◎環境に優しい未来を建設する大胆な進路に乗り出すバカルディ社

バカルディ

2014/2/5 09:50

◎環境に優しい未来を建設する大胆な進路に乗り出すバカルディ社

AsiaNet 55676

共同JBN 0111 (2014.2.5)

【ハミルトン(バミューダ)2014年2月4日PRN=共同JBN】

世界最大の非上場の蒸留酒メーカーは野心的な環境保護イニシアチブ、グッド・スピリッテド(Good Spirited)を発表、2022年までに実現を目指す調達、包装、業務全般の目標を打ち出した-。

バカルディ社が事業を行っている場所ではどこでも、持続可能性は単に奨励されている、ということではなくて、その実現が期待されている。創立152周年を迎えた今日、一族が所有するバカルディ社は野心的な環境保護キャンペーンを全地球的規模で展開する。「Good Spirited:Building a Sustainable Future(持続可能な未来の建設)」はバカルディ社のブランドが販売されている世界150以上の市場で展開する。その中には75の事務所、27カ所の製造、ボトリング工場が含まれ、全従業員が関与する。

当プレスリリースに関係するマルチメディア向け資料は以下のサイトを参照。http://www.multivu.com/mnr/60948-bacardi-limited-good-spirited-sustainability-green-enviro-csr

世界最大の一族経営蒸留酒メーカーであるバカルディ社のエド・シャーリー社長兼最高経営責任者(CEO)は「私たちのブランド製品を製造するために利用されている自然資源を、価値を生み出しているあらゆる段階で保護することは当社の中心的責任である。私たちはこれまで常に高い基準を設定してきた。今また堅実な、環境に優しい土台を次のレベルに引き上げる」と述べた。

バカルディ社は2006年以降、同社の事業がどれだけ地球環境に負荷を与えているかを追跡調査してきた。以来、バカルディはエネルギー利用を25%削減、用水も54%削減した。これまで実現した環境に優しいプロジェクトには次のものが含まれる。プエルトリコのバカルディ・ラム酒製造における風力発電、樽洗浄用水の2次利用、使用済み樽の景観用再利用、イタリアでのマルティーニ・ベルモット酒製造における化石燃料から水力エネルギーへの転換、植物性廃棄物の肥料化および家畜用敷きわらへの再利用、スコットランドでのデュワーズおよびウィリアム・ローソンズ、スコッチウイスキーのブレンド・出荷センターでの省エネ、イングランドの歴史的製紙工場のバイオマス、水力発電エネルギー転換で、折り紙付きの環境に優しいボンベイ・サファイア、ジン醸造所への転換。

バカルディ社の広報・総務担当上席副社長で、企業の社会的責任も担当しているエリック・クラウス氏は「バカルディは全地球的な環境イノベーションをその遺伝子の一部だと考えている。当社の目標は自然から頂いたものは最低限、その分を環境に返すことだ。持続可能性のための基準を定めており、蒸留酒業界の他社も追随できる内容だ」と述べた。

現在実施中のプログラムと水・エネルギーの利用と温室効果ガス排出を削減する効率化に基づいて、新しいバカルディ社の全地球的プラットフォーム、Good Spirited: Building a Sustainable Futureは、同社が長年培ってきた企業の社会的責任遂行を強化するもので、3つの不可欠な分野で新しい目標を打ち出しでいる。

*責任ある調達:バカルディはすべての原材料と包装材を持続可能で再生可能、リサイクル資源で入手することに努め、同時に生産者や供給者の経済的ステータスの維持ないし向上を図る。フィジー島は上質のサトウキビ糖蜜の生産地だが、バカルディは現在同島のグレートシー・リーフを保護するための措置をとりながら持続可能なサトウキビ農家を支援するモデル事業を行っている。2017年までに、バカルディ・プレミアムラムの製造に認証された、持続可能なサトウキビ由来の生産物を40%利用するのが目標だ。2022年にはこれを100%にまで引き上げる。バカルディの約束は業界で最初の1つになる。

*グローバルパッケージング:バカルディはそのブランド包装にエコデザインや持続可能なポイント・オブ・セール材料を導入する。2017年までに包装材の重さを10%、2022年までに15%削減する。ガラスや紙の納入業者と協力し、環境に優しい包装を追求する。

*業務効率:バカルディは水の使用と温室効果ガス削減に引き続き焦点を当てる。2017年までに水の使用を55%削減し、温室効果ガスの排出を50%削減する。また引き続き、生産工程で使用済みの排水の革新的な利用を探る。さらに2022年までに全生産現場で埋め立てゴミの一掃を目指す。最近、プエルトリコにある世界最大のプレミアムラム酒の蒸留酒製造所で、ゴミ処理チームがトラック150台分のコンクリート廃棄物をリサイクル化し、埋め立て処理に回さなかった。コンクリート廃棄物は新しいブレンド工場ビルの建設資材として利用された。

バカルディ社は大手蒸留酒メーカーとして唯一、国際的に認知されたマネジメントシステムを有し、品質、環境保護、保健、安全面ですべての生産設備が2つの国際機関から全地球的に評価されている。1つは国際労働安全センター(Occupational Safety & Health Advisory Services 、OSHAS)、もう1つは国際標準化機構(International Organization for Standardization、ISO)である。名誉ある認証はバカルディが世界で最も素晴らしい経営をしているエリート企業のグループの一員であることを示している。

情熱の面では世界で6000人近い従業員が取り組んでいることだ。新しい持続可能性プラットフォームでは、従業員は自宅でも職場でも環境保護に参加し、個人的な成果をたどることができる。部屋の明かりを消すことや燃料効率のより自動車を運転する、などである。

シャーリー社長は「私たちは他社の手本になっており、消費者の信頼を勝ち得ている。私たちの顧客はバカルディが大きく環境やサプライヤー、従業員に配慮していることを知りながら、トップクオリティーの蒸留酒を楽しんでいる」と述べた。

バカルディにとっては、環境保護もビジネス上の利益をもたらす。会社の創立時代にさかのぼるアプローチだ。創業者のドン・ファクンド・バカルディ・マッソは1862年2月4日にサンティアゴデクーバで最初の蒸留所を開いた。スペイン政府からキューバの余剰糖蜜の削減を求められたことを出発点にBACARDIラム酒のビジネスを展開した。古いウイスキー樽 を再利用してラム酒を熟成させることは創業者自身の計画で、今日も行われている。

創業記念に際してバカルディ社は環境を保護し、同社が行うすべての事業で持続可能性を維持していることを祝福する。責任のあるサプライヤーとともに高い基準を設定し、包装を簡素化し、事業効率を上げることで、バカルディは今日と将来の消費者に期待され、ふさわしいこと、すなわち持続可能なグッドスピリッツを提供する。

「Good Spirited: Building a Sustainable Future」の詳細は以下のサイトを参照。

www.BacardiLimited.com/good-spirited

▽バカルディ社(Bacardi Limited)について

バカルディは世界最大手の非上場スピリッツメーカーであり、国際的に知られたスピリッツとワインを製造、販売している。バカルディのポートフォリオは、200以上のブランドとラベルで構成されている。その中には世界で最も好まれ多数の受賞歴を持つバカルディ(登録商標)ラム、スーパープレミアム・ウオツカの世界リーダー、グレイグース(登録商標)ウオツカ、世界で最も受賞歴があり、米国で最も売れ筋のブレンド・スコッチウイスキー、デュワーズ(登録商標)、世界でトップ評価を受け急速に伸びている最高級ジンのボンベイ・サファイア(登録商標)、ベルモットの世界リーダーであるベルモットと世界で好まれているイタリアのスパークリングワイン、マルティーニ(登録商標)、メキシコ最高級の100%ブルーアガヴェのテキーラとして米国で最も売れているカサドレス(登録商標)がある。その他有力で伸び盛りのブランドとしては、急成長するスコッチウイスキー・ブランドのウィリアム・ローソンズ(登録商標)、世界で急速に伸びているウオツカのエリストフ(登録商標)、スパープレミアム・エルダーフラワー・リキュールのサン・ジェルマンなどが含まれている。

バカルディは152年前の1862年2月4日キューバのサンティアゴデクーバで設立され、過去7世代にわたり一族が所有している。バカルディは現在、6000人近くを雇用し、4大陸の16市場にある27施設でブランドを製造し、世界150カ国以上で販売している。バカルディはBacardi International Limitedを含むバカルディ企業グループ。www.BacardiLimited.com

(C)2012 BACARDI

BACARDI、THE BAT DEVICE、およびこのメディア・リリースで言及した製品に関係するその他の商標は、BACARDI & COMPANY LIMITEDもしくは他のBACARDI LIMITED子会社の商標である。

ソース:Bacardi Limited

▽問い合わせ先

Patricia M. Neal or Amy Federman

+1-441-294-1110

afederman@bacardi.com

Bacardi Limited Charts Bold Course in Building a Sustainable Future

PR55676

HAMILTON, Bermuda, Feb. 4, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

- World's largest privately held spirits company unveils ambitious

environmental initiative called "Good Spirited" with specific goals in

sourcing, packaging and operations by 2022 -

   Everywhere Bacardi Limited does business, sustainability is something that's

not just encouraged - it's expected. Today, on the 152nd anniversary of its

founding, family-owned Bacardi rolls out an ambitious sustainability campaign

globally. Good Spirited: Building a Sustainable Future launches across the more

than 150 markets where Bacardi sells its brands, including more than 75 offices

and 27 manufacturing and bottling facilities, touching each employee.

   To view the multimedia assets associated with this release, please click:

http://www.multivu.com/mnr/60948-bacardi-limited-good-spirited-sustainability-green-enviro-csr

   "Protecting the natural resources we use to create our brands, at every step

along the value chain, is central to our corporate responsibility," says Ed

Shirley, President and CEO of Bacardi Limited, the world's largest privately

held spirits company. "We've always set the bar high. Now, we're taking our

solid, sustainable foundation to the next level."

   Since the Company began tracking its global impacts on the environment in

2006, Bacardi has reduced energy use by more than 25 percent and water use by

54 percent. Some sustainable projects to date include using wind power for

BACARDI rum in Puerto Rico, repurposing water used to clean barrels, mulching

retired barrels for use on landscaping, switching from fossil fuel to hydro

energy for MARTINI vermouth production in Italy, transforming leftover

botanicals into fertilizer and livestock bedding, creating an energy efficient

blending and shipping center in Scotland for DEWAR'S and WILLIAM LAWSON'S

Scotch, and transforming the historic Laverstoke Mill in England to a

green-certified distillery for BOMBAY SAPPHIRE gin that will be powered using

biomass and hydro-electrical energy sources.

   "Bacardi considers global environmental innovation part of its DNA," says

Eric Kraus, Senior Vice President, Chief Communications and Corporate Affairs

Officer, who leads Bacardi corporate social responsibility initiatives. "Our

goal is to return to the environment at least as much as we take away. We're

setting a sustainability standard for others in the spirits industry to follow."

   Building on current programs and efficiencies that reduce water and energy

use and greenhouse gas emissions, the new Bacardi Limited global platform, Good

Spirited: Building a Sustainable Future, reinforces the Company's years of

leadership in corporate social responsibility - and sets specific, new goals in

three vital areas:

-- Responsible Sourcing: Bacardi strives to obtain all raw materials and

   packaging from sustainably sourced, renewable or recycled materials while

   maintaining or enhancing the economic status of growers and suppliers. In

   Fiji, a source of high quality sugarcane molasses, Bacardi currently

   supports model, sustainable sugarcane farms that take measures to protect

   the islands' Great Sea Reef. By 2017, the goal is to obtain 40 percent of

   the sugarcane-derived products used to make BACARDI premium rums from

   certified, sustainable sources - and 100 percent by 2022. This pledge from

   Bacardi is an industry first.

-- Global Packaging: Bacardi commits to use eco-design to craft sustainability

   into its brand packaging and point-of-sale materials. By 2017, Bacardi plans

   to reduce the weight of its packaging by 10 percent and achieve 15 percent

   by 2022. Bacardi collaborates with its partners - including glass and paper

   suppliers - to make packaging more environmentally friendly.

-- Operational Efficiencies: Bacardi continues to focus on reducing water use

   and greenhouse gas (GHG) emissions with a 2017 goal to cut water use by 55

   percent and GHG emissions by 50 percent. The Company further seeks

   innovative treatments for water left over from production. In addition,

   Bacardi aims to eliminate landfill waste at all of its production sites by

   2022. Recently, at the world's largest premium rum distillery in Puerto

   Rico, demolition crews recycled more than 150 truckloads of concrete without

   sending any debris to landfills. The concrete is being reused in the

   construction of new blending facilities.

   Bacardi Limited is the only major spirits company to be certified with

internationally-recognized management systems for quality, environment, health

and safety -  for all its production facilities globally -  by both the

Occupational Safety & Health Advisory Services (OSHAS) and the International

Organization for Standardization (ISO). The prestigious achievement places

Bacardi Limited among an elite group of the world's best-run companies.

   Part of the passion is involvement by nearly 6,000 Bacardi employees around

the world. As part of the new sustainability platform, employees can track

their personal progress at home and at work in caring for the environment -

from turning out lights when leaving a room to driving more fuel-efficient cars.

   "We're leading by example, building consumer confidence and trust. Our

customers can enjoy our top-quality spirits brands knowing Bacardi cares a

great deal about the environment, our suppliers and our employees," adds

Shirley.

   For Bacardi, sustainability is good business - an approach that dates back

to the very beginning of the Company. Bacardi founder, Don Facundo Bacardi

Masso, opened his first distillery on February 4, 1862, in Santiago de Cuba. He

built the business on a challenge from the Spanish government to reduce surplus

amounts of molasses in Cuba, leading to the crafting of BACARDI rum.

Repurposing old whiskey barrels to age his rum was also part of the founder's

original plan, a practice still in use today.

   On this anniversary of its founding, Bacardi Limited celebrates that legacy

by continuing to protect the environment and incorporating sustainability into

everything it does. By raising the bar with responsible suppliers, streamlined

packaging and more efficient operations, Bacardi gives consumers of today - and

the future - more of what they expect and deserve: sustainably good spirits.

   To learn more about Good Spirited: Building a Sustainable Future, visit

www.BacardiLimited.com/good-spirited.

   About Bacardi Limited

   Bacardi Limited, the largest privately held spirits company in the world,

produces and markets internationally recognized spirits and wines. The Bacardi

brand portfolio comprises more than 200 brands and labels, including BACARDI(R)

rum, the world's best-selling and most-awarded rum, as well as the world's

most-awarded spirit; GREY GOOSE(R) vodka, the world's leading super-premium

vodka; DEWAR'S(R) Blended Scotch whisky, the world's most-awarded blended

Scotch; BOMBAY SAPPHIRE(R) gin, the top-valued and fastest-growing premium gin

in the world; MARTINI(R) vermouth and sparkling wines, the world's leading

vermouth and the world's favorite Italian sparkling wines; CAZADORES(R) 100%

blue agave tequila, one of the most popular premium tequilas in Mexico and the

United States; and other leading and emerging brands including WILLIAM

LAWSON'S(R), the fastest-growing global Scotch whisky brand; ERISTOFF(R) vodka,

one of the fastest-growing vodka brands in the world; and ST. GERMAIN(R), a

super-premium elderflower liqueur.

   Founded 152 years ago in Santiago de Cuba on February 4, 1862, family-owned

Bacardi employs nearly 6,000 people, manufactures its brands at 27 facilities

and sells in more than 150 countries. Bacardi Limited refers to the Bacardi

group of companies, including Bacardi International Limited.

www.BacardiLimited.com

   (c)2014 BACARDI

BACARDI, THE BAT DEVICE & OTHER MARKS RELATED TO PRODUCTS IN THIS NEWS RELEASE

ARE TRADEMARKS OF BACARDI & COMPANY LIMITED OR OF OTHER SUBSIDIARIES OF BACARDI

LIMITED.

   SOURCE:  Bacardi Limited

   CONTACT: Patricia M. Neal/Amy Federman, +1.441.294.1110,

afederman@bacardi.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中