■シナジー開発第一弾 中低層建物向け耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース」共同開発

大和ハウス工業

2014/2/17 16:00

2014/2/17

大和ハウス工業株式会社

株式会社フジタ

■シナジー開発第一弾

中低層建物向け耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース」共同開発

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)と株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司、以下「フジタ」)は、中低層(3~4階建)のサービス付き高齢者住宅など様々な建物に適用可能な耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース -平鋼を角形鋼管で座屈拘束した耐震ブレース-」を共同開発、2014年3月より建物への採用を開始します。

当技術は、2013年11月に一般財団法人 日本建築総合試験所において建築技術性能証明(※1)(GBRC 性能証明 第13-21)を取得しています。

※1. 新しく開発された建築技術の性能を第三者の立場から評価し、その技術が保有する性能について性能証明書を発行するもの。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中