◎市場需要が低速、短距離電動車の開発を促進する

Tianneng Group

2014/3/24 11:20

◎市場需要が低速、短距離電動車の開発を促進する

AsiaNet 56214

共同JBN 0320 (2014.3.24)

【湖州(中国)2014年3月24日PRN=共同JBN】Tianneng Group(天能グループ)の張天任(Zhang Tianren)会長は、電池動力の新エネルギー車がほとんどの人の実際的な日常の旅行の必要をよりよく満足させられるので、新エネルギー経済の発展は今後数世紀にわたって利益をもたらすだろうと想定している。

(Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140318/0861401564

張会長は中国の2級、3級都市の人口統計研究に長い年月を費やし、中国の人口の約70%が小規模、中規模の都市、その郊外、それに中国の広大な農村部に住んでいることを発見した。毎日の通勤距離は通常20キロ以下で、速度は時速60キロに達することはまれである。そういう人々が必要とするのは軽量、低速、短距離の電動車で、コスト性能が高く、燃料消費が少なく、電池が小型のものであり、環境にも優しく、快適で安全なものである。こうした発見に基づけば、このような車の開発は中国の全体的な環境インフラの開発戦略と合致するだけでなく、現実の市場需要に適合し、現在進行している国の都市化にも好都合である。

しかし、現在の論議ではこのような車の必要性についてはまだコンセンサスがない。張会長は政策の自由化、指針の強化と仕様の設定、業界のアップグレード、それに技術革新を奨励する政策の決定を示唆している。同会長は中国の成長曲線のこの段階では新エネルギー車の必要性は当然のことになると信じている。

▽Tianneng Groupについて

1986年創立のTianneng Groupは電動車用電池の製造に集中しており、ニッケル水素充電池、リチウムイオン、風力・太陽光エネルギー蓄電池の開発、製造、販売、それに二次鉛など新エネルギー資源の回収にも携わっている。2007年6月11日に同社は中国の電池会社としては初めて香港のメーンボードに上場された(00819HK)。国際的な大企業として天能グループは資産総額が80億元、中国国内の22社の全面所有子会社と海外の3事業部門に約2万人の従業員を擁する。Tianneng Groupは中核製品の生産量、販売量で16年連続して中国の競争相手の間でナンバーワンの地位を維持しており、中国の有力なグリーンパワーソース提供会社の1つになっている。2013年の売上高は500億元(約82億ドル)を超えている。

ウェブサイト:http://www.cn-tn.com/index.aspx

ソース:Tianneng Group

Zhang Tianren: Market Demand Should Accelerate Development of Low-speed, Short-range Electric Vehicles

PR56214

HUZHOU, China, Mar. 24, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

Tianneng Group chairman Zhang Tianren has posited that the development of the

new energy economy will bring benefits for centuries to come, as

battery-powered new energy cars can better satisfy the practical daily travel

needs of most people.

(Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140318/0861401564 )

Zhang has spent many years studying the demographics of China's second and

third tier cities and found that over 70% of China's population live in small

and mid-sized cities, their suburbs, and in the country's vast rural areas.

Their daily commuting distances are usually less than 20 km, traveled at speeds

rarely reaching 60 km/h (37 mph). What they need is a light-weight, low-speed,

short-range electric vehicle with a higher cost performance, lower power

consumption, and smaller battery, that is also environment friendly,

comfortable, and safe. Based on these findings, the development of such

vehicles not only conforms to the overall strategy for the development of

China's ecological infrastructure, but also fits a realistic market demand and

benefits the country's ongoing urbanization.

However, there is still lack of consensus for the need of such vehicles in

current discussions. Zhang suggests a liberalization of policies, strengthening

of guidance and mandating of specifications, upgrading of industries, and

institution of policies that encourage technological innovation. He believes

that at this stage in China's growth trajectory, new energy vehicles need to

become an everyday element.

About Tianneng Group

Founded in 1986, Tianneng Group focuses on the manufacturing of electric

vehicle batteries and is also engaged in development, production and sale of

nickel metal hydride, lithium ion, wind, and solar energy storage batteries as

well as recovery of secondary lead and other new energy resources. On June 11,

2007, the company became China's first power battery firm to list on Hong

Kong's main board (00819.HK). As a large international company, Tianneng Group

now has 8 billion yuan in total assets and over 20,000 employees spread across

22 China-based wholly-owned subsidiaries and 3 business units overseas.

Tianneng Group has maintained the number one position among its peers in China

for the 16th consecutive year in terms of production output and sales volume of

its core products, making it one of the leading green power source providers in

the country. Its sales revenue exceeded 50 billion yuan (approx. US$8.2

billion) in 2013.

Website: http://www.cn-tn.com/index.aspx

SOURCE:  Tianneng Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中