◎エネルギー価格の不安定性および不況が気候変動問題にかわり初めてエネルギー問題の最重要課題に - 世界エネルギー会議

世界エネルギー会議

2014/2/19 10:10

AsiaNet 55798

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

エネルギー価格の不安定性および不況が気候変動問題にかわり初めてエネルギー問題の最重要課題に - 世界エネルギー会議

ヨハネスブルク、2014年2月18日/PRニュースワイヤー/ --

世界エネルギー会議(World Energy Council, WEC)が公表した「2014年世界エネルギー課題モニター(World Energy Issues Monitor)」報告書によれば、エネルギー価格の不安定性が、これまでの気候変動問題にかわって、初めて世界のエネルギー問題における最重要課題となりました。

気候変動問題に関わる枠組みの不確実性については、これまでと同様重要課題と認識されてはいるものの、その影響に対するエネルギー分野のトップらの評価は、過去3年間の調査と比べて低下しています。一方、二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)はエネルギー分野に対して限定的な影響力しかない技術であると未だ考えられており、過去3年間に見られたはっきりとした傾向が継続しています。

報告書発表の場で、WEC事務局長クリストフ・フライ氏(Christoph Frei)は、次のように見解を述べました。

「気候変動枠組みとCCUSの影響力の大きさに対する認識がこれまでより低下したことは、二酸化炭素排出削減のみならず、強靭なエネルギーインフラを開発するという観点からも残念なことです。エネルギーシステムは大発展、大変革の時期を迎えています。今回の調査結果は、将来の投資を計画する上で必要な、より強固で、整合性があり、長期的な枠組みを急いで作らなければならない、ということをはっきりと示しています。」

さらに、長引く不況下において、エネルギーインフラに対する投資資金をエネルギー業界が資本市場から十分調達しうるかについて、エネルギー分野のトップらがますます懸念を深めていることも、今回のWECの調査で明らかになりました。

一方、再生可能エネルギーやエネルギー効率向上は引き続きの関心事項ですが、欧州や北米よりも、エネルギー需要が急速に伸びている中東においてより大きく関心が高まってきています。大規模水力発電は、中央アフリカ、ラテンアメリカ、ロシアそしてカナダでも大きな開発余地が残っており、改めて検討課題として取り上げられるようになりました。

「2014 年世界エネルギー課題モニター」報告書は、84ヶ国におよぶ、大臣、最高経営責任者やWEC国内委員会の会長など800名を超えるエネルギー分野のトップの意見を集約した、6ヶ月に及ぶ調査研究の成果です。 報告書は、世界規模でのエネルギーに関する課題を考察するとともに、世界6地域および24か国におけるトレンドや展望についても分析しています。

地域ごとに課題認識に大きな違いがあることについても焦点を当てています。エネルギー価格以外の、各地域における最重要課題は次の通りです。

・アフリカ:気候変動枠組み、物価上昇

・アジア:再生可能エネルギー

・ヨーロッパ:世界的不況

・ラテンアメリカとカリブ海地域:物価上昇、資本市場

・中東および北アフリカ:エネルギー効率向上、再生可能エネルギー

・北アメリカ:原子力、資本市場

報告書は次のサイトからダウンロードできます。 http://www.worldenergy.org/publications

情報提供: 世界エネルギー会議

Energy Price Volatility and Recession Have for the First Time Replaced Climate Framework as the Top Issue for Energy Leaders - World Energy Council

PR55798

JOHANNESBURG, Feb. 18, 2014 /PRN=KYODO JBN/--

    High energy price volatility has for the first time replaced global climate

framework as the top critical uncertainty driving the world energy agenda,

according to the 2014 World Energy Issues Monitor, released by the World Energy

Council (WEC).

    Global climate framework uncertainty, while still is a key issue, is now

perceived by energy leaders to have less impact than in the previous three

years of the study. Meanwhile, carbon capture, utilisation and storage (CCUS)

is still viewed as a technology with only a limited impact on the energy

sector, continuing the clear trend over the past three years.

    Speaking at the report launch, Christoph Frei, WEC Secretary General, said:

    "The fact that both climate framework and CCUS are perceived to be issues

of less impact is bad news not only in terms of emissions mitigation, but also

for the development of robust and resilient energy infrastructure.  Our energy

systems are in a state of massive expansion and transition, and the signals we

see today provide clear evidence of the urgent need for more robust, coherent,

long-term frameworks for planning our future investment."

    The WEC study further finds that energy leaders are increasingly concerned

about the sector's ability to access the capital markets for funds towards

energy infrastructure, when set against a continued recessionary backdrop.

    Meanwhile, renewable energy and energy efficiency continue to be of

concern, with growth shifting from Europe and North America to the Middle East

where demand is rapidly rising. Large hydropower is back on the agenda with

significant unrealised potential in central Africa, Latin America, Russia, and

Canada.

    The 2014 World Energy Issues Monitor is a six-month study capturing the

views of over 800 energy leaders including ministers, chief executives and the

heads of the WEC's national members committees covering 84 countries.  The

report looks at the global energy agenda and analyses the trends and outlook in

six world regions plus 24 countries.

    The study highlights strong regional variations. In addition to energy

prices, the top regional critical uncertainties are:

    - Africa: climate framework, commodity prices

    - Asia: renewable energy

    - Europe: global recession

    - Latin America & Caribbean: commodity prices, capital markets

    - Middle East & North Africa: energy efficiency, renewable energy

    - North America: nuclear energy, capital markets

    Download the report: http://www.worldenergy.org/publications

    SOURCE: World Energy Council

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中