◎Apexが欧州でレスメドに対し異議申し立て訴訟

Apex Medical Corp.

2014/2/20 14:20

◎Apexが欧州でレスメドに対し異議申し立て訴訟

AsiaNet 55869

共同JBN 0186 (2014.2.20)

【デュッセルドルフ(ドイツ)2014年2月20日PRN=共同JBN】呼吸療法、圧力域ケア分野の有力プレーヤーであるApex Medical Corporation(APEX、TWSE: 4106)は次のようなプレスリリースを発表した。

Apexはドイツ・デュッセルドルフで2014年2月19日に行った記者会見で、レスメド(ResMed)の4件の特許について欧州特許局(EPO)とドイツ連邦特許裁判所、ドイツ特許商標局に異議申し立て手続きを開始したと発表した。異議を申し立てたレスメドの特許には2013年11月にドイツでレスメドがApexに対して自社の正当性を主張した特許が含まれている。

欧州で始まった訴訟はレスメドのいくつかの特許についてApexが米国で2013年8月に開始した非難に続くもので、このときレスメドはApexその他のメーカーなど競争相手を訴えることで対抗した。Apexは米特許商標局(USPTO)に対し『当事者系レビュー』プロセスを通じてレスメドの米国特許6件の正当性を再考、再審査するよう要求した。この訴えは現在、USPTOで審理中である。

2013年9月、Apexは新しいiCHシリーズ、XTシリーズの継続気道陽圧(CPAP)装置、Wizard 210、Wizard 220マスクを含む新しい睡眠障害治療製品を導入した。これらの製品は臨床効果、ユーザーへのやさしさ、設計の改良で顧客、ユーザーから歓迎されている。

Apex Medical Europeのマネジングディレクターであるジョン・ジョーレギ氏は「閉塞性睡眠時無呼吸と診断され、この病気に苦しんでいる患者は高品質で信頼でき、コスト効率のよいCPAP製品ソリューションにアクセスする自由を持つべきだ」と語っている。しかし、患者とプロバイダーは効力のない、つまらない特許によってこのような代替療法へのアクセスを妨げられるだろう。同氏はさらに「これらの特許に異議を申し立てるわが社の努力は競争する健全な市場のためになるだろう。競争は最終的にはエンドユーザーに利益をもたらす最終結果で市場の力を推進するものである」と付け加えている。記者会見でApexは競争の完全自由化のためにすべての主要市場で継続的にがらくた特許への異議申し立てを行う意向も表明した。

ジョン・ジョーレギ氏は、合法的な知的財産は尊重すべきだというApexの基本方針を報道陣に繰り返し述べるとともに、「Apexは創意に富んだリーズナブルな価格のCPAP関連製品を市場に提供、供給するためにこの10年間にわたり努力と集中を注いできた。わが社は無効な特許に支配されることに関するいかなる嫌がらせに対しても戦う決意である」とコメントしている。

▽問い合わせ先

Jon Jauregui

Managing Director

Apex Medical Europe

Tel: +34-94-4706408

Jon.jauregui@apexmedical.es

ソース:Apex Medical Corp.

Apex Embarks on Counter Actions Against ResMed in Europe

PR55869

DUSSELDORF, Germany, Feb. 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

Apex Medical Corporation (APEX, TWSE: 4106) a leading player in the Respiratory

Therapy and Pressure Area Care sectors issues the following press release:

Apex announced at a press conference held on February 19, 2014 in Dusseldorf,

Germany, that it has initiated challenges to four ResMed patents before the EPO

and the German Federal Patent Court as well as the German Patent and Trade Mark

Office. The ResMed patents being challenged include those ResMed asserted

against Apex in Germany in November 2013.

The actions started in Europe are subsequent to Apex's assault launched in

August 2013 in the United States on several ResMed patents, which ResMed relied

upon to sue competitors such as Apex and other manufacturers. Apex requested

the U.S. Patent and Trademark Office to reconsider and reexamine the validity

of 6 U.S. patents of ResMed through the 'inter partes' review process. The

cases are currently pending before USPTO.

In September 2013 APEX introduced new sleep-disorder therapy products,

including new iCH series and XT series continuous positive airway pressure

(CPAP) machines, and Wizard 210 and Wizard 220 masks. These products have been

cheered by the customers and users for the enhancements in clinical

effectiveness, user friendliness, and design.

"We believe that patients who have been diagnosed and suffer with obstructive

sleep apnea should have the freedom to access high quality, reliable and cost

efficient CPAP product solutions," said Mr. Jon Jauregui, the Managing Director

of Apex Medical Europe. However, the patients and their providers may have been

prevented from accessing such alternatives by invalid or trivial patents. Jon

Jauregui further added, "Our efforts in challenging these patents will benefit

a competitive and healthy market. Competition is what drives market forces with

the end result ultimately benefitting the end-user." At the conference, Apex

also disclosed its intention to challenge junk patents in all major markets on

a continuous basis to free up competition.

Jon Jauregui reiterated to the press that it is the Apex policy that lawful

intellectual property should be respected and commented, "Apex has dedicated

their efforts and focus over the last decade to providing and delivering

inventive and reasonably-priced CPAP-related products into the market. We are

determined to fight against any harassment with regard to invalid patents being

served upon us."

Contact Information:

Jon Jauregui

Managing Director

Apex Medical Europe

Tel: +34-94-4706408

Jon.jauregui@apexmedical.es

SOURCE  Apex Medical Corp.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中