◎AVEVA Engineering、複雑でグローバルなプロジェクト管理を向上

AVEVA Engineering

2014/5/23 10:45

AsiaNet 56792

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

AVEVA Engineering、複雑でグローバルなプロジェクト管理を向上

ケンブリッジ(英国)、2014年 5月22日 /PRNewswire/ --

最新の機能は、エンジニアが、高度で繰り返しの多いエンジニアリング・設計プロセスを効率的に管理することを可能にします

AVEVA Engineeringの最新のリリースでは、複雑性の高いプロジェクト全体を通じて技術情報の管理を向上させる、重要な新しい生産性向上機能が追加されています。エンジニアリング請負業者(EPC)はエンジニアリングと設計情報が技術的に進化するにつれ、その変化を管理、やり取りする上での深刻な課題に直面することになります。この高度にインタラクティブな、多分野を横断するプロセスの管理に不備があれば、プロジェクトのリスク、コストは増大し、納期の遅延を余儀なくされ、品質低下を招きます。AVEVA Engineering 14.1はこのような事態を回避します。

     (ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120619/538079 )

     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140522/687061 )

顧客からのフィードバックに応え、複数の現場で幅広いエンジニアリング分野への対応を可能にするAVEVA Engineeringにさらなる新機能が追加され、並行するワークフローでより効果的なコラボレーションを実現、無駄な労力を削減しながら、より高品質な設計を達成しました。追加されたインテリジェンスと自動化機能により、個々のタグ付けされたオブジェクトレベルでのリビジョン管理を実現、プロジェクトチームの他部門による使用が可能な段階になった場合にのみ、情報公開が可能です。

「当社の顧客にとって大きな懸案事項の一つに、複雑なエンジニアリングプロジェクトにおいて、多分野にわたり効率的な並行作業を達成する難しさがありました。」と、AVEVA のEDS製品戦略・マーケティング担当上級副社長Bruce Douglas氏は述べ、次のように続けました。「AVEVA Engineeringでは、他の担当者が行った関連性の高い変更点を見つけ、効率的に優先順位を付けながら、これらの変化に対応する一方、担当分野については各自のペースで作業を進めることが可能であり、並行して行われる、各分野による本当の意味での共同作業をサポートしています。このように、より効率的にエンジニアリングプロジェクトを管理し、無駄な時間と労力を排除しながら、プロジェクトの品質アップを実現できるのです。」

詳細情報および関連ビジネス紙「Object Lessons(オブジェクトレッスン)」をダウンロードするには、http://www.aveva.com/aveva_engineeringにアクセスしてください。

AVEVA Engineeringについて

AVEVA Engineeringは、プラントや海洋プロジェクトで共同作業に当たるエンジニアリングチームを支援する多分野対応のソフトウェアアプリケーションです。本ソフトウェアはAVEVAの統合エンジニアリング&デザイン・ソリューションに完全に組み込まれています。このアプローチはプロジェクト効率を向上させ、単一の管理情報モデルを通じ、共通のプロセス、分野、成果を活用した補完的な製品を提供することで、エンジニアリングおよび設計コストを削減します。詳細についてはhttp://www.aveva.com/plantをご覧ください。

AVEVA(アヴィバ)について

AVEVAはプラント、電力、造船業向けエンジニアリングデザインおよび情報管理ソリューションのリーダーです。同社は45年以上にわたり、世界のオーナーオペレーター、エンジニアリングコントラクター、造船業界向けにビジネス重視のソフトウエアソリューションを提供してきました。詳細はhttp://www.aveva.com/ednotesをご参照ください。

Copyright 2014 AVEVA Solutions Limited. All rights reserved (無断複写・転載を禁じます) . AVEVA Solutions LimitedはAVEVA Group plc所有の企業です。AVEVA、AVEVAロゴ、AVEVA製品はAVEVA Group plcおよび英国、その他諸国の子会社による商標もしくは登録商標です。その他のブランドおよび製品はそれぞれの企業の商標です。

AVEVAの情報は以下のサイトからフォロー、閲覧できます。

Twitter @avevagroup

YouTube http://www.youtube.com/avevagroup

顧客情報AVEVA World Magazine: http://www.aveva.com/Media-Centre/AWM

情報元: AVEVA Engineering

AVEVA Engineering Increases Control on Complex, Global Projects

PR56792

CAMBRIDGE, England, May 22 /PRN=KYODO JBN/--

    - Newest capabilities enable engineers to more efficiently manage the

evolving, iterative processes of engineering and design

    The latest release of AVEVA Engineering adds important new productivity

features that increase control of engineering information throughout highly

complex projects. Engineering contractors (EPCs) can face serious challenges in

controlling and communicating changes in engineering and design information as

it evolves. Poor management of this highly interactive, multi-disciplinary

process increases project risk, cost and can extend delivery schedules and

reduce quality. AVEVA Engineering 14.1 overcomes this.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120619/538079 )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140522/687061 )

    Responding to customer feedback, AVEVA has added new capabilities to AVEVA

Engineering that enable many engineering disciplines in multiple locations to

collaborate more effectively in parallel workflows, producing higher quality

designs with less wasted effort. With more added intelligence and automation,

AVEVA Engineering allows for revision control at the level of an individual

tagged object and for each discipline to release information to the rest of the

project team only when it is sufficiently mature to be used by others.

    "One of our customers' major pain points has been the difficulty in

achieving efficient parallel working between disciplines on complex engineering

projects," said Bruce Douglas, Senior Vice-President, EDS Product Strategy &

Marketing, AVEVA. "AVEVA Engineering supports true collaborative working by

enabling each discipline to work at its own pace while being able to see

relevant changes made by others and to respond to these changes in an

efficient, prioritised manner. Now our customers can control their engineering

projects more efficiently, driving wasted time and effort down and project

quality up."

    For more information and to download the related business paper "Object

Lessons", please go to http://www.aveva.com/aveva_engineering

    About AVEVA Engineering

    AVEVA Engineering is a multi-discipline software application that enables

engineering teams to work collaboratively on plant or marine projects. AVEVA

Engineering is fully integrated into AVEVA's Integrated Engineering & Design

solutions. This approach improves project efficiency and reduces engineering

and design costs by offering complementary products that draw on common

processes, disciplines and deliverables, through a single managed information

model. For more information visit http://www.aveva.com/plant

    About AVEVA

    AVEVA is a leader in engineering design and information management

solutions for the plant, power and marine industries. For more than 45 years it

has delivered business-critical software solutions to owner operators,

engineering contractors and shipbuilders around the world. For further

information please visit http://www.aveva.com/ednotes.

    Copyright 2014 AVEVA Solutions Limited. All rights reserved. AVEVA

Solutions Limited is owned by AVEVA Group plc. AVEVA, the AVEVA logos and AVEVA

product names are trademarks or registered trademarks of AVEVA Group plc or its

subsidiaries in the United Kingdom and other countries. Other brands and

products names are the trademarks of their respective companies.

    Follow AVEVA on Twitter @avevagroup Watch AVEVA on YouTube

http://www.youtube.com/avevagroup For customer stories read AVEVA World

Magazine at http://www.aveva.com/Media-Centre/AWM

    Source: AVEVA Engineering

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中