◎アンゴラLNG、LPガス販売に乗り出す

Angola LNG Marketing Ltd

2014/1/29 16:30

AsiaNet 55663

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

プレスリリース

アンゴラLNG、LPガス販売に乗り出す

ソヨ(アンゴラ)、2014年1月29日:  アンゴラLNG(Angola LNG)は本日、ソヨにあるプラントより初の液化石油ガス販売をすると発表しました。このプラント工場は、アンゴラのオフショアガス資源から価値を生み出すため作られました。

     (ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130616/621759-a

     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140128/666844

最初の販売は、アンゴラ国有石油ガス会社のソナンゴル(Sonangol)社に向けてソヨ本船渡し(FOB)契約で、LPGキャリアBWブローカーが輸送を担当しました。LPGおよびコンデンセートは、アンゴラLNGの系列会社に販売されました。

積荷作業に先立ち、液化石油ガスとコンデンセート突堤の委託契約を結び、安全装置、係船装置、搭載機のテストが行われました。

この契約について、アンゴラLNGのCEOであるアーサー・ペレイラ氏(Artur Pereira)は「国際市場向けプロパンのLNG生産だけでなく、ブタンやコンデンセート 生産も商業活動の大事な部分です。液化石油ガスとコンデンセート生産は、国内および輸出市場のエネルギー需要を満たしてくれるでしょう。」とコメントしました。

液化石油ガス製油プラントに加え、アンゴラLNGの製油工場のインフラ設備は、88,000 m3 のプロパン用、59,000 m3 のブタン、108,000 m3のコンデンセート用タンクがあり、プロパン、ブタン、コンデンセート専用のローディング突堤と、国内市場用加圧ブタン用の突堤があります。

今日の発表は、アンゴラおよび輸出市場の新しいエネルギー資源を提供するということで、アンゴラの石油ガス資源の今後の発展にとって大きな節目となります。

アンゴラLNG 会社は、ソナンゴル(Sonangol)社、シェブロン(Chevron)社、BP、ENI、トータル(Total)社の合弁事業でガスの収集、製油、LNGおよびNGLの供給を行っています。製油プラントの寿命は30年以上です。

編集者への注:

アンゴラLNGは、アンゴラソヨにあるプラントから、天然ガス、プロパン、ブタンとコンデンセートに加え、年間520万トンのLNGの製油販売する予定です。製油プラントは、世界最新のLNG加工設備を持ち合わせています。アンゴラは、アフリカのサブサハラ地域における石油会社第二位の会社です。これまでは付随ガスが熱分解されタンクに収められてきましたが、アンゴラLNG では、新たな方法で排出物を減らしクリーンエネルギーを作り出します。

アンゴラLNG 会社の出資割合は、ソナンゴル社が22.8%、シェブロン社が36.4%、BPが13.6%、 ENIが13.6%、 トータル(Total)社が13.6%です。

100億米ドルをかけたアンゴラLNGのインフラ施設は、アンゴラのオイルおよびガス産業の単独投資としては過去最高額の一つとなっています。LNG専用輸送船7艘とローディング突堤3か所を持つアンゴラLNGの使命は、ガスフレア削減に貢献し、クリーンで安定したエネルギー供給により投資の運用益を最大化することです。

http://www.angolalng.com

詳細についての質問は、下記連絡先まで:

ロブ・フォイル(Rob Foyle)

コミュニケーション・アドバイザー

アンゴラLNG マーケティング社

電話 +44 7880 384 468

rob.foyle@angolalng.co.uk

Angola LNG Sells Its First LPG Cargo

PR55663

SOYO, Angola, January 29/PRN=KYODO JBN/ --

    

    Angola LNG today announced the sale of its first LPG cargo from its plant

in Soyo, the facility built to create value from Angola's offshore gas

resources.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130616/621759-a )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140128/666844 )

    The first cargo was sold to Sonangol, Angola's state oil & gas company, on

a Free on Board (FOB) Soyo basis and shipped by the LPG carrier BW Broker. All

LPG and condensate products have been committed for sale to the shareholder

affiliates of Angola LNG.

    The LPG and condensate jetty was commissioned immediately prior to

commencement of loading operations. Commissioning included the testing of

safety devices, mooring arrangements and loading arms.

    Commenting on the first cargo Artur Pereira, CEO, Angola LNG Marketing,

said: "In addition to LNG production for international markets propane, butane

and condensate production at Angola LNG is an important part of our operational

and commercial activity. Our LPG and condensate production will help to supply

both domestic and export markets with their energy needs."

    In addition to its LNG facilities Angola LNG's liquids infrastructure at its

production plant in Soyo includes storage tanks for 88,000 m3 of propane,

59,000 m3 of butane, and 108,000 m3 of condensate. It has a jetty dedicated to

propane, butane and condensate loading and a second jetty for pressurised

butane loadings which will serve the domestic market.

    Today's announcement marks a further milestone in the continued development

of Angola's oil and gas resources and provides a new source of energy for

Angola and export markets.

    Angola LNG Limited is an incorporated joint venture between Sonangol,

Chevron, BP, ENI and Total that will gather and process gas to produce and

deliver LNG and NGLs. The plant has an expected life of at least 30 years.

    Notes to editors:

    Angola LNG will gather, process, sell and deliver 5.2 million tons per year

of LNG - plus natural gas, propane, butane and condensate - from its plant in

Soyo, Angola; one of the world's most modern LNG processing facilities. Angola

is the second-largest oil producer in sub-Saharan Africa. Historically

associated gas has been flared or re-injected into the reservoirs, but Angola

LNG provides a solution to reduce emissions and establish a new source of clean

energy.

    Shareholders of Angola LNG Limited are Sonangol (22.8%), Chevron (36.4%),

BP (13.6%), ENI (13.6%), and Total (13.6%).

    At $10bn the Angola LNG infrastructure is one of the largest ever single

investments in the Angolan oil and gas industry. Offering a dedicated fleet of

seven LNG vessels and three loading jetties (LNG, liquids and compressed

butane) Angola LNG's mission is to contribute to the elimination of gas

flaring, provide clean and reliable energy to customers and maximize return on

investment.

    http://www.angolalng.com

    

    For more information contact:

    Rob Foyle

    Communications Advisor

    Angola LNG Marketing Ltd

    T +44-7880-384-468

    rob.foyle@angolalng.co.uk

    SOURCE: Angola LNG Marketing Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中