◎iPoint紛争鉱物プラットフォームのユーザーが11,000社に

iPoint-systems社

2014/1/23 11:05

AsiaNet 55562

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

プレスリリース:iPoint紛争鉱物プラットフォームのユーザーが11,000社に

ロイトリンゲン(ドイツ) 、2014年1月20日発

紛争鉱物報告ソフトウェア分野のマーケットリーダーiPoint-systemsのユーザーは68ヵ国に及びます。

ソフトウェアのスペシャリストであるiPoint-systemsが偉業を達成しました。1月20日、11,000社目の企業がiPoint紛争鉱物プラットフォーム(iPoint Conflict Minerals Platform、iPCMP)のユーザーとして登録を行いました。「これは、iPointが紛争鉱物報告分野のソフトウェアのマーケットリーダーとしての地位を揺るぎないものにしたということです」とiPoint-systemsのCEO、Joerg Walden氏は述べています。iPCMPは2012年9月に導入、紛争鉱物に関わる法的要求の遵守における業界横断型のソリューションとして、その地位を固めてきました。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20080221/123456 )

iPointの顧客リストを見ると、世界中の多様な業界に属する企業が紛争鉱物問題に携わっており、実に68カ国の製造業者や供給会社、幅広い産業分野やあらゆる規模の企業がiPCMPに信頼を寄せています。中でも代表的な業種は、自動車、電子機器、航空宇宙、機械工学、造船、繊維、衣料品産業で、その規模は従業員数50人から数千人にまで及びます。iPointはこれらの企業に、その規模と報告要求に応じた適切なライセンスを提供しています。小規模企業向けの基本ライセンスは無償で提供されています。

2012年8月末に米国証券取引委員会が最終的な紛争鉱物規定を採用し、企業は自社製品における紛争鉱物の使用を開示する年次報告書の提出を義務付けられました。この義務はリストに挙げられている米国企業のサプライチェーン内に属する非米国企業にも適用されます。2012年9月のiPCMPの発売により、iPointは企業として初めて紛争鉱物報告の完成されたソリューションを提供しました。現在、欧州連合が紛争鉱物規制を立案中です。そのインパクトをより効果的に評価しようと欧州委員会の貿易総局(European Commission's Directorate-General for Trade)は、iPoint-systems に欧州の紛争鉱物戦略案の効果を分析するというタスクを依頼しました。iPointによる調査結果は、2014年上半期に公開予定です。

iPoint-systemsについて:

iPointは、製品の環境コンプライアンスと持続可能性において世界をリードするエキスパートであり、特にサプライチェーン全体にわたるデータの管理、追跡、報告を目的としたソフトウェア、コンサルティング、研修、サービスを取り扱っています。適応性の高い、包括的なiPointのソフトウェアソリューションは、お客様がコンプライアンスと持続可能性に取り組む際に求められる視認性と制御性を提供します。

問い合わせ先:

iPoint-systems社

Katie Boehme

Ludwig-Erhard-Str. 52-56

D-72760 Reutlingen

電話 +49-7121-144-89-60

Fax +49-7121-144-89-89

katie.boehme(at)ipoint-systems(dot)de

http://www.ipoint-systems.com

発信元: iPoint-systems社

11,000th Company Uses iPoint Conflict Minerals Platform

PR55562

REUTLINGEN, Germany, Jan. 20 /PRN=KYODO JBN/ --

iPoint-systems is market leader in the field of Conflict Minerals reporting

software / Customers from 68 countries

The software specialist iPoint-systems has reached a milestone: On 20th

January, the 11,000th company registered as a user of the iPoint Conflict

Minerals Platform (iPCMP). "This means iPoint has finally secured its position

as the market leader for software in the field of Conflict Minerals reporting,"

Joerg Walden, CEO of iPoint-systems, proudly explains. The iPCMP was launched in

September 2012 and has since established itself as the cross-industry solution

when it comes to complying with the legal requirements surrounding Conflict

Minerals.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20080221/123456 )

A glance at iPoint's list of customers shows that companies from various

industries all over the world are dealing with the issue of Conflict Minerals:

Manufacturers and suppliers from 68 countries, a wide range of industries and

companies of various sizes rely on the iPCMP. Among others, the automotive,

electronics, aerospace, mechanical engineering, shipbuilding, textile and

clothing industries are represented, including companies with less than 50

employees as well as companies with several thousand employees, for whom iPoint

offers suitable licenses depending on the company's size and reporting

requirements - the basic license for smaller companies has recently been made

free of charge.

Since the adoption of the final Conflict Minerals rule by the US Securities and

Exchange Commission SEC at the end of August 2012, companies are obligated to

submit annual reports disclosing the use of Conflict Minerals in their

products. This also affects non-American companies working within the supply

chain of a listed US company. With the launch of the iPCMP in September 2012,

iPoint was the first to offer a fully developed solution for Conflict Minerals

reporting. A Conflict Minerals legislative initiative is currently being drawn

up by the European Union. To assess its impact more efficiently, the European

Commission's Directorate-General for Trade charged iPoint-systems with the task

of analyzing the effects of a potential European Conflict Minerals initiative.

iPoint's study is due to be published in the first half of 2014.

About iPoint-systems:

iPoint is the world's leading expert in environmental product compliance and

sustainability, focusing on software, consulting, training, and services for

managing, tracking, and reporting data across the whole supply chain. iPoint's

adaptive and comprehensive software solutions give the visibility and control

customers seek in managing compliance and sustainability.

Contact and further information:

iPoint-systems gmbh

Katie Boehme

Ludwig-Erhard-Str. 52-56

D-72760 Reutlingen

Fon +49-7121-144-89-60

Fax +49-7121-144-89-89

katie.boehme(at)ipoint-systems(dot)de

info(at)ipointinc.com

http://www.ipoint-systems.com

Source: iPoint-systems gmbh

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中