◎ULがWi-Fi Allianceの認定テストラボに

UL LLC

2014/5/23 10:15

◎ULがWi-Fi Allianceの認定テストラボに

AsiaNet 56829

共同JBN 0562 (2014.5.23)

【ノースブルック(米イリノイ州)2014年5月22日PRN=共同JBN】安全科学で世界をリードするUnderwriters Laboratories(UL)は、第三者認定テストラボ(ATL)になるためのWi-Fi Alliance(登録商標)プロセスを完了し、世界中のWi-Fi Allianceメンバーのために認定テストサービスを実施することが認められた。

ULは直ちにWi-Fi CERTIFIED(商標)ac、Wi-Fi CERTIFIED(商標)n、Wi-Fi CERTIFIED(商標)WPA2(商標)Protected Management Framesの基準検査を実施できる。Wi-Fi CERTIFIEDプログラムは、Wi-Fi(登録商標)デバイス間で検証・認定された相互接続性を保証する。この認定によって、ユーザーはWi-Fi CERTIFIEDロゴが添付されたWi-Fi製品が厳格な相互運用性認定要件を満たしていることを確信できる。ULは現在、Wi-Fi Alliance Test Suite全体のWi-Fi認定を2014年末までに完了することに取り組んでいる。

Wi-Fi Alliance ATLになることによって、ULの顧客は性能、適合性、相互運用性の検査を複数のラボに依頼する必要がなくなった。さらに今回の認定によって、2013年初めにWi-Fi Allianceと統合したWiGig Allianceの60GHzテスト分野で定評あるULリーダーシップは当然ながら拡大する。ULは5年以上にわたりWiGig(60GHz)の開発・認定に関して装置メーカーと緊密に協力し、全米家電協会(CEA)がスポンサーとなったPlugfestイベントに関連するいくつかのイベントを開催した。

ULの消費者技術部門(Consumer Technology Division)の北米地域ゼネラルマネジャー(North American Regional General Manager)であるマイク・クオ氏は「今回のWi-Fi Alliance認定の達成は、唯一のテストソリューションを無線業界に提供するという当社戦略にかかわるため、必須要件である。ULはすでにOTA、Bluetooth、無線充電、SAR、RF の性能・適合性テストのリーダーとして評価されている」と語った。

ULは今回の認定に加え、2009年からWirelessHDの認定テストラボであり、2011年からはWiGig Allianceの準メンバーでもある。ULの経営陣はWi-Fi Allianceのヘルスケア・マーケティング・タスクグループ(Health Care Marketing Task Group)とCSEP(SEP2相互運用性コンソーシアム)の技術・マーケティング・グループス(Technical and Marketing Groups)に参加している。

通信業界向けのULテストおよび認定能力に関する詳細は以下のウェブサイトを参照。

http://industries.ul.com/wireless

▽ULについて

ULは120年にわたり進歩をけん引してきた世界トップクラスの第三者安全科学機関である。ULが擁する1万人以上の専門家は、すべての人々のために安全な労働、生活環境を向上させるというULの使命に沿って行動している。ULは絶え間なく進化する安全要件を常に向上させ、それを満たす研究と標準規格を適用する。われわれは企業、メーカー、事業者団体、世界の規制当局と提携し、より複雑な世界中のサプライチェーンにソリューションを提供する。われわれの認証、テスト、インスペクション、アドバイス、教育サービスに関する詳細はウェブサイトhttp://www.ul.com/を参照。

▽問い合わせ先

Richard Hammer

Marketing, Consumer Technology Division

UL LLC

+1-510-771-1125

ソース:UL LLC

UL Becomes Authorized Test Laboratory for Wi-Fi Alliance(R)

PR56829

NORTHBROOK, Ill., May 22, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    UL (Underwriters Laboratories), a global safety science leader, has

successfully completed the Wi-Fi Alliance(R) process to become an independent

Authorized Test Lab (ATL), accredited to perform certification testing services

for a global roster of Wi-Fi Alliance members.

    Effective immediately, UL can perform the baseline tests for Wi-Fi

CERTIFIED(TM) ac, Wi-Fi CERTIFIED(TM) n, and Wi-Fi CERTIFIED(TM) WPA2(TM)

Protected Management Frames. The Wi-Fi CERTIFIED program assures tested and

proven interoperability among Wi-Fi(R) devices. This certification gives users

confidence that Wi-Fi products bearing the Wi-Fi CERTIFIED logo have passed

rigorous interoperability certification requirements.  UL is currently working

on completing Wi-Fi certification for the entire Wi-Fi Alliance Test Suite by

the end of 2014.

    By becoming a Wi-Fi Alliance ATL, UL customers no longer have to go to

multiple labs for performance, conformance and interoperability.  Additionally

this accreditation is a natural extension of UL's established leadership in the

60 GHz testing space through the WiGig Alliance, which merged with Wi-Fi

Alliance in early 2013.  UL has worked closely with equipment manufacturers in

regard to the development and validation of the WiGig (60 GHz) test plan for

more than five years and hosted several related Plugfest events sponsored by

the Consumer Electronics Association.

    "Successfully completing this Wi-Fi Alliance authorization is an essential

element as it relates to our strategy for providing the wireless industry with

a single source testing solution," said Mike Kuo, North American Regional

General Manager for UL's Consumer Technology Division.  "UL is already

recognized as a leader in OTA, Bluetooth, Wireless Charging, SAR and RF

performance and conformance testing."

    In addition to this recent authorization, UL has been an Authorized Test

Lab for the WirelessHD Consortium since 2009 and a contributing member of the

WiGig Alliance since 2011.Company executives from UL also participate in Wi-Fi

Alliance's Health Care Marketing Task Group and CSEP's (Consortium for SEP 2

Interoperability) Technical and Marketing Groups.

    For more information about UL testing and certification capabilities for

the telecommunications industry, please visit http://industries.ul.com/wireless

    About UL

    UL is a premier global independent safety science company that has

championed progress for 120 years. Its more than 10,000 professionals are

guided by the UL mission to promote safe working and living environments for

all people. UL uses research and standards to continually advance and meet

ever-evolving safety needs. We partner with businesses, manufacturers, trade

associations and international regulatory authorities to bring solutions to a

more complex global supply chain. For more information about our certification,

testing, inspection, advisory and education services, visit http://www.ul.com/.

    CONTACT: Richard Hammer

    Marketing, Consumer Technology Division

    UL LLC

    +1-510-771-1125

    SOURCE: UL LLC

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中