血管の老化は、筋肉のエネルギー消費を妨げることを発見~肥満や糖尿病を悪化させている可能性~

新潟大学

2014/5/23 10:01

新潟大学医歯学総合研究科の南野徹教授らの研究グループは,高カロリー食投与によって引き起こされた血管老化が,筋肉でのエネルギー消費を阻害することをマウスの実験で発見しました。

2014年5月23日

新潟大学

血管の老化は、筋肉のエネルギー消費を妨げることを発見~肥満や糖尿病を悪化させている可能性~

 新潟大学医歯学総合研究科の南野徹教授らの研究グループは,高カロリー食投与によって引き起こされた血管老化が,筋肉でのエネルギー消費を阻害することをマウスの実験で発見しました。

 これまで,糖尿病で合併する血管障害は,糖尿病の病態の結果と考えられていましたが,今回の成果で,血管の細胞老化によって肥満や糖尿病がさらに進行する悪循環を引き起こしている可能性を示しました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

NIIGATA UNIVERSITY

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中