◎ルアンダの臨海地域再開発プロジェクトでビジネスフォーラムを開催

Sociedade Baia de Luanda

2013/12/10 16:03

◎ルアンダの臨海地域再開発プロジェクトでビジネスフォーラムを開催

AsiaNet 55265

共同JBN 1492 (2013.12.10)

【ルアンダ(アンゴラ)2013年12月10日PRN=共同JBN】

*プロジェクトは、ルアンダの臨海地域をユニークな都市・社会チャレンジング・プロジェクトへと変貌させ、現代風かつ都会風で、充実した生活が一体となる。

アンゴラの首都ルアンダで開催された第1回Luanda Bay Business Forumで、ルアンダ港湾地域再開発計画に関する国際的プレゼンテーションが行われた。

 (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131210/658585

「Sociedade Baia de Luanda」はルアンダの湾岸地域一帯を再開発し、現在は不動産開発プロジェクトに着手、3カ所それぞれで土地開発を行っている。総面積39ヘクタールにおよぶ不動産開発計画はルアンダの外観を一変し、現代風で都会的、かつ高品質な生活が一体化する。

このプロジェクトは、20年間で建設総投資額が約63億ドルにのぼる。この投資は同地域の環境整備と、総面積170万平方メートルの建設区域に駐車場、サービスエリアを含む78棟のビルで構成される不動産プロジェクト開発を目指している。

海岸の埋め立てによる3カ所の土地には、ルアンダをさらに現代化し、機能的にし、コスモポリタンにする住宅、オフィス、サービス、店舗用スペースが含まれている。

プロジェクトの進展状況を公表するため、Sociedade Baia de Luandaはルアンダで第1回ビジネスフォーラムを開催し、投資の約束をした投資家に加え国内の投資家コミュニティーの主要なプレーヤーも詳細を説明した。国際的な投資企業・ファンド、銀行、不動産会社、建設会社、ホテルチェーン、土建・建築会社もこのフォーラムに参加した。これによって、彼らはこの地域への投資が他の急速に開発の進んでいる地域、すなわちアジアと同じような収益条件が約束されたものであるとの利点に気付くことになる。

プロジェクトは国内企業セクターとアンゴラ政府との官民提携から始まった。これに参加した企業はSonangol、Banco Atlantico、GENI、Millennium BCP、Finicapital各社で、彼らはこのイニシアチブに関する経済的リスクのすべてを取ることになった。つまり、アンゴラ政府が公共投資を行う必要がないと言うことである。

再開発で行われる投資と引き替えに、アンゴラ政府は再開発された海岸の新駐車場も含め、埋め立て地の地上権、建設権を譲渡した。

このプロジェクトはこれまでにアンゴラ、南アフリカ、ポルトガルで受賞している。2013年10月には、世界で最高のウオーターフロント再開発を顕彰している米国の非営利団体のInternational Waterfront Associationから受賞した。Luanda Bayは世界中から応募した40のプロジェクトのなかで、環境・再開発・公共スペース・プロジェクトで最優秀賞を受けた。

詳細は以下へ問い合わせを。

Operational:

Mauro Martins,

mmartins@finicapital.com,

+244-923-639-966

Editorial:

Jose Barata,

jbarata@jlma.pt,

+351-962-013-726

ソース:Sociedade Baia de Luanda

Sociedade Baia de Luanda Presents an Outstanding Real Estate Project at the Seafront of Angola's Capital

PR55265

LUANDA, Angola, Dec. 10, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Project will change Luanda's seafront into a unique, urban and social

challenging project, combining modernism, urbanism and quality of life

    The international presentation of Luanda's Bay project took place during

the 1st Luanda Bay Business Forum, in the city capital of Angola.

   (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131210/658585 )

    "Sociedade Baia de Luanda" redeveloped the whole Luanda's Bay seafront area

and is now working on the real estate project that will occupy three different

plots, in a total area of 39 hectares that will change the face of Luanda,

combining modernism, urbanism and quality of life.

    The project involves a total investment in construction of around 6,300

million dollars, through 20 years. This investment contemplates the general

improvement of the area and the development of a real estate project comprising

78 buildings, in a total construction area of 1.7 million square metres, with

car parks and service areas.

    These three plots of land reclaimed from the sea will include spaces for

housing, offices, services and shops that will make Luanda more modern,

functional and cosmopolitan.

    To publicise how this project is progressing, Sociedade Baia de Luanda

organized the first Business Forum in Luanda, evolving the investors already

committed, as well as the main players in the national community of investors.

International investment companies and funds, banks, real estate companies,

construction companies, hotel chains, engineering and architecture firms also

took part so that they could discover the advantages of investing in this

project which promises conditions of return on a par with other fast developing

parts of the world, namely in Asia.

    This project stems from a private partnership between the national

corporate sector and the Angolan State, in which the private companies, namely

Sonangol, Banco Atlantico, GENI, Millennium BCP and Finicapital, took on all of

the economic risk of the initiative, meaning that the Government of the

Republic of Angola did not have to resort to public investment.

    In exchange for the investment made in the redevelopment, the Angolan State

ceded the surface and construction rights on the land reclaimed from the sea,

together with other concessions as the new car parks on the redeveloped

seafront.

    The project has already won awards in Angola, in South Africa and in

Portugal. And in October of 2013 it was distinguished in the United States of

America by the International Waterfront Association, a non-profit institution

which awards prizes to the best waterfront redevelopment projects in the world.

Luanda Bay won the award for the best environmental redevelopment and public

space project from among 40 projects entered from around the world.

    Photograph attached.

    For further contacts:

    Operational -

    Mauro Martins,

    mmartins@finicapital.com,

    +244-923-639-966

    

    Editorial

    - Jose Barata,

    jbarata@jlma.pt,

    +351-962-013-726

    SOURCE: Sociedade Baia de Luanda

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中