◎世界の偽物携帯電話の販売高は年間60億米ドル MMFが調査報告書発表

モバイル・マニュファクチュアラーズ・フォーラム

2014/2/4 13:02

◎世界の偽物携帯電話の販売高は年間60億米ドル MMFが調査報告書発表

AsiaNet 55693

共同JBN 0117 (2014.2.4)

【ブリュッセル2014年2月4日PRN=共同JBN】モバイル機器メーカーの国際組織モバイル・マニュファクチュアラーズ・フォーラム(Mobile Manufacturers Forum、MMF)が発表した調査研究報告によると、世界のブラックマーケットに出回っている偽物や低品質の携帯電話は1年間で60億米ドルに相当することが分かった。MMFの調査報告書は世界の偽物、低品質な携帯電話に関するこれまでで最も包括的なもので、世界の主な携帯電話ブランドが何か月もかけて分析してきた。

MMFのマイケル・ミリガン事務局長は「この調査研究は、2013年には実在の小売店を通じて1億4800万台の偽物や低品質の携帯電話が販売されたと推定しており、それよりもっと多くの偽携帯電話が非正規の小売アウトレット、オンラインのオークションサイト、ブラックマーケットで売られたと見ている」と語っている。

インドだけでも偽物携帯電話は携帯電話市場の20%を占めている。これは年間15億米ドルの販売損失につながり、8500万米ドルの直接税未収、4億6000万ドルの間接税未収が生じている。

ミリガン事務局長は「偽物携帯電話は安価な低品質の素材でできており、危険なレベルの鉛のような金属、化合物を含んでいることが分かっている」と述べている。

ユーザーはしばしば、安い携帯電話をインターネットで探して、それとは知らずに偽物の携帯電話を購入している。このウェブサイトhttp://www.spotafakephone.comは、潜在的に危険な偽物の携帯電話、バッテリー、充電器を見分け、購入を避けるのに役立つ。

以下は偽物電話を見分ける方法のいくつかである。

*IMEIナンバー:正規の携帯電話にはキャリア・ネットワークに登録する固有のシリアルナンバーが付いている。偽造電話の場合、他の複製だったり、無効のIMEIナンバーになったりしている。

*価格:余りに安い場合は恐らく偽造電話。

*低品質:印刷ずれ、ミススペリング、ラベルのゆがみなどは偽造のサイン。

詳細:Counterfeit/Substandard Mobile Phones - A Resource Guide for Governments http://www.mmfai.org/public/index.cfm?lang=eng

▽問い合わせ先

Michael Milligan, Secretary General, MMF

+852-6204-6219

michael.milligan@mmfai.org, http://www.mmfai.org

ソース:Mobile Manufacturers Forum

Counterfeit Mobile Phones a US$6 Billion a Year Drain on Global Economy

PR55693

BRUSSELS, Feb. 4/PRN=KYODO JBN/ --

    

    Black-market sales of counterfeit and substandard cellphones are a US$6

billion a year problem, a new in-depth report into the global counterfeit phone

problem has found. The MMF's report is the most comprehensive analysis of

counterfeit and substandard cell phones in the world to date and involves

months of analysis by the world's major cellphone brands.

    "Research estimates sales of around 148 million counterfeit or substandard

cellphones in 2013 through visible retail sites, with many more expected via

unofficial retail outlets, online auction websites and local black markets,"

Mobile Manufacturers Forum (MMF) Secretary General Michael Milligan said.

    In India alone counterfeits make up more than 20% of the cellphone market,

causing US$1.5 billion annually in lost sales, $85 million direct tax losses

and $460 million indirect tax losses.

    "Counterfeit phones are made with cheap sub-standard materials and have

been shown to contain dangerous levels of metals and chemicals like Lead," Mr.

Milligan said.

    People often unknowingly purchase fake cellphone products on the internet

when trying to find a cheaper price. The website http://www.spotafakephone.com

helps identify and avoid potentially dangerous fake cellphones, batteries and

chargers.

    Some of the tell tail signs of fake cellphones are:

    

    - IMEI Number. Genuine cellphones have unique serial numbers to register to

      a carrier network. Counterfeits often have duplicated or invalid IMEI

      numbers.

    - Price. If it sounds too good to be true, then it probably is.

    - Poor quality. Look for inaccurate printing, misspelled words, crooked

      label placement, signs of defective workmanship...

    For more details:

    Counterfeit/Substandard Mobile Phones - A Resource Guide for Governments

http://www.mmfai.org/public/index.cfm?lang=eng

    

    Contact:

    Michael Milligan, Secretary General, MMF

    +852-6204-6219

    michael.milligan@mmfai.org, http://www.mmfai.org

    SOURCE: Mobile Manufacturers Forum

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中