の条件を満たした企業より選ばれています。

・各国の2012-2013実施調査において、5カ国以上でベストカンパニーに選定されていること

・従業員数が全世界で5,000名以上であること

・自国(本社の所在国)以外で従業員が40%以上働いていること

○当機関について

Great Place to Work(R) Institute は、世界45カ国以上で、世界共通の基準で、「働きがいのある会社(Great Place to Work(R) 」を調査分析し、各国の有力メディアで「働きがいのある会社のランキング」として発表しています。

アメリカでは、この「働きがいのある会社」リストに名を連ねることが、「一流企業の証」と受け止められています。アメリカにおける2014年版「働きがいのある会社ランキング」は2014年1月頃に発表される予定です。

○日本における働きがいのある会社ランキング

日本では、Great Place to Work(R) Institute Japanが2007年から調査、発表を開始。

昨今では、調査分析、発表のみならず、「働きがい」向上の支援活動も行っております。

日本における2014年版「働きがいのある会社ランキング」は、「日経ビジネス」において2014年1月下旬ごろに発表される予定です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中