◎Mainstreamが南ア政府の第3次360MW風力発電プロジェクト落札

Mainstream Renewable Power

2013/10/30 14:45

◎Mainstreamが南ア政府の第3次360MW風力発電プロジェクト落札

AsiaNet 54828

共同JBN 1308 (2013.10.30)

【ダブリン2013年10月30日PRN=共同JBN】世界的な風力、太陽光発電企業Mainstream Renewable Powerを主導とするコンソーシアムは30日、南アフリカ政府エネルギー省から合わせて360メガワット(MW)の発電容量を持つ3基の大規模風力発電プロジェクトの優先入札者資格を与えられた。この認定は南アフリカ政府の第3次再生エネルギー調達プログラムの下で行われた。Mainstreamコンソーシアムはまた、2011年の同プログラム第1次で238メガワットの風力、太陽光発電プロジェクトの発注も受けた。第1次の3つのプロジェクト(風力1基と太陽光2基)は2014年半ばの完全運用に向けて順調に進んでいる。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130606/618541

今回のプロジェクトは南アフリカ通貨で約90億ランドの投資となり、来年8月までにファイナンス・クローズ(プロジェクトへの出資および融資に関する合意が最終的に関係者間で締結されること)に達する見込みで、その後間もなく建設開始となる。

Mainstream Renewable Powerのチーフエグゼクティブであるエディー・オコーナー氏はこの発表をコメントして、「Mainstreamチームは本日プロジェクトの優先資格を得て喜んでいる。私はその質が非常に高く、93件(プロジェクト)の入札があったうち17件だけが本日認められ、われわれはその内の3件で資格を得た。Mainstreamは現在、南アフリカにおける再生エネルギーの有数のデベロッパーであり、今後数カ月で運用を開始する予定の3基の風力、太陽光発電プロジェクトとともに今度は来年建設を開始する予定の新たに3基の大規模風力発電プラントを保有することになる。Mainstreamは5年余り前に、南アアフリカ市場に将来的可能性があることを見いだしているので、プロジェクトの質とチームの経験が本日認められたことを喜んでいる」と語った。

同氏は続けて、「南アフリカ政府が真に世界クラスであるプロセスを導入し、計画を遂行する優れた手法に祝意を表する。今回の受注は、再生エネルギーの恩恵を南アフリカだけでなくアフリカ大陸にも持ち込むという、パートナー企業との協力によるMainstreamの長期的コミットメントを実証するものである。今回の受注はMainstreamにとって世界的に特に成果を上げた記念すべき時をしるすものである。同社は今月日本商社の丸紅との1億ユーロの株式投資を完了し、チリのActisとは2016年までに600MWの風力、太陽光発電プロジェクトの画期的取引に調印、500以上の民間地主がアイルランドの当社の5000MW風力発電輸出プロジェクトにサインアップし、さらにイケア(IKEA)がアイルランドにある当社のCarrickeeny風力発電所を購入した」と語った。

今回入札で受注した風力発電プラントは以下の通り。

 *ノーザンケープ州のナマクワ(Namakwa)地方自治体に設置される140MWのKhobab Wind Farm。

 *ノーザンケープ州のナマクワ(Namakwa)地方自治体に設置される140MWのLoeriesfontein 2 Wind Farm。

 *ノーザンケープ州のウムソボンブ(Umsobomvu)地方自治体に設置される80MWのNoupoort Wind Farm。

コンソーシアムの持ち分会員社の構成は以下の通り。

 *Thebe Investment Corporation:南アフリカで最も確立した広い基盤を持つBEE Investment(ドイツのエネルギー事業者連合)管理下の1企業(顧問社Bridge Capital)。

 *IDEAS Managed Fund:アフリカ最大の独立系投資マネジャーであるOld Mutual Investment Groupが管理している。

 *Futuregrowth Asset Management:開発資産の有力投資家。

 *Genesis Eco-Energy:Lereko Metier Sustainable Capitalと提携。南アフリカの先駆的な再生エネルギー・デベロッパーであり、2001年以来南アフリカで積極的に活動している。Lereko Metier Sustainable Capitalはクリーンテクノロジーのプライベートエクイティーファンドで、再生エネルギー調達プログラムの第1次、第2次プロジェクトに融資している。

 *地域コミュニティーメンバー

 *Mainstream Renewable Power

プロジェクトの債務はバークレイズ(Barclays)、南アフリカ開発銀行(Development Bank of Southern Africa)、デンマークの輸出信用機関EKFによって調整され、これら3者が引受人になっている。

▽Mainstream Renewable Powerについて

Mainstream Renewable Powerは、再生エネルギー・プロジェクトにおける世界有数の独立系開発企業の1つである。同社は世界で19ギガワット(GW)にのぼる開発パイプラインを保有し、現在アイルランド、南アフリカ、チリ、カナダで風力および太陽光発でプラントを建設中である。

Mainstreamは欧州で有数の独立系海上風力発電デベロッパーとして、英国、スコットランド、ドイツでほぼ8GWの海上風力発電プロジェクトを開発中で、これら海上プロジェクト向けに4.45GWのグリッド接続を確保している。

同社は4大陸で180人余を雇用し、ベルリン、ケープタウン、シカゴ、ダブリン、グラスゴー、ヨハネスブルク、ロンドン、サンチアゴ、トロントにオフィスを構える。

詳細はhttp://www.mainstreamrp.comを参照。

▽問い合わせ先

Mainstream Renewable Power

Emmet Curley

Tel: +353-1-290-2027

Email: emmet.curley@mainstreamrp.com

ソース:Mainstream Renewable Power

Mainstream Renewable Power Consortium Awarded 360MW of Wind Projects in South Africa Government Tender

PR54828

DUBLIN, Oct. 30, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    

         Circa 9 billion Rand investment due to start construction next year

    A consortium led by global wind and solar company Mainstream Renewable

Power was today awarded Preferred Bidder status by the Department of Energy in

South Africa for three large-scale wind energy projects in the Northern Cape

with a total generation capacity of 360 megawatts. The award was made under the

third round of the South African Government's Renewable Energy Procurement

Programme. A Mainstream consortium was also awarded 238 megawatts of wind and

solar projects in the first round of the programme in 2011 and the three

projects are on track to be fully operational in mid-2014.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130606/618541 )

    The projects, which represent an investment of approximately ZAR 9 billion,

are expected to reach Financial Close by August next year and commence

construction shortly thereafter.

    Commenting on the announcement, Eddie O'Connor, Chief Executive of

Mainstream Renewable Power said: "The team here in Mainstream is delighted with

our success today. I understand the quality was very high; there were 93 bids

submitted, only 17 were successful today and we won three of those. Mainstream

is now the leading developer of renewable energy in South Africa; we have three

wind and solar projects due to be operational in the coming months and now a

further three large-scale wind farms due to start construction next year. More

than five years ago Mainstream identified the future potential of the South

African market and we are delighted that the quality of our projects and the

experience of our team has been recognised today.

    He continued: I congratulate the South African government for putting in

place a process which is truly world-class and for the superb manner in which

it has been executed. This win underpins Mainstream's long-term commitment to

working with partners to bring the benefits of renewable energy, not only to

South Africa but to the continent of Africa.

    This marks an extraordinarily successful time for Mainstream globally. This

month we closed a EUR100 million equity investment with Japanese Trading House

Marubeni Corporation, we signed a ground-breaking deal with Actis in Chile to

build 600MW of wind and solar projects by 2016; more than 500 private

landowners have signed up for our 5,000MW wind export project in Ireland and

IKEA purchased our Carrickeeny wind farm in Ireland."

    The wind farms awarded under this round are:

    

    - The 140MW Khobab Wind Farm located in the District Municipality of Namakwa

      in the Northern Cape.

    - The 140MW Loeriesfontein 2 Wind Farm located in the District Municipality

      of Namakwa in the Northern Cape

    - The 80MW Noupoort Wind Farm located in the Local Municipality of

Umsobomvu

      in the Northern Cape

    The equity members of the consortium consist of:

    

    - Thebe Investment Corporation; one of South Africa's most established broad

      based BEE Investment management companies (advised by Bridge Capital).

    - The IDEAS Managed Fund, managed by Old Mutual Investment Group, one of

      Africa's largest independent investment managers.

    - Futuregrowth Asset Management, a leading investor in developmental assets.

    - Genesis Eco-Energy in partnership with Lereko Metier Sustainable Capital.

      Genesis Eco Energy is a pioneering South African renewable energy

      developer which has been active in South Africa since 2001. Lereko Metier

      Sustainable Capital is a clean technology private equity fund with

      exposure to projects in round 1 and 2 of the renewable energy programme.

    - Local Community Members.

    - Mainstream Renewable Power.

    The debt for the projects has been arranged and underwritten by Barclays,

the Development Bank of Southern Africa and EKF the Danish export credit agency.

    About Mainstream Renewable Power

    Mainstream Renewable Power is one of the world's leading independent

developers of renewable energy projects. With a development pipeline of over

19GW globally it is currently constructing solar and wind farms across Ireland,

South Africa, Chile and Canada.

    As Europe's leading independent offshore wind developer Mainstream is

developing just under 8GW of offshore wind projects in England, Scotland and

Germany with 4.45GW of secured grid connection for these offshore projects.

    It employs more than 180 experienced staff across four continents with

offices in Berlin, Cape Town, Chicago, Dublin, Glasgow, Johannesburg, London,

Santiago and Toronto.

    http://www.mainstreamrp.com

    

    Mainstream Renewable Power

    Emmet Curley

    Tel: +353-1-290-2027

    Email: emmet.curley@mainstreamrp.com

    SOURCE: Mainstream Renewable Power

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中