◎Wi-SUN Allianceが無線ECHONET Liteなどの相互運用性検証イベントを開催

Wi-SUN Alliance

2013/10/29 10:35

◎Wi-SUN Allianceが無線ECHONET Liteなどの相互運用性検証イベントを開催

AsiaNet 54785

共同JBN 1277 (2013.10.29)

【東京2013年10月28日PRN=共同JBN】

*製品・システムベンダー、IC、検証機器メーカーが第5回Wi-SUN相互運用性検証で協力。

Wi-SUN Allianceは28日、無線スマートユーティリティーネットワーク製品の検証および認定プログラムの重要なマイルストーンを達成したと発表した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO

横須賀の情報通信研究機構(NICT)の研究所で開催したアライアンスの第5回相互運用性検証のイベントに製品および検証機器ベンダー16社が参加し、ECHONET Lite向けのWi-SUN仕様と、Field Area Network(FAN)向けのWi-SUN仕様に関する適合性および相互運用性検証計画を実施した。ECHONET Lite向けのWi-SUN仕様は東京電力(TEPCO)の無線HEMSソリューションとして採用されている。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「今回の相互運用性検証のイベントは、Wi-SUNメンバー企業がWi-SUN ECHONET LiteとField Area Network仕様を実装していることを確認するためのフォーラムを提供する一連の検証イベントの1つである。われわれは、検証イベントへの参加企業数と、われわれが達成した進展に大変満足している」と語った。

検証・認定ワーキンググループのチェアを務めるNICTのチン・ショーン・サム氏は「今回のイベントで適合性および相互運用性の検証が成功したことによって、Wi-SUN AllianceはECHONET Lite向けの堅ろうな検証・認定プログラムを確実に提供できる道を歩んでいることが確認された」と語った。

▽Wi-SUN:シームレスな接続の推進

Wi-SUN Allianceはオープンで世界的な規格であるIEEE 802.15.4gに基づき、信頼でき費用対効果のある低電力消費の無線ユーティリティー製品を実現するため協力する企業団体である。Wi-SUN Allianceは、世界の相手先商標製品メーカー(OEM)のソリューションで構成されている。あらゆる企業が会員になることができる。詳細な情報はhttp://www.wi-sun.orgを参照。

▽ECHONETについて

ECHONET規格は世界的に適用される国際通信規格で、さまざまなメーカーによって製造された家庭用電化製品を接続する。ECHONET Lite規格は、日本の経済産業省(METI)が日本スマートハウス標準として承認した。

▽問い合わせ先

Bhupender Virk: +81-80-1137-5574, bvirk@wi-sun.org

ソース:Wi-SUN Alliance

Wi-SUN Alliance Holds Interoperability Event Focusing on Wireless ECHONET Lite and Smart Utility Network Products

PR54785

TOKYO, Oct. 28, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

          Product and System vendors, IC and Test Equipment manufacturers

                 collaborate in 5th Wi-SUN interoperability event.  

Today the Wi-SUN Alliance announced another major milestone in its Testing and

Certification Program for Wireless Smart Utility Networking Products.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO )

At the Alliance's fifth Interoperability Testing event, held at NICT labs in

Yokosuka, Japan, participants from 16 product and test equipment vendors

exercised Conformance and Interoperability test plans for the Wi-SUN

specification for ECHONET Lite and the Wi-SUN specification for Field Area

Networks.  The Wi-SUN specification for ECHONET Lite has been adopted by TEPCO

for its Wireless HEMS solution.

"This Interoperability Test event was one of a series of test events providing

a forum for Wi-SUN member companies to prove their implementations of the

Wi-SUN ECHONET Lite and Field Area Network specifications," said chair of the

Wi-SUN Alliance, Phil Beecher.  "We are very pleased with the level of

participation at our test events and the progress we are making."

"The success of the conformance and interoperability tests in this event

confirms that Wi-SUN Alliance is well on the way to delivering a robust Test

and Certification program for ECHONET Lite," said chair of the Test and

Certification Working Group, Chin Sean Sum of NICT.

About the Wi-SUN Alliance:  Wi-SUN: Seamless Connectivity  

The Wi-SUN Alliance is an association of companies working together to enable

reliable, cost-effective, low-power, wireless Utility products based on the

open global standard IEEE 802.15.4g. The Wi-SUN Alliance comprises solutions

from original equipment manufacturers worldwide.  Membership is open to all

corporations.  Additional information may be found on http://www.wi-sun.org

About ECHONET:

The ECHONET standards are globally applicable, international communication

standards for linking home appliances made by different manufacturers.  The

ECHONET Lite standard was endorsed as the Japanese Smart House Standard by the

Ministry of Economy, Trade and Industry (METI).

Contact Bhupender Virk: +81-80-1137-5574, bvirk@wi-sun.org

SOURCE: Wi-SUN Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中