◎日産がGT-Rで来年のル・マン勝利目指す

日産自動車

2014/5/26 10:47

◎日産がGT-Rで来年のル・マン勝利目指す

AsiaNet 56838

共同JBN 0567 (2014.5.26)

【ロンドン2014年5月23日PRN=共同JBN】日産はGT-Rを解き放って2015年にル・マンでアウディ、ポルシェ、トヨタと対決する。また同社は2015年FIA世界耐久選手権でもLM P1車2台の全面ファクトリー・エフォートで勝利を争う。日産のLM P1車は日産GT-R LM NISMOと呼ばれ、車体は30年前までさかのぼり、同社のフラグシップ・ロードカーの日産GT-Rを思い出させるスポーツ・ブラッドラインである。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140522/90583

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140522/90582

フランス西部自動車クラブのピエール・フィヨン会長が日産のアンディ・パーマー企画室長兼副社長、宮谷正一NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)社長、ダレン・コックスNISMOグローバル・ブランド・マーケティング・販売責任者とともにロンドンで発表した。

パーマー副社長は発表に続けて「フランス西部自動車クラブとFIA(国際自動車連盟)がルールを正すために行った努力に拍手を送る。LM P1は力の争いだけではない。このクラスのすべてのライバルが異なる技術的アプローチをとっており、われわれも同じことをする。われわれはライバルたちとは大変違うやり方で勝ちたいと望んでいる。ポルシェ、アウディ、トヨタと同じように見える基本的に同様のハイブリッド車で現れることはしない。私にはこれらは全部同じに見える。われわれの意図は少しばかり違う何かをすることである」と語っている。

日産はこのところ日産プレイステーションGTアカデミー、ACOガレージ56イニシアチブなど革新的な計画を通じて、モータースポーツへの参加を着実に増加させている。

コックス氏は「日産はパフォーマンス会社のNISMOを通じて多くのやり方でモータースポーツに接続している。われわれは近年、モータースポーツに対してレースのためのレースではなく、世界的な競争に関与する理由を慎重に考慮するという新たなアプローチをとってきた」と述べている。

日産GT-R NISMO GT3はいまではGTアカデミーの勝者であるNISMOアスリーツが推進している欧州だけでなく、世界中でレースをしている。日産のLM P2エンジンは近年では傑出したP2のパワープラントであり、ACOガレージ56枠に対する同社のコミットメントは技術的挑戦への愛情を示している。日産が走路で学んだことはロードカーにもたらされ、製品領域全体に技術革新を提供する。

宮谷社長は「GT-Rは日産の性能の究極を象徴するので、ル・マン出場車にGT-Rの名前をつけることを選んだ。これは真の熱望ブランドである。ファン、顧客が運転することを愛し、所有することを愛する車である。これまで長年にわたってモータースポーツで、つまりスーパーGT、GT3でGT-Rを使ってきた。われわれにとってLM P1は究極のテストである。われわれはル・マンで仕事を終わらせていない。これで日産GT-R LM NISMOで勝利を目指す機会が得られる」と説明している。

レースは現在、日産のLM P1車を2015年の枠に入れることにある。日産GT-R LM NISMOのドライバーは日産ファミリーの内外から出るだろうが、これに関して近く発表があるだろう。新しい車が初めて走路に出る日付と完全な技術仕様も近く明らかにされるが、日産の意図は明らかだ。

スポーツ・マーケティングのイノベーターとして日産は、レッドブル・レーシングとの関係を通じて威信の高いインフィニティ・ブランドとともに、F1に対して意図的に非伝統的なアプローチをとった。モータースポーツ以外では日産はUEFAチャンピオンズリーグの公式パートナーであり、新たに4年契約をしている。時期を合わせたようにチャンピオンズリーグ決勝はこの週末にあり、「美しいゲーム」で日産のスポーツ・マーケティング計画への新たなアプローチを見られるとファンは期待できる。日産は2016年リオデジャネイロ五輪の公式自動車パートナーでもある。

▽問い合わせ先

Paul Ryan

+1-678-644-0404

Email: paul@nismosupport.com

ソース:Nissan

Nissan To Unleash GT-R In Bid To Win At Le Mans

PR56838

LONDON, May 23, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Nissan will unleash the GT-R and go head-to-head with Audi, Porsche and

Toyota at Le Mans in 2015. The Japanese manufacturer will also contest the 2015

FIA World Endurance Championship with a full factory effort of two LM P1 cars.  

Nissan's LM P1 car will be called the Nissan GT-R LM NISMO, carrying on a

sporting bloodline that stretches back 30 years and recognizes the company's

flagship road car, the Nissan GT-R.

    Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140522/90583    

    Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140522/90582

    Automobile Club de l'Ouest President, Pierre Fillon joined Nissan's Chief

Planning Office & Executive Vice-President, Andy Palmer; NISMO President

Shoichi Miyatani and NIMSO Global Head of Brand, Marketing & Sales, Darren Cox,

for the announcement in London.

    "We applaud the Automobile Club de l'Ouest and FIA for the work they have

done to get the rules right," continued Palmer. "LM P1 is not just an arms race

- all our rivals in the class have taken different technical approaches and we

will be doing the same. We want to win in a very different way to that of our

rivals. We won't be turning up in a vehicle which is a basically another hybrid

that looks like another Porsche, Audi or Toyota - they all look the same to me

- our intention is to do something that is a little bit different."

    Nissan has steadily increased its participation in motorsport in recent

times through innovative programs, such as Nissan PlayStation GT Academy and

the ACO's Garage 56 initiative.

    "Nissan is connecting in motorsport in many ways through its performance

arm, NISMO," said Cox. "In recent years we have taken a new approach to

motorsport - not racing for racing's sake - but carefully considering our

reasons to engage with our global competition."

    The Nissan GT-R NISMO GT3 now races all over the world, not least in Europe

where it is driven by the NISMO Athletes, the winners of GT Academy. Nissan's

LM P2 engine is the standout P2 power plant in recent years and the company's

commitment to the ACO's Garage 56 initiative demonstrates its love of a

technical challenge.  What Nissan learns on the track is fed through to its

road cars to deliver technical innovation across the product range.  

    "We have chosen to take the GT-R name to Le Mans as the GT-R symbolizes the

ultimate in Nissan's performance," explained Miyatani-san. "It is a true

aspirational brand; a car our fans, our customers love to drive, and love to

own. We have been using GT-R in motorsport for many years now, in Super GT and

GT3. For us LM P1 is the ultimate test. We have unfinished business at Le Mans

and now we have our chance to target victory with the Nissan GT-R LM NISMO."

    The race is now on to get Nissan's LM P1 car on the grid in 2015.  

Announcements will be made in due course concerning the drivers of the Nissan

GT-R LM NISMO, who will come from both inside and outside of the Nissan family.

The date the new car will first take to the track and the full technical

specifications will also be revealed in due course but the intentions of Nissan

are clear.

    As innovators in sports marketing, Nissan deliberately took a

non-traditional approach to F1 with its prestige Infiniti brand through its

association with Red Bull Racing. Outside motorsport, Nissan is an official

partner of the UEFA Champion's League with a new four-year deal. Fittingly, the

Champion's League final is this weekend and fans can expect to see a new

approach to Nissan's sports marketing initiatives within the 'beautiful game'.  

Nissan is also proud to be the Official Automotive Partner of the 2016 Olympic

Games in Rio.

    Contact:

    Paul Ryan - +1-678-644-0404

    Email: paul@nismosupport.com

    SOURCE: Nissan

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中