◎MediaMathがプログラマティックビデオのサービスを世界的に拡大

MediaMath

2014/4/23 15:55

◎MediaMathがプログラマティックビデオのサービスを世界的に拡大

AsiaNet 56562

共同JBN 0451 (2014.4.23)

【ニューヨーク2014年4月23日PRN=共同JBN】

*国際的なビデオ提供パートナーを加えることによって、TerminalOne(商標)のユーザーは、他社にはないマルチチャンネルでグローバルにアクセスが可能となる。

米国のオンラインビデオ広告出費はことし、40%増加して58億ドルに達すると予測されており(eMarketer、2014年3月)、MediaMathはプログラマティックビデオ広告サービスを拡大し、同社のTerminalOne Marketing Operating System(商標)(http://www.mediamath.com)のユーザーがLiveRail、BrightRoll、Adap.tv、DoubleClick Ad Exchange、newly integrated SpotXchangeなどのビデオ市場パートナー(https://open.mediamath.com/partners)のインベントリーにアクセス可能にする。StickyADS.tvなどとの統合は近日中に提供される。

 Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140422/77010

革新的かつ戦略的提携を継続することによって、MediaMathのTerminalOne Marketing Operating System(商標)は、マーケティング担当者のデータおよび第3者のデータを活用し、ビデオ掲載を自動化し、アドレサブルなメディアのあらゆる顧客とのインタラクションを最適化するためにオムニチャンネル・プラットフォームを必要としているマーケティング担当者に役立つ。

現在のビデオ提供によって、MediaMathの顧客は世界の隅々までアクセスし600億以上の月間ビデオインプレッションを獲得できるほか、統合オペレーティング・システムの能力を活用して、すべてのチャンネルでのマーケティング・パフォーマンスを集中的に見ることができる。TerminalOneはターゲティング、最適化から全体的な予算作成、フリークエンシーキャッピング、リポーティング、トラッキングに至るまでのあらゆるマーケティング活動で、シームレスかつ統合されたワークフローを提供する。

MediaMathの共同創設者で上級副社長(OPEN Partnerships担当)のグレッグ・ウィリアムズ氏は「プログラマティックビデオ広告はここ数年で驚異的な伸びを示すことになる。当社のビデオ・パートナーシップを拡大することによって、われわれは顧客がこのエコシステムを最大限利用してビデオ広告のパフォーマンスを拡大できるようにするととともに、単一のオムニチャンネル・プラットフォームを活用して、多様なタッチポイントの顧客とコミュニケートできるようにする」と語った。

拡大する国際的なビデオ・インベントリーに加え、TerminalOne内にビデオ機能を内蔵することによって、マーケティング担当者は以下から恩恵を受けることができる。

*データ管理:容易にオンボードのCRMデータを利用でき、TerminalOne(商標)内部にある第3者データプロバイダーのすべてを利用できる。

*ビデオに特定したターゲティングと測定:エクスポージャー、エンゲージメント、リーチ、フリークエンシーなどを含むビデオに特定した目標を最適化し、それに対するターゲティング。

*デジタルプランをテレビバイイング・メソッドで調整:テレビ言語でオーディエンス測定を表現し、ターゲティングのためにDatalogix DLX TVセグメントなどのパートナーデータを活用する。

*目標ベースのパフォーマンス最適化:MediaMathが特許を保有するマシン言語アルゴリズムとテラバイト容量のデータを解析する能力を利用して測定可能なあらゆる目標を最適化する。

*完全なビデオ広告サーバー能力:T1アドサーバーを利用するか第3者のタグを用い、VPAIDとVASTをサポートし、すべての主要なビデオフォーマットに自動的にエンコードする。

*総合リポーティング:標準的なT1リポーティングのほか、4分位数測定基準などビデオに特定した透明性があるパフォーマンスデータにアクセスする。

*プライベートな市場取引:主要なビデオエクスチェンジにあるプレミアムおよびプライベートなインベントリーにアクセスするDealIDのサポートを取得する(近日中に提供)。

SerenataFlowers.comの創設者であるピーター・アール氏はMediaMathのプログラマティックビデオですでに成功を収めている。同氏は「われわれはTerminalOne (商標)にあるMediaMathのビデオ機能を利用するまで、ビデオ戦略をコントロールできなかった。MediaMathが最近行ったビデオ統合と強化によって、われわれは必要なチャンネルのすべてでマーケティング活動を効率化できる。またMediaMathがパートナーシップを拡大することによって、われわれは市場のビデオ大手企業の強みを活用することが可能となるが、それでも最適化の恩恵を受けてわれわれのマーケティング活動のすべてを一覧することを維持できる」と語った。

MediaMathのビデオ関連サービスの詳細はウェブサイトhttp://info.mediamath.com/Video_PR.htmlを参照。

▽MediaMathについて

MediaMathはニューヨークに本社を置き、5大陸12カ所で営業活動を展開、デジタルマーケティング技術を開発し、深い業界専門知識を提供することによって、マーケティング担当者が世界のデジタルメディア全体で個別に、または大規模に消費者とつながりを持つことを実現する。マーケティング担当者はMediaMathのTerminalOne Marketing Operating System(商標)を使って、自社の技術インフラストラクチャーをカスタマイズし、デジタル・マーケティング・プログラムのプランニング、実行、最適化、解析を活用し、ビジネスの成長につながるスマートな決定を下すことが可能となる。TerminalOneはフォーチュン100社の55%に相当するマーケティング担当者を含め多数の担当者の業務を支援し、そのユーザーがデジタル・エコシステム全体で画期的な業績を上げることを可能にする。

▽報道関係問い合わせ先

Matt Caldecutt

Blast PR, on behalf of MediaMath

+1-917-698-0810

matt@blastpr.com

ソース:MediaMath

MediaMath Adds Global Scale, Functionality and Analytics to Programmatic Video Offering

PR56562

NEW YORK, Apr. 23, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Addition of international video supply partners creates unparalleled,

            multi-channel global reach for TerminalOne(TM) users --

    With online video ad spending in the U.S. expected to reach $5.8 billion

this year, representing 40%+ growth, (eMarketer, March 2014), MediaMath has

augmented its programmatic video offering, enabling users of its TerminalOne

Marketing Operating System(TM) (http://www.mediamath.com) to access inventory

from video marketplace partners (https://open.mediamath.com/partners) including

LiveRail, BrightRoll, Adap.tv, DoubleClick Ad Exchange, newly integrated

SpotXchange, and more. Integrations with StickyADS.tv and others are coming

soon.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140422/77010

    Through continuous innovations and strategic partnerships, MediaMath's

TerminalOne Marketing Operating System(TM) uniquely serves marketers seeking an

omni-channel platform to activate their own data and third-party data, automate

execution and optimize interactions with all consumers across all addressable

media.

    The current video supply not only gives MediaMath customers access to

extensive global scale of more than 60 billion monthly video impressions, but

also the power of an integrated operating system and a centralized view of

marketing performance across all channels -- display, social, mobile and

video.  From targeting and optimization to global budgeting and frequency

capping and reporting and tracking, TerminalOne offers a seamless and

consolidated workflow for all marketing efforts.

    "Programmatic video advertising is poised for tremendous growth over the

next few years," said Greg Williams, Co-Founder and SVP of OPEN Partnerships

for MediaMath. "By expanding our video partnerships, we enable our customers to

take advantage of the best of the ecosystem to amplify their video advertising

performance, while also strengthening their ability to leverage a single,

omni-channel platform to communicate with consumers across multiple touch

points."

    In addition to the expansive international video inventory, by

incorporating video efforts within TerminalOne, marketers benefit from:

    -- Data management: easily onboard CRM data and leverage the

       comprehensive group of 3rd party data providers within TerminalOne(TM)

    -- Video-specific targeting & measurement: optimize and target against

       video-specific goals including exposure, engagement, reach, frequency

       and more.

    -- Alignment of digital plans with TV buying methods: express audience

       measurement in the language of TV and leverage partner data, such as

       Datalogix DLX TV segments, for targeting

    -- Goal-based performance optimization: leverage MediaMath's proprietary

       machine learning algorithm and its ability to analyze terabytes of

       data daily to optimize to any measurable goal.

    -- Full video ad serving capabilities: utilize the T1 ad server or bring

       3rd party tags, supporting VPAID and VAST, with automatic encoding

       into all major video formats.

    -- Integrated reporting: Access standard T1 reporting, plus transparent

       video-specific performance data such as quartile-completion metrics

       and more.

    -- Private Marketplace deals: gain support for DealID to access premium

       and private inventory across major exchanges (coming soon)

    Peter Ahl, Founder of SerenataFlowers.com, has already experienced success

with MediaMath's programmatic video. "Prior to utilizing MediaMath's video

capabilities in TerminalOne(TM), we had little control over our video

strategies. MediaMath's recent video integrations and enhancements have enabled

us to streamline our marketing efforts across all of the necessary channels and

their growing partnerships allow us to take advantage of the strengths of the

video power players in market, but still gain the benefits of the optimizations

within and maintain a complete view of all of our marketing activities."

    To learn more about MediaMath's video offering, click here

(http://info.mediamath.com/Video_PR.html).

    About MediaMath

    Based in New York with 12 locations across five continents, MediaMath

develops digital marketing technology and offers deep industry expertise,

enabling marketers to connect with consumers individually and at scale across

the entirety of the world's digital media. MediaMath's TerminalOne Marketing

Operating System(TM) enables marketers to customize their own technology

infrastructure and leverage their data and industry data in the planning,

execution, optimization and analysis of digital marketing programs, resulting

in smarter decisions that grow their business. Powering the operations for

thousands of marketers, including those representing 55% of the Fortune 100,

TerminalOne enables its users to drive transformative business results across

the entire digital ecosystem.

    Media Contact

    Matt Caldecutt

    Blast PR, on behalf of MediaMath

    +1-917-698-0810

    matt@blastpr.com

    SOURCE: MediaMath

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中