がん化学療法に伴う脱毛解決のための医療機器開発(頭皮冷却装置)が大阪トップランナー育成事業を認定

リーブ21

2013/10/22 19:00

株式会社毛髪クリニックリーブ21は、2013年10月18日に大阪市が中心となって成長産業分野の新たな製品・サービスの実現に向けてプロジェクトをサポートする「大阪トップランナー育成事業」において、『化学療法に伴う脱毛解決(予防軽減)のための医療機器(頭皮冷却装置)開発』が認定を受けました。

2013/10/22

株式会社 毛髪クリニック リーブ21

がん化学療法に伴う脱毛解決のための医療機器開発が大阪トップランナー育成事業を認定

 株式会社毛髪クリニックリーブ21(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は、2013年10月18日に、大阪市が中心となって成長産業分野の新たな製品・サービスの実現に向けてプロジェクトをサポートする「大阪トップランナー育成事業」において、『化学療法に伴う脱毛解決(予防軽減)のための医療機器(頭皮冷却装置)開発』が認定を受けました。

 『化学療法に伴う脱毛解決(予防軽減)のための医療機器(頭皮冷却装置)開発』は、抗がん剤投与時に頭皮を冷却することによって毛細血管を収縮させ、頭皮部への不必要な薬剤の循環を防ぐことで、がん化学療法に伴う脱毛を予防軽減する装置の開発をめざす取り組みです。抗がん剤による副作用としての脱毛は周知されており、海外では同様の機器がすでに製造・販売されていますが、欧米人の頭部形状に適合したものであるため、日本人の頭部形状に適合したシリコンキャップの製作や、軽量・小型で操作の容易な機器が求められています。今後の開発にあたって、アジア圏を中心とした海外展開を見据えた知的財産戦略の強化や医療機器の製造や認証、量産を見据えた体制も強化していく必要があり、成長企業創造コンソーシアム( (公財)大阪市都市型産業振興センター、営業創造(株) )※様の支援のもと、国際特許や医療機器開発のノウハウを持つ専門家からのアドバイスをいただくほか、国内外への販売戦略の策定などを進めていきます。

■化学療法に伴う脱毛解決(予防軽減)のための医療機器(頭皮冷却装置)開発について

抗がん剤投与時に頭皮を冷却することによって毛細血管を収縮させ、不必要な薬剤の循環を防ぐことで、がん化学療法に伴う脱毛を予防軽減する装置の開発をめざしています。がん治療における脱毛は、男性はもちろんのこと、女性においても根深い心の悩みとなり、外出時に帽子やウィッグが手放せない方が数多くいらっしゃいます。リーブ21は、本事業の開発をはじめ、薄毛に悩むすべての方の悩みを根本的に解消していく企業を目指します。

※成長産業分野における事業化プロジェクト支援事業(大阪トップランナー育成事業)は大阪市より委託を受け、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターと営業創造株式会社で構成する共同体「成長企業創造コンソーシアム」が実施しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社毛髪クリニックリーブ21
  • 所在地 大阪府
  • 業種 消費者向けサービス
  • URL http://www.reve21.co.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース