◎ウールマークで昔も今も暖かく ロンドンの名所でイベント

ザ・ウールマーク・カンパニー

2014/1/9 15:30

◎ウールマークで昔も今も暖かく ロンドンの名所でイベント

AsiaNet 55448

共同JBN 0036(2014.1.9)

【ロンドン2014年1月8日PRN=共同JBN】ロンドンコレクション開催2日目のあわただしさをよそに、ロンドンのSW1A(郵便コード)地区にある狭い地下施設に人々が集まった。午後6時、「内閣戦時執務室」は1940年代のウール衣料や様式の再現でよみがえる。第2次世界大戦当時の地下での動きを模したセットは、「作戦室」の正確なしつらえのほか、サー・ウィンストン・チャーチルとその妻クレメンティーン、政府高官、司令官らの部屋がほぼ当時のままに設営された。

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-a

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-b

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-c

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-d

ファッションモデルや俳優、サビルロー(Savile Row)の関係者がまとう80着もの衣服は、特別あつらえのメリノ・ウールで見事に仕立てられ、舞台をにぎわせた。それぞれの衣服は内閣戦時執務室にいた「英国紳士(The English Gentleman)」の日々や特定のテーマを表す。ザ・ウールマーク・カンパニー(The Woolmark Company)がサビルローやBritish GQのクリエーティブ・ファッション・ディレクターのジョー・レビン氏と再び協力し、「メリノ・ウールにくるまれ、まとう」というこの日の秋冬ファッションのメッセージを発信したのだ。ショーを演出したのはAnderson & Sheppard and Sammy Akiのアンダ・ローランド氏。

オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)/ザ・ウールマーク・カンパニーの最高戦略マーケティング責任者であるロブ・ラングトリー氏はこう語る。「ウールが時間を超えて持つ豊かな価値を入場者に伝えるポスターを作製した。特に暖房や電気の使用が制限された1940年代はそう言えた。そのことは今日でも変わらぬ真実だ。寒い月を暖かく過ごすため、温度が下がってもウールをまとい、暖房を下げられることをわれわれ全員に教えてくれる。今回の演出はメリノ・ウールの本当の多用途性と、その広範な利用性、豊かな色彩、肌触り、柔らかさを伝えている」。

「英国紳士」のイベントは、メリノ・ウールの糸と布、衣服に光を当てるために企画された。制作したのは世界で最も上級な製造業者とテーラーで、彼らは細部にこだわり、職人技を発揮した。この共同作業はウールの持つ、優れた自然の特性と、季節と製品の枠を超えた多用途性を広く伝えるのが狙いだ。生き生きとしたメリノ・ウールは着る人の体温をうまく調節し、冬暖かく、夏は涼しく保つ。湿気を自然に吸収し、臭いを消し、静電気を起こさず、紫外線から着る人を守る。発火しにくいため、安全でもある。メリノ・ウールは繊維の構造から自然な弾力があり、吸湿性が良く、衣服は形崩れしにくい。繊維が長いために毛玉ができず、縫製業者は品質が保証できる。

ザ・ウールマーク・カンパニーと協力し、メリノ・ウール200メートル以上を提供した英国の高級布地業者や販売業者には、最高級の賛辞が贈られた。当時の衣服を再現するため、プロジェクトに協力したテーラーに提供された物は以下の通り。

-グレイ・フランネル製のスーツ

-ドニゴール、ヘリンボン、ツイードのグリーンのスーツ

-締め具付きのズボン

-ウールを使ったコーデュロイを利用した生地

-やわらかくけば立てしたほか、ヘリンボンの伝統的な冬物コート

-高級なソフト・メリノ・ウール製の伝統的なドレッシングガウン

内閣戦時執務室:1月7日(火曜日)18:00 - 20:00、招待客に限定

▽ザ・ウールマーク・カンパニーについて

ウールマークは1964年に設立された世界で最も有名な紡織繊維ブランドである。ウールマーク・ブランドは2万5000以上の牧羊業者が所有する非営利法人「オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)」が所有している。同社は牧羊業者から小売業者まで世界的なサプライチェーン全体にわたって活動している。

ウールは100パーセント自然素材で、再生可能な繊維である。羊は草、水、新鮮な空気と日光で生きている。ウールは人工ではなく、自然が育てた繊維である。毎年、羊からは新しい羊毛が育ち、ウールは再生可能な繊維である。

ソース: The Woolmark Company

Help Britain's Warm Effort, Wear Wool. The English Gentleman at the Cabinet War Rooms

PR55448

LONDON, Jan 8 /PRN=KYODO JBN/ -

As the hustle and bustle of Day 2 of London Collections: Men draws to a close,

underground in SW1A the Cabinet War Rooms come alive at 1800 in a modern

interpretation of wool clothes and styles befitting the 1940's. In a setting

representing the activities that occurred below ground during WWII, a number of

tableaux's have been created around the venue in the almost untouched rooms of

Sir Winston Churchill, his wife Clementine, the officers and commandant in

addition to the precision planning and logistics of the Map room.

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-a )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-b )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-c )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140107/662937-d )

Eighty outfits worn by live models, actors and 'friends' of Savile Row will

rejuvenate the venue in beautifully crafted bespoke Merino wool pieces, each

expressing a particular theme or moment in the life of The English Gentleman at

the Cabinet War Rooms, as The Woolmark Company once again collaborates with

Savile Row and Jo Levin, Creative Fashion Director of British GQ, to deliver an

Autumn/Winter message of the day; to wrap-up, and layer-up in Merino wool. The

show is produced and presented by Anda Rowland of Anderson & Sheppard and Sammy

Aki.

Rob Langtry, Chief Strategy and Marketing Officer for Australian Wool

Innovation/The Woolmark Company said "A series of posters have been created to

remind visitors of the wealth of importance wool has had over time, especially

in the 1940's, when there were restrictions on heating and electricity - a

message also true of today as we are all reminded 'that as the temperature

drops we can layer-up in wool and turn the thermostat down' to keep warm in the

colder months. This display shows the true versatility of Merino wool and its

abundance in garment uses, richness in colour, texture and softness."

The English Gentleman event is designed to highlight Merino Wool yarns, fabrics

and garments produced by some of the world's most prestigious manufacturers and

tailors which demonstrate the craftsmanship and luxurious detailing. The

collaboration seeks to raise awareness of wool's natural performance properties

and versatility across the seasons and product categories. Merino Wool

naturally 'breathes', effectively regulating the wearer's body temperature

keeping them warm in winter and cool in summer.  Wool naturally absorbs

moisture, and nullifies odour, resists static electricity and provides natural

UV protection, and does not ignite so is safe to wear.  Merino Wool has a

natural elasticity due to the fibre crimp which helps garments resist creasing

and retain their shape, and are less likely to pill (bobble) due to the longer

fibre lengths used in manufacture to ensure guaranteed garment performance.

Extreme gratitude is expressed to the luxury weavers and merchants from the UK

who have rallied together with The Woolmark Company to supply over 200 metres

of Merino wool fabrics.  Provided to the tailors as a contribution to the

project for the creation of a range of iconic pieces covering:

- Grey Flannel Suits

- Green textured suits in Donegals, Herringbones and Country Tweeds

- Brace-back trousers

- Corduroys using wool blend fabrics

- Traditional winter coatings in smooth, brushed finishes and Herringbones

- Traditional dressing gowns in luxuriously soft Merino wool

The Cabinet War Rooms:  18:00 - 20:00 on Tuesday 7th January, by invitation

only.

About The Woolmark Company:

The Woolmark is the world's best known textile fibre brand, established in 1964.

The Woolmark brand is owned by Australian Wool Innovation (AWI), a

not-for-profit company owned by more than 25,000 woolgrowers. The company works

throughout the global supply chain - from woolgrowers through to retailers.

Wool is a 100 per cent natural and renewable fibre. Sheep live on grass, water,

fresh air and sunshine. Wool is a fibre that is grown - not man-made. Every

year sheep produce a new fleece, making wool a renewable fibre source.

SOURCE: The Woolmark Company

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中