◎CorsecがUC APL検証サービスを世界に拡大

Corsec

2014/2/19 09:42

◎CorsecがUC APL検証サービスを世界に拡大

AsiaNet 55842

共同JBN 0172 (2014.2.18)

【フェアファクス(米カリフォルニア州)2014年2月18日PRN=共同JBN】

*CorsecはUC APLリスト入りへの成功の道のりを提供し、米国防総省の市場をIT製品に開放する。

サードパーティーのセキュリティー認証を通じて新しい市場へのアクセスを提供する世界リーダー企業であるCorsecは18日、統合機能認定製品リスト(Unified Capabilities Approved Product List、UC APL)認証サービスの提供を世界に拡大すると発表した。Corsecの拡大サービスは米国国防総省(DoD)市場およびその関連収益機会に効率よくアクセスできるIT製品を製造する企業に提供される。

CorsecはUC APLのリスト作成プロセスを通じて多数の顧客を既に支援しているが、UC APLリソースのライブラリー作成、セキュリティー技術導入ガイド(Security Technical Implementation Guide、STIG)の支援、相互運用テストコマンド(Joint Interoperability Test Command、JITC)テスト、ターンキー・ソリューションの提供を含むUC APL作成実務のサービスを拡大する。Corsecの総合認証ソリューションは、国防総省にIT製品を売却する必要条件となるUC APLリスティングを達成するための計画および必要なすべての手続きをカバーしている。

Corsecのマシュー・アプラー最高経営責任者(CEO)は「米国防総省は、企業にとって大幅で経常的、かつ安定した収益をもたらす可能性のある生産が可能となる単一の最大市場の1つである。業界の最大のUC APL専門家集団を擁するCorsecは、企業がその投資に対して大幅な利益をもたらす信頼性があるリスト作成を支援する」と語った。

国防総省は、その機関が既にリストに掲載された製品の購入ないしはリストに掲載されていない製品のテストを後援することによる新規調達のためにUC APLを使用することを義務づけている。国防総省は、国防情報システム局(Defense Information Systems Agency、DISA)が維持するネットワークを構築する際にUC APLから調達先を徴用しなければならない。ベンダーにとっても同様に重要なことは、製品がUC APLに掲載されることは厳格なテストとセキュリティー基準を満たしていることを示しており、同製品を民間セクターでもより販売しやすくなるという事実である。

アプラーCEOは「UC APLリスティングプロセスを何度も指導し、それに必要な要件、ラボテスト・プロセス、落とし穴、さらにはスポンサーとの適切なかかわり方に熟知した企業と連携することは、企業がお役所手続きを回避でき、UC APLに掲載される大きな特典を提供する。Corsecはこの15年で、顧客が350件以上のFIPS 140-2、コモンクライテリア(Common Criteria)、UC APL認証を獲得することを支援し、企業が国防総省内にある収益可能性にアクセスすることを支援できる唯一の企業である」と語った。

▽Corsecについて

Corsecはサードパーティーのセキュリティー検証・認証ソリューションを通じて新たな市場へのアクセスを提供する世界リーダー企業である。Corsecは、100万時間を超える検証サービスを提供し、350件以上のFIPS 140-2、コモンクライテリア、UC APL認証を達成し、5大陸に数百の顧客を抱えている。詳細はウェブサイトwww.corsec.comを参照。

ソース:Corsec

▽問い合わせ先

Right Source Marketing,

Mike Sweeney,

+1.888.512.0451,

mike@rightsourcemarketing.com

Corsec Launches Global Expansion of Unified Capabilities Approved Product List (UC APL) Validation Services

PR55842

FAIRFAX, Va., Feb. 18, 2014 /PRN=KYODO JBN / --

-- Company Provides Path Towards Successful UC APL Inclusion, Opening United

States Department of Defense Market for IT Products

Corsec, the world's leader in providing access to new markets via third party

security validations, today announced the global expansion of its Unified

Capabilities Approved Product List (UC APL) certification services. Corsec's

expanded service provides companies that produce IT products streamlined access

to the United States Department of Defense (DoD) market and the associated

revenue opportunities.

Having already helped numerous clients through the UC APL listing process,

Corsec is expanding its UC APL practice offering, including the creation of a

library of UC APL resources, assistance with Security Technical Implementation

Guide (STIG) requirements, Joint Interoperability Test Command (JITC) testing,

and a turnkey solution offering. Corsec's comprehensive validation solutions

cover planning and all necessary steps to achieve a UC APL listing, a

prerequisite for selling IT products to the DoD.

"The United States Department of Defense represents one of the largest single

markets available to product companies, with large, recurrent, and stable

revenue possibilities," stated Matthew Appler, Corsec CEO. "With the largest

stable of UC APL experts in the industry, Corsec helps companies successfully

secure listings that can result in a massive return on their investments."

DoD mandates that its agencies use the UC APL for new acquisitions, either by

purchasing already-listed products, or sponsoring unlisted products for

testing. Maintained by the Defense Information Systems Agency (DISA), the DoD

must draw from the UC APL when it builds its networks. Equally important for

vendors is the fact a product's placement on the UC APL indicates that it has

met rigorous testing and security standards, making it more marketable in the

private sector, as well.

"Working with a firm that has navigated the UC APL listing process numerous

times-and that is familiar with the requirements, lab testing process and

pitfalls, and the correct way to engage sponsors-helps companies avoid red tape

and provides a huge advantage to getting listed on the UC APL," said Appler.

"Having secured more than 350 FIPS 140-2, Common Criteria and UC APL

certifications for our clients in the last 15 years, Corsec is uniquely

positioned to help companies access the revenue potential inside the DoD."

About Corsec

Corsec is the world's leader in providing access to new markets via third party

security validations and certifications solutions.  Corsec's 15-year track

record includes more than one million hours of validation services delivered,

more than 350 completed FIPS 140-2, Common Criteria and UC APL certifications,

and hundreds of clients on five continents. For more information, visit

www.corsec.com.

SOURCE: Corsec

CONTACT: Right Source Marketing,

         Mike Sweeney,

         +1.888.512.0451,

         mike@rightsourcemarketing.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中