◎BRUSA Elektronikが出力2倍の電磁誘電充電システムの量産へ

BRUSA Elektronik AG

2014/4/8 12:10

◎BRUSA Elektronikが出力2倍の電磁誘電充電システムの量産へ

AsiaNet 56423

共同JBN 0393 (2014.4.7)

【ゼンワルト(スイス)2014年4月7日PRN=共同JBN】

 *今年展示される充電電力を倍増する第2世代システム

 *同じコンパクトな設置面積で3.6kWから7.2kWへの出力倍増

 *BRUSA電磁誘電充電システムは間もなく量産段階に

スイスのBRUSA Elektronik AGは、厳しい自動車セクターに対する革新的なパワーエレクトロニクス・ソリューションで知られている。BRUSAは高まる市場の需要に対応するため、既に次世代の電磁誘電充電システム(ICS)の開発を始めている。電気自動車用バッテリーの出力増と北米、アジアにおけるパワーグリッドの特徴を考慮すれば、出力7.2kWのICS 2は同様のコンパクトな設置面積でありながら充電電力は2倍に跳ね上がる。この出力密度の大きな増加は、BRUSAが特許取得した特殊なテクノロジーのおかげで達成された。次世代ICSの当初試作品は今年秋までに公開され、2017年に発売予定である。

 Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140407/679623

第1世代の開発もまた鋭意続いている。BRUSA ICSはパワーエレクトロニクスが全面的に組み込まれると、わずかに2つの部品で構成される。2つの1次、2次コイルハウジングで既に、すべてのAC/DCコンバーターとともに車両位置および異物検出機能を合わせ備える。このことは外付け電源ボックスあるいはHFケーブルの必要がないことを意味して、電磁誘電充電システムでは明らかに初めてのことである。ICS BRUSAによって、ほとんどロスなしの90%以上の動力伝送効率が実現した。eCarTec賞(電気自動車技術賞)の審査委員会はまさにこの成果を高く評価して、この部門の受賞者に指名した。BRUSAは現在、ICSの量産に向けて懸命に努力しており、テストも小規模フリートトライアルの一環として日常的な条件下で行われている。

▽BRUSA Elektronik AGについて

BRUSA Elektronik AGは1985年に創設された。同社は電気自動車向け高能率パワーエレクトロニクスの開発に注力している。同社は現在、この分野で高く評価されたマーケットリーダーである。

このリリースに関連する画像はAP PhotoExpressのref# PRN16で入手できる。

▽問い合わせ先

BRUSA Elektronik AG

Press

Switzerland

Tel. +41-81-758-0916

support@brusa.biz

http://www.brusa.biz

ソース:BRUSA Elektronik AG

BRUSA Doubles Inductive Charging Power Density

PR56423

SENNWALD, Switzerland, Apr. 7/PRN=KYODO JBN/ --

    

    - Second-generation system with double the charging power to be presented

      this year

    - Doubling of power from 3.6 kW to 7.2 kW with the same compact footprint

    - BRUSA Inductive Charging System nears mass-production stage

    BRUSA Elektronik AG (Switzerland) is known for its innovative

power-electronics solutions for the demanding automotive sector. To meet

growing market demands, BRUSA has already started developing the next

generation of its Inductive Charging System (ICS). With the increasing capacity

of electric-vehicle batteries and given the power-grid characteristics in North

America and Asia, at 7.2 kW the ICS 2 will boast twice the charging power - yet

will have the same compact footprint. This immense increase in power density

has been achieved thanks to a special technology patented by BRUSA. An initial

prototype of the second-generation ICS is to be presented publicly as early as

Autumn

2014, with a launch date scheduled for 2017.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140407/679623 )

    Development of the first generation also continues unabated. As the power

electronics are fully integrated, the BRUSA ICS only comprises two components.

The two primary and secondary coil housings already contain all the AC/DC

converters as well as the communications and safety equipment for vehicle

positioning and foreign-object detection. This means no external wall box or HF

cabling is required - an absolute first for inductive charging systems. With

the ICS BRUSA has achieved a power-transfer efficiency of over 90 percent,

making it almost lossless. Indeed, the eCarTec Awards jury was so impressed it

named it winner in its category. Currently, BRUSA is working hard on making the

ICS ready for mass production, with testing also taking place under everyday

conditions as part of a small fleet trial.

    About BRUSA Elektronik AG

    Since BRUSA Elektronik AG was founded in 1985, it has focused on developing

highly efficient power electronics for electric mobility. Today it is an

acclaimed market leader in its field.

    A picture accompanying this release is available in the AP PhotoExpress

feed using ref# PRN16

    

    BRUSA Elektronik AG

    Press

    Switzerland

    Tel. +41-81-758-0916

    support@brusa.biz

    http://www.brusa.biz

    SOURCE: BRUSA Elektronik AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中