◎労働人口「デジタル・チャター」による国際企業のリスク

EFコーポレート・ランゲージ・ラーニング・ソルーションズ

2014/2/12 12:05

AsiaNet 55768

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

労働人口「デジタル・チャター」による国際企業のリスク

【ロンドン2014年2月6日PRニュースワイヤー】‐‐

*企業ブランドは現在、従業員の「デジタル・チャター」により定義され、新たなレポートによると、今日の労働人口のわずか37%が適切なスキルを持ち合わせています。

基本統計:

・ 回答者の84%は、ソーシャルメディアがコミュニケーションの本質を変えていると語っています。

・ 回答者の 83%は、ソーシャルメディアの重要性は今後3年間で高まると考えています。

・ しかしながら、現在の労働人口のわずか37%が、デジタル時代に必要な言語・ソーシャルメディアのスキルを持っています。

一流学者のマイケル・ヒューム (Michael Hulme) 教授とエデュケーション・ファースト・コーポレート・ランゲージ・ラーニング・ソリューションズ (Education First Corporate Language Learning Solutions) (EF CLLS)* が本日発表したレポートによると、ビジネス専門家の5分の4(84%)は、ソーシャルメディアがコミュニケーションの本質を変えていると考える一方で、今日の労働人口のわずか3分の1 (37%) が、デジタルチャネルを介した効果的な意思疎通を図るために必要な英語力を持っています。有益なデジタル・コミュニケーション・エクスペリエンスの提供を先導しているのは、動機付けとなる、新しい人口統計の「Linguarati (リングアラチ)」です。これらの従業員は、ソーシャルメディア上で効果的に意思疎通を図るために必要な、英語水準およびデジタル・ノウハウを持っており、スキルの向上にも意欲的です。

同レポートの調査結果についてEF CLLSのCMOを務めるアンディ・ベイリ- (Andy Bailey) 氏は「ソーシャルメディアは根本的に、顧客がブランドと情報をやり取りする方法を変え、企業はその変化に対応するために、能力のある労働人口を持ち合わせる必要があります」と語りました。

ヒューム教授は 「企業は少数だけではなく、多数を訓練する必要があります。『Linguarati』のみを訓練した場合、企業は弱い分野を持つことになります。語学力を向上させようという、多くの従業員の意欲をうまく利用しなければ、国際競争力および企業のグローバル・ブランドに影響を与えます」と付け加えました。

デジタル・ソーシャルメディアは個人およびプロ・レベルの両方のコミュニケーションを支配するようになりました。同レポートによると、全従業員の82%が現在、職場でソーシャルメディアを、ある程度使用しています。このシフトは、デジタル・コミュニケーションの「パーマネント・フットプリント (permanent footprint) 」 を考慮する企業にとって新たなリスクとなりまた、ソーシャルメディアが受け入れる、素晴らしいコミュニケーションの機会を提供します。またさらに、従業員のプライベートな会話は、FacebookやLinkedInのプロフィール・ページ上に公開されている情報を通じて、就業場所まで遡ることができます。

同レポートでは、企業が外の世界とデジタル会話をした合計を記載した「レピュテーショナル・リソース (Reputational Resource) 」の用語を作成しています。この用語の長所は、従業員の英語およびデジタル・コミュニケーション・スキルにより左右する点です。企業の「レピュテーショナル・リソース」にとって最大のリスクをもたらす従業員は、ソーシャルメディア上ではとても活動的でありながら、英語力が非常に低い 「ルーズ・キャノンズ(Loose Cannons)」と呼ばれています。

調査によると、企業は有益なデジタル・コミュニケーションにおいて、先進的な顧客を通した企業のグローバル・ブランドに貢献する例として、「Linguarati」に期待を寄せるべきです。「Linguarati」は新しく、オンラインとオフラインの両方でつながっており、英語が堪能な場合においても、語学能力のさらなる向上にコミットしています。

しかし、従業員の85%の多くが、英語力を高めたいと希望する一方で、企業のほんの46%が現在、従業員の英語力向上に対する熱意をサポートするため、語学訓練を提供しています。この傾向は、事業がグローバル・ブランドに対するコントロールを再び取り戻し、オンライン・レピュテーションを効率よく管理するため、是正される必要があります。

レポートによると、企業が従業員の現在の技能格差を是正するためには、以下の4つのカギがあります。企業はさまざまな種類のメディアにわたって、英語表現が可能な、ハイパー・コネクティビティに直面しなければなりません。企業はまた、キャリア開発の一環として、スタッフ全員の技能が、個人的な「既存市場 (market ready) 」であることを推奨し、スキルの向上に寡黙なスタッフをサポートする必要があります。企業は、デジタル・ワールドに適切な英語力を養い、デジタルおよびソーシャルメディア・スキルを区別してはなりません。最後に、企業は個々の学習スタイルに合わせた学習機会を提供する必要があります。

詳しい情報は (http://www.linguarati.com) を参照してください。

*レポートについて

同レポートは複数のソースを活用し、著者はソーシャル・フューチャーズ・オブザバトリーのマイケル・ヒューム (Michael Hulme) 教授です。サポーティング・マテリアルは、レッドシフト・リサーチ (Redshift Research) が実施した国際調査研究を含む、学術的、商業的、公共などの幅広いソースから引き出されています。同調査では、10カ国にわたる、1023人のビジネス専門家への聞き取り調査を実施しました。調査対象者のすべては大規模な組織で働き、仕事の一環として、少なくとも海外で働く人々とある程度のつながりを持つ、意思決定に責任を持つ実業家たちです。

EFコーポレート・ランゲージ・ラーニング・ソルーションズについて      EFコーポレート・ランゲージ・ソルーションズは、EFエデュケーション・ファースト傘下の企業で、多国籍ビジネスや公共機関を対象とした企業向け語学研修の分野における、世界有数のリーダーです。当社の研修ソルーションが確実な結果をもたらすことはこれまでに繰り返し証明されており、そのことから世界中の1,500以上の組織と2千万人以上の生徒が、当社へ信頼を寄せています。世界50ヶ国以上に支部を展開し、英国のケンブリッジと米国のボストンに重役向けの語学研修機関を構え、世界最先端のオンライン/オンデマンド語学学校を運営するEF CLLSは、語学研修への投資に対して、業界でも最高の利益率を実現します。EFは現在、2014年ソチ冬季オリンピックの公式語学研修サプライヤーおよび、2008年北京オリンピックの公式語学研修サプライヤーを務めています。

EFコーポレート・ランゲージ・ラーニング・ソルーションズの詳細については、ウェブサイトhttp://www.ef.com/corporateをご覧ください。

連絡先:サラ・ニューコンブ(Sarah Newcombe)+44(0)207-341-8500。

情報源: EFコーポレート・ランゲージ・ラーニング・ソルーションズ

Workforce 'Digital Chatter' Puts International Businesses at Risk

PR55768

LONDON, Feb 11, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

     With company brands now being defined by employee 'digital chatter', new

report finds only 37% of today's workforce is appropriately skilled

    KEY STATISTICS:

    - 84% of respondents feel social media has changed the nature of       

communications

    - 83% see social media increasing in importance in the next three years

    - However, only 37% of the current workforce has the language and social

media skills needed for the digital age

    Although four fifths (84%) of business professionals think social media has

changed the nature of communications, only a third (37%) of today's workforce

have the English language skills required to communicate effectively through

digital channels, according to a report published today by leading academic

Professor Michael Hulme and Education First Corporate Language Learning

Solutions (EF CLLS)*. Leading the way in providing a positive digital

communications experience are a young, motivated demographic - the

"Linguarati". These employees have the level of English language proficiency

and digital know-how to communicate effectively on social media and are eager

to improve their skills.

    Commenting on the findings of the report, Andy Bailey, CMO of EF CLLS,

said: "Social media has radically changed the way that customers interact with

brands, and businesses need to ensure they have the caliber of workforce to

respond to that change."

    Professor Hulme added "businesses should train the many, not the few. If

you train only the Linguarati you will have areas of weakness. Failing to take

advantage of many employees' appetite to improve their language skills could

affect the international competitiveness and global brand of your business."

    Digital and social media have come to dominate communications at both a

personal and professional level. The report found that 82% of all employees are

now using social media to some extent at work. This shift represents a new risk

for businesses given the 'permanent footprint' of digital communication, and

the greater opportunity for miscommunication that social media allows. Even

employees' personal conversations can be traced back to their place of work

through information published on Facebook or LinkedIn profile pages.

    The report coins the term Reputational Resource to describe the sum of the

digital conversations a business has with the outside world. The strength of

this resource is dependent on the English language and digital communication

skills of its employees. Those employees who pose the greatest risk to a

business' Reputational Resource were those who are very active on social media,

yet have very low English proficiency, termed the 'Loose Cannons'.

    According to the research, businesses should be looking to the Linguarati

as the example to help boost the global brand of their business through

engaging customers in positive digital communications. The Linguarati are

young, connected both online and offline and committed to further improving

their language skills despite being fluent in English.

    However, whilst a significant 85% of employees aspire to improve their

English language skills, a mere 46% of companies are currently supporting these

ambitions through the provision of language training. This trend needs to be

rectified for organisations to regain control of their global brands and manage

their reputations online effectively.

    There are four key ways businesses can rectify the current employee skills

gap, according to the report. Businesses must face up to hyper-connectivity by

being capable of representing themselves in English across many different types

of media. They must also support staff members who are reticent to improve

their skills by encouraging all staff levels to be personally 'market ready' as

part of their career development. Businesses should develop English language

skills appropriate for the digital world, and not keep the digital and social

media skills separate. Finally, they should offer learning opportunities

tailored to individual learning styles.

    For further information visit: http://www.linguarati.com

    *About the report

    The paper draws on a number of sources and is authored by Professor Michael

Hulme from the Social Futures Observatory. Supporting material is drawn from a

wider range of academic, commercial and public sources, including the

international research study undertaken by Redshift Research. The study polled

1,023 business professionals across 10 countries. All of those surveyed were

business people with decision making responsibilities, working in large

organisations who had at least some level of contact with people working

overseas as part of their job.

    About EF Corporate Language Learning Solutions

    EF Corporate Language Learning Solutions, an EF Education First company, is

the world leader in corporate language training for multinational businesses

and public sector organizations. Over 1,500 organizations and 20 million

students worldwide have put their trust in us for a reason - we have proven

time and again that our training solutions generate real results. With a

worldwide network of offices in over 50 countries, executive language

institutes in Cambridge, UK and Boston, USA and the world's most advanced

online, on-demand language school, EF CLLS provides the highest returns on

language training investments. Currently, EF is the Official Language Training

Supplier of the Sochi 2014 Winter Olympics and served as the Official Language

Training Supplier of the Beijing 2008 Olympic Games.

    For more information on EF Corporate Language Learning Solutions please

visit: http://www.ef.com/corporate

    Contact:

    Sarah Newcombe

    +44(0)207-341-8500

    SOURCE: EF Corporate Language Learning Solutions

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中