◎バシット・イグテ氏がリビア大統領選に立候補を表明

Independent Libya Foundation

2014/4/10 12:10

◎バシット・イグテ氏がリビア大統領選に立候補を表明

AsiaNet 56469

共同JBN 0406 (2014.4.10)

【トリポリ(リビア)2014年4月10日PRN=共同JBN】「A Plan for Libya(リビアのためのプラン)」の著者で事業家であるアブドル・バシット・イグテ(Abdul Basit Igtet)氏は10日、リビア大統領選挙に立候補することを正式に表明した。以下は同氏の発言である。

「わたしが立候補するのは、適切に機能し豊かな国家という確固たる基礎の上にリビア国民が自分たちの将来を築くべきであると考えるからだ。新憲法が制定されたあとの大統領選挙に立候補することがこれを実現する最善の道であるとの結論に達した。その時は、リビア国民が民主的選択を行う機会を手にすることになる」

「新大統領は、トリポリだけでなく国全体の大統領であるべきだと確信している。このため、わたしはすべての国民の声を聞きそれに応えるため、近くトリポリ以外の主要5都市に事務所を開設する」

「リビア国民がセキュリティーをはじめ、住宅、道路、学校、病院のような基本的サービスについて極めて心配していることを承知している。だが1つ都市の問題が別の都市の問題とは異なっている。そこで今後2週間以内に、わたしは国内を回り、それぞれの場所で人々の考え方を学ぶつもりだ。これにはわたしの専門家チームが同行する。チームは人々に耳を傾け、直近の課題をわれわれの政策に取り入れる」

「リビア国民に以下のように言いたい。われわれの優先順位はあなた方の優先順位でなければならず、これこそが民主主義だ。わたしが大統領職に就けばそれはあなた方の大統領職である。皆さんのリビアのためのあなた方の大統領だと」

    http://www.basitigtet.com/

    https://www.facebook.com/BIgtet

    https://twitter.com/BasitIgtet

ソース:Independent Libya Foundation

▽問い合わせ先

Mark Rogerson, European Media Representative for Mr. Igtet,

+44 7885 638810,

mvlrog@aol.com;

(編集者注)

バシット・イグテ氏(43)はリビア国籍。同氏は土木工学、海運、航空設計の事業に関係している。同氏は2011年にIndependent Libya Foundation(独立リビア基金)を設立し、リビアの反政府運動を支援するとともに、リビア唯一の合法政府機関としてリビア国民評議会(NTC)への支援と承認を獲得した。2011年後半、北米、南米におけるNTCへの人道支援獲得を担当する特使に指名された。

Abdul Basit Igtet To Stand For The Presidency Of Libya

PR56469

TRIPOLI, Libya, Apr.10, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Abdul Basit Igtet, the businessman and author of "A Plan for Libya",

confirmed today that he will stand for the post of President of Libya.  Mr.

Igtet commented:

    "My main objective is that the Libyan people should build their future on

the firm foundations of a well-functioning and prosperous country. I have come

to the conclusion that the best way for me to bring that about is to stand as

President once the new constitution is in place - when the Libyan people will

have the opportunity to make a democratic choice.

    I believe firmly that the new President should be President of all the

country - and not just Tripoli.  I will therefore shortly be opening offices in

five key towns outside the capital, to be able to listen and respond to all our

people.

    I know already how much Libyans are concerned about security, and about

basic services such as housing and roads and schools and hospitals.  But the

problems in one town are different from the problems in another.  So, starting

in two weeks time, I intend to travel round our country and learn about the

views of the local people. I will take my professional team with me. They will

listen and adapt our policy plans to immediate needs.

    To the people of Libya, I say - our priorities have to become your

priorities, that is real democracy. My Presidency will be your Presidency. Your

President for your Libya."

    http://www.basitigtet.com/

    https://www.facebook.com/BIgtet

    https://twitter.com/BasitIgtet

    SOURCE: Independent Libya Foundation

    CONTACT:

    Mark Rogerson, European Media Representative for Mr. Igtet,

    +44 7885 638810,

    mvlrog@aol.com;

    Note to Editors: Basit Igtet (43) is a Libyan national. He has business

interests in the fields of civil engineering, maritime and aviation design. In

2011, he founded the Independent Libya Foundation to support the rebel movement

in Libya and to gain worldwide support for and recognition of the National

Transitional Council (NTC) as the sole legitimate governing body in Libya.

Later that year, he was appointed Special Envoy to the NTC for humanitarian aid

in North and South America.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中