◎Cytocell社、慢性リンパ性白血病(CLL)のための新たな血液学FISHプローブを発表

Cytocell社

2013/11/28 14:37

AsiaNet 55152

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

Cytocell社、慢性リンパ性白血病(CLL)のための新たな血液学FISHプローブを発表

【ケンブリッジ(英国)2013年11月26日PRニュースワイヤー】―

Cytocell社 (Cytocell Ltd.) はリンパ球の癌である慢性リンパ性白血病(CLL)患者の検出に役立つ、新たな範囲のin vitro診断検査が利用可能になったことを発表しました。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120906/559436

Cytocell社の新たなCLL FISHプローブには、P53/ATMプローブの組み合わせおよび新開発のD13S319/13qter/12cen Deletion/Enumerationプローブから成る、新たなCLLプロファイラー・キットが含まれています。Cytocell社は、CLLと特に関連した最も一般的な遺伝子の異常を検出することを目的として設計された、合計19種類の異なるFISHプローブを所有しています。

CLLは米国およびヨーロッパで白血病の最も一般的な形式であり、60歳以上の白人男性が最も多く発症します。米国では毎年、1万5千人以上の患者がCLLと診断され、その多くが日常的な健康診断の際に発見されています。CLLは他のタイプの白血病よりもゆっくりと進行し、慢性リンパ球性白血病と診断されたほとんどの患者は初期病変を持っています。多年にわたって生存または治療を必要としない患者もいながら、最大50%の患者は、進行が加速する危険にさらされています。

Cytocell社のAquarius(R) CLLプロファイラー・キットは、CLLの患者から骨髄検体の細胞遺伝学的異常および末梢血試料を検出します。ATMおよびTP53の欠失はCLLに関与する最も重要な再構成であり、特にTP53とATMの欠失は予後不良をもたらすため、遺伝子の欠失の検出は、そのような患者の治療法の選択に関する非常に重要な情報を提供しています。

Cytocell社の業務執行取締役であるマーティン・ローリー (Martin Lawrie) 博士は 「当社のカタログへの新たな追加は、すでに豊富な白血病のためのFISHプローブのコレクションを強化し、CLLの診断に対応した包括的ソリューションを提供しています。この製品の発売は、不断に成長する血液学プローブの範囲を引き続き注視していることを明示しています。われわれはまた、カスタムFISHプローブ・サービスであるmyProbesを介して、顧客の臨床要件に駆られ、血液学に関する製品をますます提供することができると信じています」と述べました。

▽FISHについて

染色体異常は、いくつかの血液悪性腫瘍における疾患の進行において主要な役割を果たすことが示されています。 蛍光 In Situハイブリダイゼーション(FISH)は遺伝子座特異のプローブを用いて、数値および染色体構造の変化を観察することが可能であり、現在は臨床検査室における日常的な診断検査となっており、同技術は癌患者の管理に有用であることが示されています。

▽Cytocell社について

Cytocell社はルーチンな細胞遺伝学また癌の分析および分類の両方で使用されるFISHプローブにおける欧州の大手開発メーカーです。同社のFISHプローブの市場供給20周年を祝うように、同製品は細胞遺伝学に定着しています。同社は最近、盲腸学に関する製品の開発に注力しており、細胞遺伝学、血液学と固形腫瘍の分析など、およそ350種類の製品のカタログを取り扱うだけではなく、myProbes(R)ブランドによる特定の利益を伴う、顧客のためのカスタムFISHプローブを開発しています。 Cytocell社の製品は全世界で60カ国以上をカバーし、定着した流通ネットワークを介して利用できます。 Cytocell社のFISHプローブ・サービスは現在、世界中の癌研究者や臨床医にとって非常に貴重なツールであることが証明されています。

Cytocell社のニュース発表およびその他の情報については、同社のウェブサイトサイト (http://www.cytocell.com)を参照してください。

▽より詳しい問い合わせ先

Stewart Kennedy,

セールス&マーケティングディレクター

電話: +44(0)7860-455527

情報源: Cytocell社 (Cytocell Ltd)

Cytocell Ltd Introduces New Haematology FISH Probes for Chronic Lymphocytic

PR55152

CAMBRIDGE, England, Nov. 26 / PRN=KYODO JBN / --

    Cytocell Ltd. announced the availability of a new range of in vitro

diagnostic tests to aid in detecting patients with Chronic Lymphocytic

Leukaemia (CLL), a cancer of the lymphocytes.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120906/559436 )

    The new range of Cytocell CLL FISH probes includes the new CLL PROFILER Kit

comprising of the P53/ATM Probe Combination and a newly developed

D13S319/13qter/12cen Deletion/Enumeration probe. In total Cytocell has 19

different FISH probes specifically designed with the intention of detecting

abnormalities of the most common genes linked with CLL.

    CLL is the most common form of leukaemia in the U.S. and Europe and is most

commonly found in Caucasian men 60 years and older. In the United States, more

than 15,000 patients are diagnosed with CLL each year, many of whom are

discovered during routine medical exams. CLL progresses more slowly than other

types of leukaemia and most patients diagnosed with CLL have early-stage

disease. Up to 50 percent are at risk for accelerated progression while others

live for many years and often do not require therapy.

    Cytocell's Aquarius(R) CLL PROFILER kit detects cytogenetic abnormalities

in bone marrow specimens and peripheral blood samples from patients with CLL.

Deletions of ATM and TP53 are the most serious rearrangements involved in CLL

and detection of deletions of these genes provides very important information

as to the therapy choices for such patients, especially since deletions of TP53

and ATM provide a poor prognosis.

    "These new additions to our catalogue augments our already extensive

collection of FISH probes for leukaemia and provides comprehensive solution to

the diagnosis of CLL," said Dr Martin Lawrie, Managing Director of Cytocell.

"The launch of this product demonstrates our continued focus on our range of

Haematology probes which is continually growing. We also believe that through

our Custom FISH probe service, myProbes, we will be able to offer more and more

of such products for Haematology, driven by the clinical requirements of our

customers."

    About FISH

    Chromosomal abnormalities have been shown to play a major role in disease

evolution in several haematological malignancies. Fluorescence In Situ

Hybridisation (FISH), using locus-specific probes, which are capable of

defining numerical and structural chromosome changes, has now become a routine

diagnostic test in the clinical laboratory and the technique has thus been

shown to be useful in the management of cancer patients.

    About Cytocell Ltd.

    Cytocell is a leading European developer and manufacturer of FISH probes

for use in both routine cytogenetics and in the analysis and classification of

Cancers. The Company's products are well established in Cytogenetics as the

Company is celebrating its 20th year of supplying them to this market. More

recently, the Company has focused on developing products for Oncology and now

has a catalogue of some 350 products for Cytogenetics, Haematology and Solid

Tumour analysis as well as developing custom FISH probes for customers with

specific interests under the myProbes(R) brand. Cytocell's products are

available through a well established distributor network, covering more than 60

countries worldwide. Cytocell's FISH probe service is currently proving to be

invaluable to cancer researchers and clinicians worldwide.

    Cytocell's news releases and other information are available on the

company's Web site at http://www.cytocell.com.

    For further enquiries, please contact:

    Stewart Kennedy,

    Sales & Marketing Director

    Tel: +44(0)7860-455527

    Source: Cytocell Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中