◎Seabury: 空輸から海上輸送へのシフト「顕著」

Seabury

2014/5/8 16:10

AsiaNet 56689

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

Seabury: 空輸から海上輸送へのシフト「顕著」

アムステルダム、2014年5月8日/PRニュースワイヤー/ --

新たな調査で、輸送コンサルティング社のSeaburyが、空輸から海上輸送へとシフトが実施されていることを発見しました。新しいコンテナ技術がこのトレンドに貢献していきます。

     (ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120531/537201 )

      (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140507/685777 )

「10年前、トマトは、冷凍コンテナに入れられるか、もしくは空輸されるものでした。今日では、トマトはほぼ全てコンテナで輸送されています。その他多くの生鮮食料品についても同じことが言えます」と本レポートを作成したSeaburyの海洋部門アドバイザーDerek Brand氏は言います。

1年で100,000TEU(20フィートコンテナ換算)が、飛行機の代わりに海洋貨物船で輸送されています。今回のシフトは特に、トマト、唐辛子、鮮魚、レタス、パイナップルのような特定の生鮮食品で顕著となっていますが、それだけに留まりません。

「海洋輸送にシフトした量は、空輸産業にとって非常に顕著となっています」とDerek Brand氏は言います。

仮に2000年以降モードシフトがなければ、5.4メートルトンの貨物は、いまだ海ではなく空で輸送されていました。空輸は年平均成長率4.5%であったところが、2.6%の成長に留まっています。

「スター・クールCA等のCAコンテナの新技術は、このトレンドをさらに促進する潜在性を秘めています。成熟過程を遅らせるCAの性能は、長距離貿易ルートによっては、空輸に対し発展しうる代替方法として、海上輸送の道を開拓します」とBrand氏は付け加えます。

スター・クールCAの生みの親、マースク・コンテナ・インダストリー(Maersk Container Industry、MCI)にとって、今回のシフトはポジティブな発展となります。

「新たな取引が開拓されると、弊社の顧客は自らのビジネスを拡大することが可能となります。それに加え、空輸と海上輸送を比較する際、二酸化炭素排出量を50倍低減します」とMCIのセールス&マーケティング部門Anders Gamborg Holm氏は言います。「弊社は、現時点で5年間CA市場に出ています。信頼性があり、値段も手ごろで、更なる進出を遂げると予測しています。」

Seaburyについての要約分析:

http://ipaper.ipapercms.dk/MCI/Various/SeaburyModeshiftinperishables/

写真とグラフィックス:

以下にアクセスすると、低解像度の写真、ロゴやグラフィックが閲覧できます。高解像度で同じ画像をダウンロードするには、以下をご覧ください。

www.mcicontainers.com/AboutUs/News/NewsAndPressReleases/Pages/SeaburyShiftfromairplanetoseatransport.aspx

情報源: Seabury

Seabury: Shift from Airplane to Sea Transport is "Significant"

PR56689

AMSTERDAM, May 8 /PRN=KYODO JBN/ --

    In a new study, shipping consultancy Seabury finds a pronounced shift is

taking place from air cargo to ocean transport. New container technologies

contribute to the trend.

         (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120531/537201 )

         (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140507/685777 )

    "A decade ago, tomatoes were just as likely to be transported by air as in

a reefer container. Today, tomatoes are transported almost entirely in

containers. The same holds true for numerous other perishable commodities,"

says Seabury's Maritime Advisor Derek Brand, who has authored the report.

    About 100,000 TEU per year is transported by ocean carriers instead of

airplane. The shift is particularly pronounced in certain perishable

commodities like tomatoes, capsicum, fresh fish, lettuce and pineapples, but

not only perishables.

    "The volumes that have shifted to ocean transport are significant for the

air cargo industry," says Derek Brand.

    If there had been no mode shift since the year 2000, 5.4M tonnes of cargo

would still be transported by air rather than ocean. Air cargo should have

grown at an average annual rate of 4.5%, but has instead grown at 2.6%.

    "New technology in controlled atmosphere containers, such as Star Cool CA,

has the potential to further increase the trend. CA's ability to slow down the

ripening process opens up ocean transport as a viable alternative to air cargo

on some of the longer trade routes," Brand adds.

    For Maersk Container Industry (MCI), the maker of Star Cool CA, this is a

positive development.

    "As new trades open up our customers can improve their business. Add to

that carbon emissions savings by almost a factor of 50 when you compare air and

sea transport," says Anders Gamborg Holm of MCI sales and marketing. "We have

been on the market with CA for five years now. It's reliable and affordable,

and we predict it will make further inroads in the market."

    Executive summary of the Seabury analysis:

    http://ipaper.ipapercms.dk/MCI/Various/SeaburyModeshiftinperishables

    Photos and graphics:

    Please find below low-resolution photos, logos and graphics. To obtain the

same images in high resolution, please visit:

http://www.mcicontainers.com/AboutUs/News/NewsAndPressReleases/Pages/SeaburyShiftfromairplanetoseatransport.aspx

    SOURCE: Seabury

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中