赤い羽根の「ふるサポ」を通じて、あなたの大切な「ふるさと」を応援しませんか?

「ふるサポ」とは、赤い羽根共同募金のひとつで、自分のふるさとや好きなまちに募金できるしくみ「ふるさとサポート募金」の略称です。「ふるサポ」は、全国およそ1,800カ所の市区町村の中から選択し、地域の民間福祉活動を応援できる、唯一の募金です。

平成26年1月22日

社会福祉法人中央共同募金会

赤い羽根の「ふるサポ」を通じて、

あなたの大切な「ふるさと」を応援しませんか?

http://www.akaihane.or.jp/furusapo/

「ふるサポ」とは、赤い羽根共同募金のひとつで、自分のふるさとや好きなまちに募金できるしくみ「ふるさとサポート募金」の略称です。「ふるサポ」は、全国およそ1,800ヵ所の市区町村の中から選択して、地域の民間福祉活動を応援できる、唯一の募金です。

おかげさまで、ふるサポの募金実績は、2009年に始まってから毎年増加し、昨年度に初めて1,000万円を超え、本年度は、1月13日現在で1,200万円と昨年度の実績を更新中です。

●特徴その1:寄付先の市区町村と活動分野が指定できる

例えば→福井県福井市の「障がいのある方のために」、京都府長岡京市の「子どものために」、山口県宇部市の「お年寄りのために」

●特徴その2:地域課題解決のためのテーマが選択できる

例えば→群馬県の「行き場のない子どもたちをひとりぼっちにしない!」

●特徴その3:寄付グッズが選べる

例えば→宮城県の「むすび丸コラボピンバッジ」 宮城県のイメージキャラクターむすび丸とコラボしたピンバッジ。元気に遊ぶ子ども達をイメージしたかわいらしいバッジです。

--------------------------------------------------------------

★地域課題解決の取り組みご紹介★

「行き場のない子どもたちをひとりぼっちにしない! 

虐待などで家族と暮らせない子どもたちに寄り添い、自立を支援する活動」

【目標 100万円】児童自立援助ホーム ぐんま風の家

当ホームは、虐待などで行き場を失った子どもたちの生活の場です。親からの援助も学歴や資格もない15~19歳の子どもたちが、アルバイトをしながら毎日自立に向けて頑張っています。自立の第一歩を支え、ひとりぼっちではないと伝えたい。子どもたちの未来を、いっしょに見守ってください。

「むすび丸ピンバッジで被災地の子どもたちに遊具を贈ろう!!」

【目標600万円】宮城県共同募金会

宮城県内の沿岸地域では、公園の遊具が津波で流され、子どもたちが楽しく遊べる場所が減少しました。宮城県共同募金会では、被災地での子どもたちの遊び場整備を支援します。

■現在29テーマ、12グッズをホームページに掲載中(順次増加予定)3月31日まで

--------------------------------------------------------------

赤い羽根の「ふるサポ」であなたの大切なふるさとを応援しましょう。 

※弊会のホームページhttp://www.akaihane.or.jp/furusapo/からご寄付いただけます。

※ふるサポ公式Facebook更新中!https://www.facebook.com/akaihane.furusapo

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

児童自立援助ホーム ぐんま風の家

むすび丸ピンバッジ

遊具が全て津波によって流されてしまった沿岸被災地の小学校校庭

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース