◎アエロメヒコ航空が接続性の向上で顧客サービスを向上

アエロメヒコ航空

2014/5/8 15:27

◎アエロメヒコ航空が接続性の向上で顧客サービスを向上

AsiaNet 56692

共同 JBN 0506 (2014.5.8)

【メキシコ市2014年5月8日PRN=共同JBN】

*アエロメヒコ航空はTianguis Turistico観光振興展示会でここ数年の国内、国際路線ネットワークの接続性改善を発表

*アエロメヒコ航空の新型機の投入や座席数および運航路線の増加で、国内・国外旅行者は目的地のネットワークの利用が楽しみになった

2014年Tianguis Turistico観光振興展示会の期間中、メキシコのグローバル航空会社、アエロメヒコ航空は、最近数年間の国内・国際ネットワークの接続性向上を発表した。主要ハブ空港の開発と刷新した航空機運用計画の成果である。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

アエロメヒコは2010年から2014年の間、メキシコからの往復14カ国66カ所の就航先から19カ国80カ所の就航先に目的地を拡大した。提携先航空会社の運航を含めると就航先は世界地図の上で1000カ所を超える。この間、アエロメヒコは接続性を10%ポイント改善し、今年末までこの傾向が続くと予測している。

▽国内の接続性

アエロメヒコはハブとして運用しているメキシコシティ、グアダラハラ、モンテレー、エルモシージョの空港でのプレゼンスを強化する。これら各都市で、ピークタイムでのフライトを増やすことにより、行き先、路線ともに最大数である航空会社を顧客が選択することを確実にする。

さらにアエロメヒコは、メキシコの主要3都市を結ぶ新しいビジネス向けシャトルサービス、Aeropuenteを導入する。3都市間の接続性を改善するもので、メキシコシティとモンテレー間、メキシコ市とグアダラハラ間にそれぞれ1日平均17便を運航。モンテレーとグアダラハラ間には1日平均8便を投入する。

地域的には、アエロメヒコはAeromarが運航するコードシェア便でメキシコ市から1日9カ所の目的地に運航、それに1日2便、モンテレー-タマウリパス-ベラクルス-ビラエルモサ-メリダガルフ間を周回させる。

▽国際的接続性

この市場でアエロメヒコは、マドリード、パリ、ロンドンを含む欧州向けに運航している週20便のフライトの座席数を増やした。機体はボーイング787ドリームライナーを使用している。アジア便では東京行きを週4便に増やし、上海には3便に増やした。アジア大陸向けには週7便が就航することになる。

エクアドルのキトへの新サービスに加え、アエロメヒコはことし6月にメキシコシティからリオデジャネイロ向けが就航する。アエロメヒコにとってリオデジャネイロはブラジル向け運航の2カ所目で、中南米では13カ所目の行き先となる。

アエロメヒコは移住者市場向けContigoサービスも開始した。モレリアからサンフランシスコ、シカゴ間のフライトを提供するのに加え、グアダラハラからティフアナ、シカゴ、オンタリオ、ロサンゼルス、フレズノ、サクラメント、それにサンフランシスコ市場向けを提供、さらにサンフランシスコからレオンまでより魅力的なレートを適用、専用回線によるコールセンター、スペシャル・チェックインカウンター、入国書類作成の手助け、より広い足元、手荷物制限の緩和などである。

▽機体の刷新

機体刷新計画の一部として、アエロメヒコはエンブラエル170と同190を導入、国内便と国際短距離便の需要に応じている。加えてボーイング737スカイインテリア・ジェットエアライナーとボーイング787ドリームライナーを5機購入。発注済み分を含めて19機となった。同型機は顧客の旅行体験を変化させた。

アエロメヒコはTianguis Turistico 観光振興展示会がメキシコにとって最も重要なビジネスと観光を振興させる機会であることと考えている。アエロメヒコはメキシコのグローバル航空会社としての立場をキープするために、またすべてのメキシコ人が世界と結びつくのにベストをつくし、仕事を継続する。

▽アエロメヒコ グループ(Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V)について 

アエロメヒコ グループはメキシコで民間航空事業やロイヤルティープログラム事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。メキシコ最大の航空会社であるアエロメヒコ 航空は主要ハブ空港とするメキシコシティ国際空港の第2ターミナルから毎日600便以上を、メキシコ国内45都市、米国16都市、中南米13都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ1都市を含む3大陸80都市以上へ運航している。   

グループが保有する115機以上の航空機群はボーイン グ787、777、767、737ジェット旅客機および次世代のエンブラエル145、170、175、190である。アエロメヒコ航空は2012年に、 ボーイングから737MAXジェットを90機、787-9ドリームライナー10機の計100機を購入するというメキシコ航空史上で最も重要な投資戦略を発 表した。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟19航空会社が就航する178カ国、1000都市余りにサービス網を広げ、乗客は世界564カ所の空港プレミアムラウンジを利用できるなどの特典がある。デルタ航空、アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々へは幅広いネットワークがある。詳細は www.aeromexico.com、www.skyteam.comを参照。    

ソース: Aeromexico

Aeromexico Increases its Connectivity to Provide Additional Benefits to All of its Clients

PR56692

MEXICO CITY, May 8, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

   - During the Tianguis Turistico travel trade show, the airline announced the

growth of its domestic and international connectivity network in recent years.

   - Thanks to the carrier's new airplanes, and its increased number of seats

and routes, domestic and international travelers can enjoy traveling to its

extensive network of destinations.

   During the 2014 edition of the Tianguis Turistico travel trade show,

Aeromexico, Mexico's global airline, announced the growth of its domestic and

international connectivity network in recent years, thanks to the development

of its main hubs and its fleet renewal plan.

   Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

   Between 2010 and 2014, Aeromexico increased its 66 destinations in 14

countries to 80 destinations connecting 19 countries to and from Mexico, as

well as more than 1,000 destinations on its global route map, thanks to its

airline alliances. In this period, the carrier increased its connectivity 10

percentage points and is expected to continue this trend at year end.

   Domestic Connectivity

   Aeromexico strengthens its presence in the main hubs it operates in Mexico

City, Guadalajara, Monterrey, and Hermosillo by increasing the number of

flights it offers at peak times to make sure its clients are able to connect to

the largest number of routes and destinations possible.

   Furthermore, the carrier is now offering its business market Aeropuente, a

new shuttle service that offers increased connectivity to Mexico's three major

business destinations with an average of 17 daily flights offered between

Mexico City and Monterrey and Mexico City and Guadalajara, as well as an

average of eight daily flights offered between Monterrey and Guadalajara.

   Regionally, the airline offers code share flights operated by Aeromar to

nine destinations from Mexico City, and two daily operations on the

Monterrey-Tamaulipas-Veracruz-Villahermosa-Merida Gulf routes.

   International Connectivity

   In this market, the airline has increased the number of seats it offers on

its 20 weekly flights to its European destinations, including Madrid, Paris,

and London, with the addition of its Boeing 787 Dreamliners. In the case of

Asia, Aeromexico added its fourth weekly flight to Tokyo and its third weekly

flight to Shanghai for a total of seven weekly flights between Mexico and that

continent.

   In addition to its new service to Quito, Ecuador, the carrier will start to

serve Rio de Janeiro from Mexico City in June this year. Rio de Janeiro is

Aeromexico's second destination in Brazil, for a total of 13 destinations in

Latin America.

   The airline also launched its Aeromexico Contigo product, aimed at the

migrant market, to serve the Guadalajara to Tijuana, Chicago, Ontario, Los

Angeles, Fresno, Sacramento, and San Francisco markets, in addition to offering

flights between Morelia and San Francisco and Chicago, plus San Francisco to

Leon with more attractive rates, a dedicated Call Center, and special check in

counters, assistance with immigration forms, more legroom, and increased

luggage allowance.

   Fleet renewal

   As part of its fleet renewal plan, the airline has added Embraer 170 and 190

airplane models to meet its domestic and international short-haul market

demands. The carrier has also added Boeing 737 Sky Interiors jet airliners and

five Boeing 787 Dreamliners to its fleet, of the total of 19 it has on order

that have changed the travel experience for its customers.

   Aeromexico believes that the Tianguis Turistico travel trade show is one of

the most important platforms the country has to promote its business and

tourist destinations. The company continues to work to maintain its position as

Mexico's global airline, and the best option to unite all Mexicans and the

Mexican people with the world.

   About Grupo Aeromexico

   Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V. is a holding company whose subsidiaries are

engaged in commercial aviation in Mexico and the promotion of passenger loyalty

programs. Aeromexico, Mexico's global airline operates more than 600 daily

flights from its main hub in Terminal 2 at the Mexico City International

Airport. Its destinations network spans more than 80 cities on three

continents, including 45 destinations in Mexico, 16 in the United States, 13 in

Latin America, three in Europe, two in Asia, and one in Canada.

   The Group's fleet of more than 115 aircraft is comprised of Boeing 787, 777,

767, and 737 jet airliners and next generation Embraer 145, 170, 175, and 190

models. In 2012, the airline announced the most significant investment strategy

in aviation history in Mexico, to purchase 100 Boeing aircraft, including 90

MAX 737 jet airliners and ten 787-9 Dreamliners.

   As a founding member of the SkyTeam airline alliance, Aeromexico offers

customers more than 1,000 destinations in 178 countries served by the 20

SkyTeam airline partners, rewarding passengers with benefits that include

access to 564 premium airport lounges around the world. Aeromexico also offers

travel options through its code share partners Delta Air Lines, Alaska

Airlines, Avianca, LAN, TACA, and TAM, with extensive connectivity in countries

like the United States, Brazil, Canada, Chile, Colombia, and Peru.  

www.aeromexico.com and www.skyteam.com.

   SOURCE: Aeromexico

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中