◎中国大手ゲーム企業のアニメファンが日本のアニメ文化探訪ツアー

Fly for Fun

2014/4/15 15:25

◎中国大手ゲーム企業のアニメファンが日本のアニメ文化探訪ツアー

AsiaNet 56502

共同JBN 0424 (2014.4.15)

【広州(中国)2014年4月15日PRN=共同JBN】4月の東京は、桜の花を愛でる中国人観光客が大勢訪れる。多くの中年中国人女性たちは血相を変え、群れをなして電化製品やデジタル製品を買い求める。だが、中国のゲームカンパニー、Neteaseが主催したメディアの同好の士たちのグループは、こうした人たちとは全く違う旅行日程を組んだ。彼らは東京、京都、鳥取、伊賀などで余り知られていない場所を選んでいる。

彼らはすべてアニメファンで、ゲームやメディア産業のエリートの一団だった。彼らは中国最大のゲーム企業Netease、中国最大のインターネット企業Tencent、中国最大発行部数のアニメ雑誌MK Weekly、中国最大のゲーム情報ウェブサイトの17173と178からやって来た。

このツアーは、Neteaseの商品「Fly for Fun」のマーケティングマネジャーであるチェンさんを団長とした「Fly for Fun Japanese Animation Tour」の一行だった。彼女はこのツアーの目的や内容を次のように説明している。

「『Fly for Fun』は、Neteaseのポートフォリオの一部として10年続いている。ここで使われているグラフィックスは、アニメ愛好家のプレー体験を念頭に置いてデザインされている。ツアーの主な目的は、単にアニメ作品の紹介というだけでなく中国のアニメ愛好家やゲームプレーヤーに日本オリジナルのアニメ文化を写真や言葉という形で紹介することにある。それに次いで、富士山、晴明神社、秋葉原、宮崎駿の三鷹の森ジブリ美術館のシーンを持ち帰りゲーム中に取り込んでアニメ体験をより一層強力なものにしたい。そして最後にアニメファンへのプレゼントのために、ガレージキットのような漫画関連で入手の難しい製品を大量に購入したし、またこのツアーでは名探偵コナンの里(青山剛昌ふるさと館)、ちびまる子ちゃんランド、伊賀流忍者博物館の見学も含まれていた」

写真リンク先:秋葉原での集合写真

http://f.ff.netease.com/month_1404/14041319368a6f0aed43bcd852.jpg

ソース:Fly for Fun

Animation Enthusiasts from Famous Chinese Game Companies Visit Japan this Month

PR56502

GUANGZHOU, China, Apr. 15, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

In April, Tokyo always attracts many Chinese tourists to admire the cherry

blossoms. Manyof the dreaded Chinesemiddle-aged womenalso flock in to snap up

electronic appliances and digital products. But a group of like-minded friends

from the medialedby China's game company Netease chose a very different travel

route. They chose to visit some less known places in Tokyo, Kyoto, Tottori,

Igaand other cities.

These people were all animation enthusiasts and also part of the elite in the

game and media industries. They were from China's biggest game company Netease,

China's largest internet cooperation Tencent, China's largest circulation

animation magazine MK Weekly and China's biggest gaming information websites

17173 and 178.

This trip,known as theFly for Fun Japanese Animation Tour, was headed by Ms.

Cheng,a marketing manager for the Netease's product "Fly for Fun". She

explained briefly the purpose and arrangements of the trip.

Cheng said, "Fly for Fun has been part of Netease's portfolio for ten years.

The graphics of the game were designed with the playing experience of the

animation lovers in mind. The major purpose of the trip was to bring not only

the animation works but originalJapanese animation culture in the form of

photos and words to Chinese animation lovers and game players. Secondly, we

wanted to bring back the scenes of Fuji Mountain, Seimei Shrine, Akihabara,

Hayao Miyazaki Art Museum in Mitaka and incorporate theminto the game,

makingthe animation experience even stronger. Lastly,we purchased a great deal

of difficult to find Manga related products such as Garage Kit foranimation

lovers as presents, so we also covered in our trip many popular animation

museums such as Conan Museum, Chibimaruko museum and Ninjia Museum of Igaryu."

Photo link: a group photo in Akihabara

http://f.ff.netease.com/month_1404/14041319368a6f0aed43bcd852.jpg

SOURCE Fly for Fun

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中