◎Oil Insurance Limitedが3億ドルの配当を発表 Experience Modificationも承認

Oil Insurance Limited (OIL)

2014/4/1 16:03

◎Oil Insurance Limitedが3億ドルの配当を発表 Experience Modificationも承認

AsiaNet 56345

共同JBN 0370 (2014.4.1)

【ハミルトン(バミューダ)2014年4月1日PRN=共同JBN】Oil Insurance Limited(OIL)は3月26日、フェアマウント・サザンプトン・ホテルで2014年度年次株主総会(AGM)を開き、2013年財務諸表と理事の選出について詳細報告し、承認を求めた。

2013年、OILは5億5040万ドルの保険料売上高を記録し、5320万ドルの保険所得を確保した。純投資収益と総経費を考慮すると、同年のOILの純収益は6億3190万ドルだった。OILの2013年決算報告に関する詳細な情報については、ウェブサイトhttp://www.oil.bmで監査済み財務諸表を参照。株主は期末財政状況を精査したあと、同財務諸表と、2014年度監査人としてKPMGを再任することを承認した。

さらに、同社の報告によると、理事会は同社の財務上の継続的成功と堅固な財務基盤を考慮し、2014年1月1日現在の株主全員に対し総額3億ドルの配当を同年4月30日に支払うことを発表した。

OILのロバート・D・スタウファー社長兼最高経営責任者(CEO)は「Oil Insurance Limitedは契約条件を広げた保険支払いの上限を大幅に引き上げることによって、会員に長期的な価値を提供するとともに、適切な場合には保険料払い戻しと配当によって超過価値を返却し、さらには会員であることの全体的な価値を向上させるために賠償範囲を追加することも検討することによって長期的な価値を提供することにコミットしている」と語った。

年次総会で、株主は理事会および経営側が提案したExperience Modification(経験修正率)について表決し、賛成94%で承認した。Experience ModificationはOILが株主の損害実績に基づき将来の保険料水準を調整するプロセスである。

ジョージ・ハッチングス上級副社長兼最高執行責任者(COO)は「保険料算出および保険料にExperience Modificationを含めることは、現在の会員および将来の有望な会員にとってOILの全体的な価値を大きく高めるという明りょうなメッセージをエネルギー保険業界に送るものである」と語った。

年次総会後、理事会は会議を開催し、理事会長にジェラード・ナッセ(Gerard Naisse)氏を、副会長にロベルト・ベンザン(Robert Benzan)氏をそれぞれ選出した。

新会長のジェラード・ナッセ氏は3億ドルの配当がOILの株主に価値を返還するという理事会のコミットメントを実証しており、2013年に実施された1億ドルの保険料払い戻しや2012年に提案された保険支払い上限を3億ドルに引き上げることに続くものであると語った。さらに、ナッセ会長はExperience Modificationプログラムに対し株主が強力な支持を示したことを大いに喜んでいると語り、94%もの支持票が集まったことはOILに対し株主が強力に支持していることを示していると指摘した。

OILの物的損害賠償の範囲とそれに関連する価値についての詳細はウェブサイトhttp://www.oil.bmを参照。

Oil Insurance Limited(OIL)は3億ドルまでの資産リミットを持ち、Aクラスに格付けされる資産が総額110億ドルを超える50社を超える会員の2兆ドルを超える世界的エネルギー資産に保険を掛けている。会員は中堅から大企業までの公立および民間のエネルギー企業で少なくとも10億ドルの物理的性質資産を持ち、投資適格か同等の格付けを持っている。同社の保険製品にはProperty(Physical Damage、物的損害)、Windstorm(暴風)、Non Gradual Pollution(非漸進的公害)、Control of Well(暴噴制御費用)、Terrorism(テロ)、Construction(建造)、 Cargo(積み荷)が含まれる。OIL社が守る産業セクターとしてはオフショア・オンショアの探鉱・生産、精製・マーケティング、石油化学、鉱業、送油管ルート、電力会社、その他のエネルギー関連ビジネスなどが含まれる。

ソース:Oil Insurance Limited (OIL)

Oil Insurance Limited (OIL) Declares $300 Million Dividend and Passes Experience Modification Proposal

PR56345

HAMILTON, Bermuda, Apr. 1, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

     OIL held its 2014 Shareholder's Annual General Meeting (AGM) on Wednesday,

March 26th at the Fairmont Southampton Hotel and conducted the review and

approval of the 2013 annual financial statements and election of directors.

    For 2013, OIL wrote and earned $550.4 million of premium that resulted in

$53.2 million of Underwriting Income. After factoring in net investment income

and administrative expenses, OIL's net income for the year was $631.9 million.

For additional information about OIL's 2013 financial results, please visit

http://www.oil.bm to view our audited financial statements. After the review of

the year-end financials, shareholders approved the financial statements and the

re-appointment of KPMG as auditors for the fiscal 2014 year.

    In addition, the Company reported that the Board of Directors had declared

a dividend in an aggregate amount of $300 million to all shareholders on record

as of January 1, 2014 payable on April 30, 2014 in recognition of OIL's

continued financial success and solid financial condition.

    Robert D. Stauffer, President & CEO, commented that "Oil Insurance Limited

is committed to providing long term value to its membership by offering

significant policy limits with broad terms and conditions, returning excess

value by way of premium credits and dividends when appropriate as well as

potentially considering additional coverages to enhance the overall value

proposition of being a member."

    During the AGM, the shareholders voted to accept the Board's and

Management's proposal for Experience Modification with 94% of the vote

approving the proposal. Experience Modification is the process by which OIL

will adjust shareholders' future premium levels based upon their loss

experience in OIL.

    George Hutchings, Senior Vice President & COO, stated that "This vote sends

a clear message to the Energy Insurance Industry that the inclusion of

Experience Modification in the Rating & Premium Plan greatly enhances OIL's

overall value proposition for both current members and potential prospects."

    After the AGM adjourned, the Board of Directors met and elected Gerard

Naisse as Chairman of the Board and Roberto Benzan as Deputy Chairman.

    Gerard Naisse, the newly elected Chairman, commented that the $300 million

dividend demonstrates the Board's commitment to return value to OIL's

shareholders and comes on the heels of a $100 million premium credit that was

granted in 2013 as well as an increase in policy limits to $300 million that

was offered in 2012. In addition, Chairman Naisse indicated that he was

extremely pleased with the very strong shareholder support of the Experience

Modification program and pointed to the 94% approval vote as an indicator of

the strong commitment of the shareholders to OIL.

    For more information about OIL's property coverages and related value go to

http://www.oil.bm.

    Oil Insurance Limited (OIL) insures over two trillion dollars of global

energy assets for more than fifty members with property limits up to $300

million totaling more than eleven billion dollars in total A-rated property

capacity. Members are medium to large sized public and private energy companies

with at least $1 billion in physical property assets and an investment grade

rating or equivalent. Products offered include Property (Physical Damage),

Windstorm, Non Gradual Pollution, Control of Well, Terrorism, Construction and

Cargo. The industry sectors that OIL protects include Offshore and Onshore

Exploration & Production, Refining and Marketing, Petrochemicals, Mining,

Pipelines, Electric Utilities and other related energy business sectors.

    SOURCE: Oil Insurance Limited (OIL)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中