◎アエロメヒコが機内サービス充実 Gogoと提携してインターネットとエンターテインメントを提供

アエロメヒコ

2013/12/24 11:19

◎アエロメヒコが機内サービス充実 Gogoと提携してインターネットとエンターテインメントを提供

AsiaNet 55363

共同JBN 1532 (2013.12.23)

【メキシコ市2013年12月23日PRN=共同JBN】メキシコの国際航空会社、アエロメヒコ航空(Aeromexico)と機内インターネット接続プロバイダーの世界的リーダーで機内無線デジタルエンターテインメントソリューションのパイオニア、Gogo (NASDAQ: GOGO、http://www.gogoair.com)の両社は19日、航空機75機以上の機内インターネット、機内無線エンターテインメントサービス「Gogo Vision」に関する原則的契約条件に合意したと発表した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

Gogoのマイケル・スモール社長兼最高経営責任者(CEO)は「Gogoの接続性とGogo Visionをメキシコと南米および北米以遠にもたらすうえで、アエロメヒコ航空と手を結ぶ以上の喜びはない。われわれは豊富な経験から、接続性確保が航空会社にとって競争上の優位性になっていることを認識している。いまはモバイルインターネットの時代であり、乗客はどこにいてもつながることに慣れている。メキシコ内外80以上目的地に飛行する機内の乗客をつなげることで、アエロメヒコ航空の業界でのリーダーシップをサポートできると期待している」と語った。

すべての航空機に対するエンド・ツー・エンド・ソリューション提供の一環として、新サービスはアエロメヒコ航空のボーイング737型機にGogoのKuバンド通信衛星サービス、近距離用ジェット機にインマルサットのSwiftBroadband通信衛星サービスをそれぞれ活用している。Gogoは、これらの接続サービスとGogo Visionが2014年後半、アエロメヒコ航空の乗客に提供されると見込んでいる。

アエロメヒコ航空のアンドレス・コネサCEOは「メキシコと世界を結ぶ航空会社として、この分野トップのGogoを通じて機内Wi-Fiを乗客に提供するメキシコ初、中南米初の航空会社になることを楽しみにしている。接続性とGogo Visionを加えることで、われわれは引き続き顧客に一流のサービスをもたらし、文字通り、あるいは事実上、人々の絆を強めるという構想を実現させる」と語った。

インマルサットのミランダ・ミルズ社長は「Gogoは現行のSwiftBroadbandサービスと2015年導入予定のグローバルなKaバンドネットワークGX Aviationの両面で、インマルサットの強力なパートナーだ。乗客、乗員双方に機内インターネット接続性を提供するため、増大しつつあるインマルサット利用航空会社にアエロメヒコが加わることを歓迎する」と語った。

▽Gogoについて

Gogoは機内インターネット接続と機内無線デジタルエンターテインメントソリューションの世界的リーダーである。Gogoの独自製品、サービスを使えば、Wi-Fi対応の端末を持つ乗客はGogo搭載民間機2000機以上でインターネット接続できる。機内インターネット接続のパートナーはアエロメヒコ、アメリカン航空、エア・カナダ、エアトラン航空、アラスカ航空、デルタ航空、フロンティア航空、日本航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズ、ヴァージン・アメリカなど。機内エンターテインメントのパートナーはアエロメヒコ、アメリカン航空、デルタ航空、スクート、USエアウェイズなど。Gogoは民間航空会社ビジネスに加えて、業務用航空機6500機以上に通信サービス装備を提供している。

地上でGogoの米イリノイ州アイタスカ、コロラド州ブルームフィールド、ロンドンの従業員600人余りは、フライトが生産的で社会的につながり、総合的により満足できる体験になるようにフライトを絶えず見直している。Gogoの公式ウェブサイトはwww.gogoair.com、Facebookはwww.facebook.com/gogo、Twitterはwww.twitter.com/gogo。

▽Grupo Aeromexicoについて

Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V.は、メキシコで商用航空事業やマイレージサービス事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。メキシコ最大の航空会社、アエロメヒコは主要ハブ空港であるメキシコシティ国際空港の第2ターミナルから毎日600便以上を運航している。その目的地はメキシコ国内47都市、米国17都市、中南米11都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ1都市を含め、3大陸の80都市以上に及ぶ。

グループが保有する航空機115機はボーイング787、777、767、737ジェット旅客機および次世代のエンブラエル145、170、175、190モデルである。アエロメヒコは2012年、ボーイングから737 MAXジェットを90機、787-9ドリームライナー10機の計100機を購入するという意向を示し、メキシコ航空史上で最も重要な投資戦略を発表した。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟19航空会社が就航する178カ国、1000都市余りにサービス網を広げ、乗客は世界530カ所の空港プレミアムラウンジを利用できるなどの特典がある。アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々へはきめ細かい接続網を展開している。公式ウェブサイトはwww.skyteam.com。

ソース:Aeromexico

Aeromexico Partners with Gogo for In-flight Internet and Wireless In-flight Entertainment

PR55363

MEXICO CITY, Dec. 19, 2013 /PRNewswire-AsiaNet/ --

Aeromexico, Mexico's global airline, together with Gogo (NASDAQ: GOGO), the

world leader of in-flight connectivity (http://www.gogoair.com ) and a pioneer

in wireless in-flight digital entertainment solutions, announced today that

they have agreed on the principal terms and conditions relating to providing

in-flight Internet and wireless in-flight entertainment service - Gogo Vision -  

on at least 75 aircraft.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO )

"We couldn't be more excited to work with Aeromexico on bringing Gogo

connectivity and Gogo Vision to Mexico and beyond in North and South America,"

said Gogo's president and CEO, Michael Small.  "We know from our extensive

experience that having connectivity has become a competitive advantage for

airlines.  This is the age of the mobile Internet and passengers are used to

being connected wherever they are.  We look forward to supporting Aeromexico's

leadership in the region as they connect their passengers in flight to more

than 80 destinations within Mexico and around the world."

As part of providing end-to-end solutions for any fleet anywhere, the new

service will utilize Gogo's Ku-band satellite service for Aeromexico's 737

aircraft, and Inmarsat's SwiftBroadband satellite service for their regional

jets. Gogo expects both its connectivity service and Gogo Vision to be

available to Aeromexico passengers on the second half of 2014.

"As the airline that connects Mexico and Mexico with the world, we look forward

to being the first Mexican carrier and the first in Latin America to offer our

passengers in-flight Wi-Fi via Gogo, the leader in this space" said

Aeromexico's CEO, Andres Conesa. "By adding connectivity and Gogo Vision, we

are continuing to bring our clients a world class service and fulfilling our

vision of bringing people closer together, whether literally or virtually."

"Gogo is a strong partner for Inmarsat, both for our current SwiftBroadband

service and for GX Aviation, our global Ka-band network, which is scheduled to

be available in 2015," said Miranda Mills, Inmarsat President, Aviation. "We're

very pleased Aeromexico is now added to the growing number of airlines using

Inmarsat to provide inflight connectivity to both passengers and crew."

About Gogo

Gogo is the global leader of in-flight connectivity and wireless in-flight

digital entertainment solutions. Using Gogo's exclusive products and services,

passengers with Wi-Fi enabled devices can get online on more than 2,000 Gogo

equipped commercial aircraft. In-flight connectivity partners include

Aeromexico, American Airlines, Air Canada, AirTran Airways, Alaska Airlines,

Delta Air Lines, Frontier Airlines, Japan Airlines, United Airlines, US Airways

and Virgin America. In-flight entertainment partners include Aeromexico,

American Airlines, Delta Air Lines, Scoot and US Airways. In addition to its

commercial airline business, Gogo has more than 6,500 business aircraft

outfitted with its communications services.

Back on the ground, Gogo's 600+ employees in Itasca, IL, Broomfield, CO and

London are working to continually redefine flying as a productive, socially

connected, and all-around more satisfying experience. Connect with Gogo at

www.gogoair.com, on Facebook at www.facebook.com/gogo and on Twitter at

www.twitter.com/gogo.

About Grupo Aeromexico

Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V. is a holding company whose subsidiaries are

engaged in commercial aviation in Mexico and the promotion of passenger loyalty

programs. Aeromexico, the largest airline in Mexico, operates more than 600

daily flights from its main hub in Terminal 2 at the Mexico City International

Airport. Its destinations network features more than 80 cities on three

continents, including 47 destinations in Mexico, 17 in the United States, 11 in

Latin America, three in Europe, two in Asia and one in Canada.

The Group's fleet of 115 aircraft is comprised of Boeing 787, 777, 767 and 737

jet airliners and next generation Embraer 145, 170, 175 and 190 models. In

2012, the airline announced the most significant investment strategy in

aviation history in Mexico, to purchase 100 Boeing aircraft including 90 MAX

B737 jet airliners and 10 B787-9 Dreamliners.

As a founding member of the SkyTeam airline alliance, Aeromexico offers

customers 1,000 destinations in 178 countries served by the 19 SkyTeam airline

partners rewarding passengers with benefits including access to 530 premium

airport lounges around the world. Aeromexico also offers travel on its

codeshare partner flights with Alaska Airlines, Avianca, LAN, TACA and TAM with

extensive connectivity in countries like the United States, Brazil, Canada,

Chile, Colombia and Peru. www.skyteam.com  

SOURCE:  Aeromexico

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中