◎最新IOFレポート、アジアで股関節骨折の増加を警告

国際骨粗しょう症財団

2013/12/12 10:40

◎最新IOFレポート、アジアで股関節骨折の増加を警告

AsiaNet 55261

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

最新IOFレポート、アジアで股関節骨折の増加を警告

香港、2013年12月12日/PRニュースワイヤー/ --

国際骨粗しょう症財団(IOF)が本日発表した最新のレポートによれば、アジア太平洋地域で骨粗しょう症に起因する骨折の大幅な増加が懸念されています。70歳以上、50歳以上の年代別に、それぞれ230パーセント、144パーセント増、股関節骨折の発生総数は 2050年までに2倍以上に上ると予想されています。今後、さらに平均寿命が延びた場合、筋骨格系の障害は歩行困難、早期死亡につながりかねない深刻な問題をはらんでいます。高齢化によって健康で活力ある生活が損なわれると、社会経済的コストも急増するでしょう。

通常、70歳以上の高齢者が発症することの多い股関節骨折は、骨粗しょう症骨折のうち最も深刻かつ高コストです。アジアのどの国でも、過去30年間の大腿骨頸部骨折の発生率は2~3倍の増加傾向にあることがほとんどです。この傾向は加速しながら、2050年までに世界の股関節骨折件数の50%がアジアで発生するようになると予想されています。世界で最多の人口を抱える中国とインドでは、それまでに50歳以上の人口はほぼ倍増しており、2050年には約4.3億人が70歳以上になる計算です。  

急患治療のコストが高いという側面を考慮に入れないとしても、患者の約33%が骨折の翌年には完全な介護者依存の状態に陥り、約5人に1人が一年以内に死亡する現状があります。アジア太平洋地域の都市化も運動不足になりがちな屋内型のライフスタイルに拍車をかけ、日常的なビタミンD欠乏症と相まって骨と筋肉の健康な発育を損ない、高い骨折率の原因となっています。

現状の医療システムで、今後予測される股関節骨折後の急患治療、長期的ケアの増加に対処することができるのでしょうか?死亡、障害に至らないためには、大腿骨頸部骨折の患者はタイムリーな手術とリハビリを必要とします。アジアの経済的発展途上地域では、外科治療が利用できない、または費用補償が受けられない場合があります。ベトナム、スリランカ、フィリピン、パキスタンなどでは股関節骨折の50%未満についてしか、外科的治療が施されていません。手術を自費で支払えない患者は、手術を選択せず、重度の障害と貧困に直面している可能性があります。

IOF理事長John A. Kanis教授は、「世界的に見ると、3人に1人の女性と50歳以上の5人に1人の男性が骨粗しょう症が原因で骨折に至ります。その時、タイムリーな診断と治療が最重要になります。アジア全域で政府は予防のため、さらなる努力を続ける必要があります。骨粗しょう症や筋骨格系疾患は、国民の医療課題として最優先でなければなりません。」と述べています。

具体的には、IOFレポートは次の具体策を当局に要請しています。

1. 日常的なビタミンD欠乏症と低カルシウムレベルについて国民に注意を促す。

2. 屋外身体活動および禁煙などの生活改善策を推奨する。

3. 骨粗しょう症患者が骨折のリスクを減らすことができるように治療費を補償する。

4. 国民が利用しやすい診断サービスを提供する。

5. 医師のための骨粗しょう症専門の研修開発に人材を振り向ける。

6. 患者の骨折治療のために診療所で行うリエゾンサービスを普及させる。

7. 問題の適切な解決策を見つけるための研究を推進し、骨折症例のレジストリを設立する。

8. 特に若年層向けに運動と栄養の重要性について国民の意識を高める。

次のリンクからIOFのアジア太平洋地域向けスクリーニングテストにアクセスできます。

http://bit.ly/1dgbkgy

GSK 、Fonterra 、Servierの教育助成金(無制限)により同スクリーニングテストの制作を行いました。

IOFについて

国際骨粗しょう症財団(IOF)は、骨粗しょう症およびそれに関連する筋骨格系疾患の予防、診断、治療に特化した、世界最大の非政府組織です。IOFのメンバーには、骨、関節、筋肉の健康にかかわる世界中のヘルスケア課題の解決のため協働する216の団体があります。 http://www.iofbonehealth.org

Charanjit K. Jagait

コミュニケーションズディレクター

電話: +41-22-9940102

携帯: +41-79-8745208

cjagait@iofbonehealth.org

情報元: 国際骨粗しょう症財団

Avalanche of Hip Fractures to hit Asia Warns New IOF Report

PR55261

HONG KONG, Dec. 12 /PRN=KYODO JBN/ --

A new report published today by the International Osteoporosis Foundation (IOF)

warns of a dramatic rise in osteoporosis-related fractures in the Asia-Pacific

region. With a projected 230% and 144% increase in those aged over 70 years and

50 years respectively, the number of hip fractures are expected to at least

double by 2050. Therefore, although populations may live longer their

musculoskeletal health will be seriously compromised leading to disability,

loss of independence and even early death. Socio-economic costs will also soar

unless healthy active ageing is encouraged.

Hip fractures, which usually occur in the elderly aged over 70, are the most

serious and costly of osteoporotic fractures. Most countries in Asia have

already seen a 2-3 fold increase in hip fracture incidence over the past 30

years. The trend is expected to accelerate with 50% of all hip fractures in the

world occurring in Asia by 2050. By then the population aged over 50 will

almost double. China and India, the most populous countries in the world, will

have almost 430 million people aged 70 or over by 2050.  

Aside from the high cost of acute care, approximately 33% of patients are

totally dependent on caregivers in the year following the fracture, and about

one in five will die within the year. Urbanization in the Asia-Pacific region

is also impacting on fracture rates, which are higher in urban settings with

sedentary and indoor lifestyles contributing to widespread vitamin D deficiency

and poor bone and muscle health.

Will health-care systems be able to cope with the projected need for acute and

long-term care following hip fractures? To reduce death and disability, hip

fracture patients require timely surgery and rehabilitation. In less

economically developed regions of Asia, surgical care may not be available or

reimbursed. In countries such as Vietnam, Sri Lanka, Philippines and Pakistan

less than 50% of hip fractures are surgically treated. A patient who must pay

out of pocket for surgery may face impoverishment or, without surgery, extreme

disability.

Prof. John A. Kanis, President, IOF, stated: "Worldwide, one in three women and

one in five men over the age of 50 will break a bone due to osteoporosis, and

timely diagnosis and treatment is of paramount importance. IOF urges

governments throughout Asia to step up prevention efforts. Osteoporosis and

musculoskeletal diseases should be a priority issue on national health-care

agendas."

Specifically, the IOF report urges authorities to:

1. Address widespread vitamin D deficiency and low calcium levels in the

population.

2. Encourage lifestyle prevention measures such as outdoor physical activity

and smoking cessation.

3. Reimburse treatment so that people who have osteoporosis can reduce their

risk of fracture.

4. Provide sufficient and accessible diagnostic services.

5. Devote resources to developing specialty training in osteoporosis for

physicians.

6. Establish Fracture Liaison Services in clinics to help identify and offer

treatment to fracture patients.

7. Promote research and fracture registries to find appropriate national

solutions to the problem.

8. Raise public awareness about the importance of exercise and nutrition,

especially among the younger population.

Access the IOF Asia-Pacific Regional Audit:

http://bit.ly/1dgbkgy

Production of the Audit was supported by unrestricted educational grants from

GSK, Fonterra and Servier.

About IOF

The International Osteoporosis Foundation (IOF) is the world's largest

non-governmental organization dedicated to the prevention, diagnosis and

treatment of osteoporosis and related musculoskeletal diseases. IOF members

include 216 societies, working together to make bone, joint and muscle health a

worldwide heath care priority. http://www.iofbonehealth.org

Charanjit K. Jagait

Communications Director

Tel: +41-22-9940102

Mob: +41-79-8745208

cjagait@iofbonehealth.org

Source: International Osteoporosis Foundation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中