◎iPointがIHSとパートナー協定に調印

iPoint-systems gmbh

2014/3/4 14:55

◎iPointがIHSとパートナー協定に調印

AsiaNet 56033

共同JBN 0257 (2014.3.4)

【ロイトリンゲン(ドイツ)2014年3月3日PRN=共同JBN】

*米分析・情報専門企業IHSがiPointの紛争鉱物プラットフォームを販売し、iPointソリューション向けのコンプライアンス情報も提供することになった

iPoint-systemsは世界的に活動する米分析・情報専門企業IHSを同社の「iPoint紛争鉱物プラットフォーム(iPCMP)」の販売とサービスのための重要なパートナーとして獲得した。さらに、iPointはIHSが同社ソフトウエア・ソリューション向けに構築した包括的な製品データベースにもアクセスできることになった。両社は2月に当該契約書に調印した。

IHSは31カ国で8000人以上を雇用し、「特定有害物質使用制限(RoHS)」や「電気電子廃棄物指令(WEEE)」などの政府規制ガイドラインに関する情報を発行している。IHSの包括的なデータベースは商用、軍用製品で使われる4億以上のコンポーネントに関する情報を含んでいる。2012年には同情報企業は約15億米ドルの売り上げがあった。

製品の環境コンプライアンスおよび持続可能性の分野で世界有数のソフトウエア・コンサルティングパートナーであるiPointはIHSと共同して米国での市場プレゼンスを拡大し、同時に航空宇宙、軍事、セキュリティー、製薬など他の産業にも参入する。既存のiPoint顧客にとっても今回の協力関係は直ちに成果を生むものになる。iPointはIHSの製品データベースに含まれる顧客に関係がある製品および部品データの情報を直接iPointのソフトウエアのソリューションへ組み込む。これらのデータはコンポーネントを製造する際に使われる原材料に関する情報を提供するものだ。製造企業にとってはこれらの情報は「紛争鉱物法」「RoHS」「化学物質の登録、評価、認可および制限に関する規則(REACH)」など各国および国際的なガイドラインや仕様を侵害しないため、またリポーティング義務を満たす上で必要になる。

IHSの包括的な材料およびコンプライアンス情報をサプライチェーンに沿った製品データの収集、管理、寄せ集め、リポーティングを行うiPointのソフトウエア・ソリューションと組み合わせれば顧客に対して報告義務を含めたコンプライアンスのための無比の付加価値を提供できることになる。iPoint-systems最高経営責任者(CEO)のヨルグ・ウォールデン氏は「IHSとiPointが協力することで両社の個々の強さが一つになり、両社の顧客に対してシナジー効果を発揮できる。さらに、この提携関係によって、当社は潜在力のある米国市場に参入し、特に紛争鉱物の分野で競合との差をさらに広げることができる」と述べた。

▽iPoint-systemsについて

iPointは製品の環境コンプライアンスおよび持続可能性の分野で世界有数の専門企業で、サプライチェーン全般にわたってのデータの管理、トラッキング、リポーティングのためのソフトウエア、コンサルティング、訓練、サービスを専門にしている。iPointの適応的かつ包括的なソフトウエア・ソリューションは顧客がコンプライアンスと持続可能性を管理する上で必要とする可視性、制御性を提供している。

▽問い合わせ先

iPoint-systems gmbh

Katie Bohme

Ludwig-Erhard-Str. 52-56

D-72760 Reutlingen

Fon +49-7121-144-89-60

Fax +49-7121-144-89-89

katie.boehme(at)ipoint-systems(dot)de

info(at)ipointinc.com

http://www.ipoint-systems.com

ソース:iPoint-systems gmbh

iPoint and IHS Sign Partner Agreement

PR56033

REUTLINGEN, Germany, March 3, /PRN=KYODO JBN/ --

- US Analysis and Information Specialist IHS to Sell iPoint Conflict Minerals

Platform and Provide Compliance Information for iPoint Solutions

In IHS, the globally operating analysis and information specialist from the

USA, iPoint-systems has gained an important sales and service partner for the

iPoint Conflict Minerals Platform (iPCMP). In addition, iPoint has gained

access to IHS' comprehensive product databases for its own software solutions.

In February, both partners signed a corresponding contract.

IHS employs more than 8,000 people in 31 countries and publishes information on

regulatory guidelines such as the Restriction of Hazardous Substances Directive

(RoHS) and the Waste Electrical and Electronic Equipment Directive (WEEE). IHS'

comprehensive database contains information on more than 400 million components

that are used in commercial and military products. In 2012, the information

company had a turnover of approximately USD 1.5 billion.

With IHS, iPoint, the world's leading software and consulting partner for

environmental product compliance and sustainability, expands its market

presence in the USA and taps into other industries, including the aerospace,

the military and security as well as the pharmaceutical sector. Existing iPoint

customers will benefit immediately from the cooperation: iPoint will

incorporate the information on customer-relevant product and parts data

contained in the IHS product databases directly into its software solutions.

The data provides information on which raw materials were used to manufacture

the components. For manufacturing companies, the information is necessary in

order to avoid violating national and international guidelines and

specifications such as the Conflict Minerals law, RoHS and REACH and to fulfill

reporting obligations.

The combination of IHS' comprehensive material and compliance information with

iPoint's software solutions for the collection, management, aggregation and

reporting of product data along the supply chain offers customers incomparable

added value for compliance with reporting obligations. "The cooperation allows

IHS and iPoint to combine their individual strengths and thus harness synergy

effects for our customers," says Jorg Walden, CEO of iPoint-systems. "In

addition, thanks to the partnership, we can tap the market potential in the USA

and set ourselves even further apart from the competition, especially in the

field of Conflict Minerals."

About iPoint-systems:

iPoint is the world's leading expert in environmental product compliance and

sustainability, focusing on software, consulting, training, and services for

managing, tracking, and reporting data across the whole supply chain. iPoint's

adaptive and comprehensive software solutions give the visibility and control

customers seek in managing compliance and sustainability.

Contact and further information:

iPoint-systems gmbh

Katie Bohme

Ludwig-Erhard-Str. 52-56

D-72760 Reutlingen

Fon +49-7121-144-89-60

Fax +49-7121-144-89-89

katie.boehme(at)ipoint-systems(dot)de

info(at)ipointinc.com

http://www.ipoint-systems.com

Source: iPoint-systems gmbh

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中