◎SHLが2014年度日本PDA製薬学会に出席へ:併用製品開発に向けた協調的アプローチ

Scandinavian Health Ltd (SHL Group)

2014/5/15 17:38

AsiaNet 56762

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

SHLが2014年度日本PDA製薬学会に出席へ:併用製品開発に向けた協調的アプローチ

東京--先進的薬物送達デバイスの設計・開発・製造で世界最大の非公開企業SHLは本日、SHLマーケティングディレクターのスティーブン・カウフマンが東京で開催される2014年度日本PDA製薬学会に出席すると発表しました。

SHLは自動注射器の製造におけるリーダー企業の1つとして、顧客に対してと同様に、デバイスおよび製造に関する経験をサプライヤーに対しても積極的、主体的に共有することが非常に重要であると考えます。逆の場合も同様です。従って、PDA(非経口製剤研究協会)による今回の2014年「プレフィルドシリンジの指針に関するセミナー」(東京)のような業界イベントは、SHLがこの見解を浮き彫りにする絶好の機会を提供するもので、そこでSHLマーケティングディレクターのスティーブン・カウフマンが日本で初めて、PFSサプライヤーと共同プレゼンテーションを行います。今年のプレゼンテーションのテーマは「協調的アプローチ:自動注射器メーカーとバイオテクノロジーPFSメーカーの間の協力強化」であり、潜在的問題を克服し、最終的にさらにしっかりした製品を開発するため、一層統合的なアプローチを促進するSHLの活動を反映したものです。カウフマンは今年のイベント参加について、「私は特に今年のイベントに大いに期待していますが、それはSHLが日本PDAの年次セミナーに参加するのは3回目ですが、サプライヤーと共同プレゼンテーションを行うのは初めてだからです。当社はさらに多くのデータや重要な知識を共有することが、業界の成功にとって非常に重要であると考えており、この考えを共有することで認識を高めるようとするPDAの努力を称賛します」と述べています。

業界の報告書によれば、注射用生物製剤は今日のバイオ医薬品市場で最も速い成長を遂げている分野の1つです。現在、大きな収益が大型製品としての生物製剤によりもたらされています。また、新しい治療領域で他の注射用生物製剤が市場に投入されており、患者がそれらの医薬品を使いやすくする併用製品に一層重きが置かれるようになっています。

それら生物製剤の大半は今後、後続生物製剤ないしバイオベター、バイオシミラー、さらにジェネリック注射剤をも含め、一層有効な送達システムが必要になってきます。それに対応する形で、さまざまな注射デバイスへの需要急増がもたらされました。そのようなデバイスの一例が自動注射器で、患者が自宅にいながらにして薬を安全に自己注射できるようにするものです。

ただし、これから大量に投入される生物製剤に備えるため、デバイスのサプライヤー、PFSおよびカートリッジのメーカー、充填を行う企業などが、一層深いレベルで協力することがますます不可欠となっています。そのためには早い段階で連絡を取り合って知識を共有するとともに技術革新について議論して、協力してしっかりしたソリューションを導入することが必要です。一例としてPFSのサプライヤーは、自動注射デバイスの寸法のうち、カットフランジの直径のように、PFSの自動注射器への最終組み込みに影響を与える可能性がある重要な寸法について、検討する必要があります。

SHLは本イベントの展示用テーブルで、最新のAmberTM自動注射器のデモを行います。お問い合わせにつきましては、顧客、サプライヤーのいずれも当社展示テーブルまでお越しください。

詳細についてはwww.shl-group.comをご覧いただくか、info@shl-group.comまでご連絡ください。

Contacts

SHL

Steven R. Kaufman, +886-32170303

Marketing Director

pr@shl-group.com

Source: SHL

SHL to Attend the 2014 PDA Japan: A Collaborative Approach to Developing Combination Products

PR56762

TOKYO, May 15, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

SHL, the world's largest privately-owned designer, developer and manufacturer

of advanced drug delivery devices, announced today that SHL Marketing Director

Steven Kaufman will be presenting at the 2014 PDA Japan event in Tokyo, Japan.

(Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140515/8521402793 )

As one of the leaders in auto injector manufacturing, SHL believes it is as

crucial to proactively reach out to share device and manufacturing experiences

with suppliers as it is with customers and vice versa. Consequently, industry

events like the PDA's (Parental Drug Association) upcoming 2014 Tokyo "Guide

for Prefilled Syringe Seminar", provides the perfect opportunity for SHL to

highlight this notion and is where SHL Marketing Director Steven Kaufman will,

for the first time in Japan, speak in a joint presentation with a PFS supplier.

The topic of this year's presentation will be "A Collaborative Approach:

Highlighting the importance of increased cooperation between auto injector &

biotech PFS manufacturers", a reflection of SHL's efforts to encourage a more

integrated approach to overcome potential challenges and to ultimately develop

more robust products. Commenting on this year's participation, Kaufman states,

"I am particularly excited about this year's event, because even though this

will be SHL's 3rd time presenting at the PDA Japan's annual seminar, it will be

the first time we present in a joint presentation with a supplier.  We believe

that sharing more data and key learnings is vital to the success of the

industry and applaud the efforts of the PDA to increase awareness by sharing

this knowledge."

According to industry reports, injectable biologics are one of the fastest

growing segments of the biopharmaceutical market today. Significant revenues

are now being generated by blockbuster biologics, and with other injectable

biologics coming to market in new therapeutic areas, a greater emphasis is

being placed on combination products that will help patients to take these

medications.

The majority of these biologics, including follow on biologics or biobetters,

biosimilars and even generic injectables, will generally require more effective

delivery systems.  This has led to a corresponding surge in the demand for

various injection devices. An example of such devices is the auto injector,

which allows the patient to safely self-administer the drug in the comfort of

their own home.

However, to prepare for the incoming wave of biologics it has become more

essential for device suppliers, PFS & cartridge manufacturers, filling

companies, etc. to cooperate at a deeper level. This involves communicating

earlier to share knowledge and discuss technology innovations to

collaboratively introduce robust solutions. For example, PFS suppliers have to

consider critical dimensions for auto injector devices such as the cut flange

radius, which can impact final assembly of the PFS into the auto injector.

SHL will be demonstrating our newest Amber(TM) auto injector at our exhibition

table at the event.

For additional information visit http://www.shl-group.com or contact us at

info@shl-group.com

SHL Media Contact

Steven R. Kaufman

Marketing Director

+886-3217-0303

pr@shl-group.com

SOURCE  Scandinavian Health Ltd (SHL Group)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中