◎コマンダチューバ・フォーラムで税制、教育、アグリビジネス、行政改革を議論

コマンダチューバ・フォーラム

2014/5/7 14:15

◎コマンダチューバ・フォーラムで税制、教育、アグリビジネス、行政改革を議論

AsiaNet 56676

共同JBN 0501 (2014.5.7)

【サンパウロ(ブラジル)2014年5月7日PRN=共同JBN】ジョアン・ドリア・ジュニア氏が会長を務めるビジネスリーダー・グループLIDEが後援する第13回コマンダチューバ・フォーラム(COMANDATUBA FORUM)は5月1日から4日までブラジル・バイア州で開催され、320人のビジネスおよび政界のリーダーが「ブラジル開発の指針」について議論した。フォーラム初日の夜には式典が開かれ、ブラジル発展に重要な寄与をしたLIDE常任理事に「LIDE AWARD 2014」賞が授与された。

ブラジル大統領候補2人、アエシオ・ネベス上院議員およびエドアルド・カンポス元ペルナンブコ州知事がLIDEセミナーの席上で自らの綱領を発表したが、同セミナーに参加した政財界の代表の中にはカンポス氏の副大統領候補マリーナ・シルバ氏、Gerdau Group取締役会会長で起業家のジョージ・ガード氏、Amilpar取締役会会長でLIDE起業家グループの1員であるエドソン・ブエノ氏がいた。

アエシオ・ネベス氏は地域得票および5年の任期の再選制度を擁護した。同上院議員は「われわれはすべてブラジル人だ。ブラジルをわれわれ対彼らという形に2分できない」というキャッチフレーズを使い、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ前大統領の2期目に行われたマクロ経済面の主要政策に対する変更を批判した。ネベス氏の見方では次期大統領はインフレ拡大、低成長、信用喪失など深刻な問題を抱えることになると言う。

LIDE会長のジョアン・ドリア・ジュニア氏は「ジルマ・ルセフ大統領の孤立化には当惑している。ブラジルでは距離を置いて暮らすのはむずかしい」と述べた。同氏の考えによれば、アエシオ、カンポス両氏に代表される反対勢力はブラジルの現在の景気低迷、休止状態の結果だとのこと。

租税負担の問題が両候補間の不一致点の一つになっている。アエシオ・ネベス氏は税の問題を2つに分けている。同氏は当選の暁には最初の数カ月間に税制を単純化する提案を行うための特別部局を新設するとしている。その後、政府支出を厳しく抑え、最終的には完全な変革を行うとしている。他方、エドアルド・カンポス氏は政府省庁の削減およびグループ別の税制改革による金融、租税政策間のシナジー効果の増大を支持している。

現在の教育にはアパルトヘイト(人種隔離)があると考えるエドアルド・カンポス氏は教育に対する投資を強く批判した。「政府は何兆レアルもエネルギーに費やしているが、Fundeb(基礎教育の管理・発展と教員の資質向上基金)にはわずか120億レアルだけだ」と述べた。カンポス氏は「われわれは古い服を脱ぎ捨て、新たな出発をしなければならない」と述べたが、その意味は政府を変える時が来たということだ。

このフォーラムは年に1度、国レベルの環境に影響を与える経済政策、企業管理、社会責任について討議する目的で開催されている。

ソース:FORUM DE COMANDATUBA

▽問い合わせ先

Rose Rocha

rose-rocha@cdn.com.br

+55-11-3643-2952

Tax, Education, Agribusiness and Public Administration Reform Discussed During the 13th COMANDATUBA FORUM

PR56676

SAO PAULO, May 7, 2014/PRN=KYODO JBN/--

   The 13th COMANDATUBA FORUM sponsored by the LIDE - Group of Business Leaders

presided by Joao Doria Jr., was held from May 1-4 in Bahia with the attendance

of 320 business leaders and political authorities working from An agenda for

the Development of Brazil.  The first night of the forum included a ceremony

during which the Executive Directors who most contributed with important

actions for development of the country were given the LIDE AWARD 2014.

   Senator Aecio Neves and Eduardo Campos, former governor of Pernambuco and

both candidates for President of the Republic presented their platforms during

the LIDE Seminar, which also offered the participation of representatives from

the worlds of policy and economics, the Campos party candidate for Vice

President Marina Silva and entrepreneurs Jorge Gerdau, President of the Board

of Directors of the Gerdau Group and Edson Bueno, President of the Board of

Amilpar and LIDE EMPRENDEDOR.

   Aecio Neves defended the district vote and the idea of reelection with a

five year mandate. With the phrase "We are all Brazilians, we cannot divide

Brazil into an Us vs. Them", the senator criticized changes to the

macroeconomic pillars made during the second mandate of former president Lula.  

In Aecio's view the next president will take over a country with serious

problems, with rising inflation, low growth and a loss of credibility.

   According to Joao Doria Jr., LIDE President, "Dilma's isolation is

perplexing, living at a distance is difficult for Brazil ".  In his opinion the

opposition represented by Aecio and Campos is a result of the country's current

stagnation and hibernation.

   The question of tax load was one of the few points of discord. Aecio Neves

divided the matter of tax into two sections: if elected, he would create a

special department appointed to present a proposal to simplify the system in

the first months. After this there would be a strict control of government

expenses, leading to a complete reform. Eduardo Campos on the other hand

defended a reduction in the number of government departments and increasing the

synergy between monetary and tax policy with a tax reform by group.

   Investments in education were strongly criticized by Eduardo Campos who

believes there is an apartheid in education. "The government spends trillions

in energy, but only R$ 12 billion in the Fundeb". According to Campos, "We must

leave behind the used clothes and start the journey", interpreted as time for a

change in government.

   The forum is held annually with the goal of debating economic policy,

business management and social responsibility that impact the national

environment.

   More information:

   Rose Rocha

   rose-rocha@cdn.com.br

   +55-11-3643-2952

   SOURCE: FORUM DE COMANDATUBA

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中