山万様、ユーカリが丘のコミュニティバス 位置情報サービスにGPSスマホアプリ「知らせてビューア」を採用

ケイ・シー・シーのGPS位置情報アプリ「知らせてビューア」が、千葉県佐倉市「ユーカリが丘」(山万)無料コミュニティバスの位置情報配信サービス(バスロケ)に採用され、2014年4月7日から稼働開始。バスの利用者は、バスの走行位置に加え、バス停や時刻表を無料スマホアプリで確認でき、利便性が向上します。

2014年4月7日

株式会社ケイ・シー・シー

山万様、ユーカリが丘のコミュニティバス 位置情報配信サービスにGPSスマホアプリ「知らせてビューア」を採用

千葉県佐倉市の大規模ニュータウン「ユーカリが丘」を開発する「街づくり企業」山万株式会社(本社:東京・中央区、代表取締役:嶋田 哲夫)様が、ユーカリが丘エリアにおいて無料運行しているコミュニティバスで新たに提供される位置情報配信サービスに、株式会社ケイ・シー・シー(本社:東京・江東区、代表取締役執行役員社長 阿部 孝彦)のGPSスマホアプリ「知らせてビューア」を採用、2014年4月7日より稼働開始されることとなりました。

■コミュニティバスの現在位置をリアルタイムに確認。バス停での待ち時間を短縮できます。

この位置情報配信サービスは、バスの走行位置を利用者のスマートフォン・タブレット端末にリアルタイムで表示する他、時刻表表示機能やバス接近の自動的通知機能を備えます。これにより、利用者のバス停での待ち時間を短縮することが可能となり、地図でバス位置を確認できるので利便性が向上します。バスの利用者は位置情報を閲覧するアプリ「知らせてビューア」に個人情報を登録する必要なく、気軽に安心して利用することができます。

■バスの運行状態を利用者に知らせることができます。

バスの位置情報だけでなく、バスの運行状態を「知らせてビューア」に表示することができます。例えば、渋滞でバスが大幅に遅延しているときは「遅延中」、大雪や故障でバスが運行できないときは「運休中」などをアイコンに表示し、利用者に情報提供することができます。

■「知らせてビューア」の概要

この位置情報配信サービスは、位置情報を発信するアプリと、位置情報を閲覧するアプリで構成されます。バスに搭載するスマホで位置情報発信アプリ「知らせるバス」を起動し運行することで、バス利用者は「知らせてビューア」でバスの走行位置を見ることができます。バスの運行事業者にとって、バスID費用とスマホだけの少額投資で済むため、小規模な送迎バス運行にも適しています。「知らせてビューア」は、コミュニティバスの他にも、幼稚園送迎バス、自動車教習所送迎バスなどで稼働しています。詳しくはアプリホームページの導入事例をご覧ください。http://www.shirasete.biz/

<位置情報閲覧アプリ>

アプリ名   : 「知らせてビューア」

対応機種   : Android(2.2以降)/iOS(5.1以降)

利用料金   : 無料

主な機能   :地図表示、接近アラーム、バス停(時刻表)表示

<位置情報発信アプリ>

アプリ名   : 「知らせるバス」

対応機種   : Android(2.3以降)

利用料金   : 月額1000円(税別)

主な機能   :現在地情報発信、混雑状況発信、運行状態発信

■株式会社ケイ・シー・シー 会社概要

当社は、情報通信システム分野におきまして、システムの提案、開発から構築、教育、サポートまでトータルなサービスをお客様に提供しています。

代表 : 代表取締役 執行役員社長 阿部 孝彦

本社 : 東京都江東区木場2-17-16

事業所: 東京(本社)、大阪、広島

設立 : 1984年1月20日

資本金: 2億5000万円

社員数: 281名

URL  : http://www.kcc.co.jp/

主な製品:知らせてビューア、SmartDeaf、じぶん図鑑、CAMERA MEASURE

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「知らせてビューア」 アプリアイコン

「知らせてビューア」 アプリ画面

「知らせるバス」 アプリ画面

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社ケイ・シー・シー
  • 所在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL http://www.kcc.co.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中