◎グッゲンハイム財団がヘルシンキ美術館新設で設計コンペ

ソロモン・R・グッゲンハイム財団

2014/6/4 15:10

◎グッゲンハイム財団がヘルシンキ美術館新設で設計コンペ

AsiaNet 56903

共同JBN 0596 (2014.6.4)

【ニューヨーク2014年6月4日PRN=共同JBN】

*建築家を対象にした公開コンペの第1ステージは2014年6月4日から9月10日まで開催

*グッゲンハイム美術館初の公開設計コンペの最終候補者ならびに優勝作品は著名審査員団が選定

ソロモン・R・グッゲンハイム財団(Solomon R. Guggenheim Foundation)は6月4日、5日に開催記念行事を開き、ヘルシンキ・サウスハーバーに建設予定のグッゲンハイム美術館の設計に関する公開の国際建築コンペに応募し始めるよう正式な呼びかけをした。2ステージに分けて行われるこのコンペは大きな注目を浴びており、世界中の設計事務所および建築家から応募があると考えられている。

長期にわたり建築に劇的な変化をもたらすような作品を依頼することで知られたグッゲンハイム財団が公開コンペで設計を募るのは今回が初めてである。同基金が新たな方向性を追求するに当たって選んだのは東西の十字路に位置し、近代および現代建築の遺産を持つことで国際的に尊重され、ヨーロッパでも最も成長著しい大都市圏の1つである。

コンペが正式に開始する前から世界中の人々から700件以上の問い合わせが寄せられている。

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館および同財団のディレクター、リチャード・アームストロング氏は6月4日にヘルシンキで開かれた記者会見の席上でコンペの詳細を発表したが、世界の建築コミュニティーに対してのお披露目は6月5日、ベニスで行われるペギー・グッゲンハイム・コレクションのレセプションになる予定で、第14回ビエンナーレ国際建築展の開幕と重なることになった。

アームストロング氏は「グッゲンハイムのミッションにとって人々と直接関わることは重要だが、その理由は芸術が劇的な変化を起こす力を持つことを確認するためであり、現代芸術の経験を偉大な建築と融合させるためでもある」として次のように述べた。「今回のコンペはこれらの目標すべてを前進させるもので、21世紀の美術館として規範になることを狙いにしており、ヘルシンキの風景にとっても意味のある存在になるだろう」

グッゲンハイム財団は今回のコンペを組織するにあたってヘルシンキ市、フィンランド、およびフィンランド建築家協会(SAFA)と協議を行っている。ロンドンに本拠を置く企業、Malcolm Reading Consultantsがコンペの管理を行う。コンペの告知は欧州連合(EU)の調達基準に従って行われる。

▽コンペの規定とスケジュールについて

第1ステージの匿名による作品応募の締め切りは2014年9月10日である。11人のメンバーからなる審査員団がヘルシンキで会合を持って最終候補6人を選び、2014年11月に発表する予定。第2ステージでは、最終選考リストに残った建築事務所は2015年3月までに詳細な応募作品を提出しなければならない。審査員団が再度、ヘルシンキで会合を持った後、グッゲンハイム財団が2015年6月に優勝者を発表する。コンペの優勝者に対しては10万ユーロ(約13万6000ドル)、入賞の5人に対してはそれぞれ5万5000ユーロ(約7万5000ドル)が贈られる。

コンペ後、ヘルシンキ市およびフィンランドはこの美術館の建設、開発を予定通り行うかどうか協議することになっている。

一般人および建築家で関心のある人はウェブサイト(http://www.designguggenheimhelsinki.org/)を参照。

▽コンペ審査員団について

審査員団メンバーは、グッゲンハイム財団、フィンランド、ヘルシンキ市、およびSAFAによって選ばれた。審査員は次のとおり。

*マーク・ウィグリー(審査員長):コロンビア大学建築・都市計画・歴史保存大学院学長兼教授

*ミッコ・アホ:建築家兼ヘルシンキ市都市計画ディレクター

*ジャンヌ・ガン:建築家兼Studio Gang Architects創立者

*フアン・エレロ:建築家兼Herreros Arquitectos創立者

*アンシ・ラッシラ:建築家兼Lassila Hirvilammiパートナー

*エルッキ・レッパブオリ:VTT Technical Research Centre of Finland社長兼最高経営責任者(CEO)

*ライネル・マハラマキ:教授兼建築家、Lahdelma & Mahlamaki

*ヘレナ・セーテリ:フィンランド環境省局長

*ナンシー・スペクター:ソロモン・R・グッゲンハイム財団次席ディレクター;ジェニファーとデービッド・ストックマン:同財団チーフキュレーター

*塚本由晴:建築家兼「アトリエ・ワン」創立者

*リトバ・ビルヤネン:ヘルシンキ市副市長

リチャード・アームストロング氏は審査員の協議に投票権のない名誉資格で出席する。

▽コンペの支援について

このコンペは「Guggenheim Helsinki Supporting Foundation」「Guggenheim Helsinkiin Association」「Louise och Goran Ehrnrooth Foundation」、匿名の個人、およびBMWグループの支援によって可能になった。

▽ソロモン・R・グッゲンハイム財団について

ソロモン・R・グッゲンハイム財団は1937年の創立で、展示会、教育プログラム、研究イニシアチブ、出版を通じて、特に近代と現代の時期に焦点を当てた芸術の理解および鑑賞の振興に尽力している。グッゲンハイムは1970年代にニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館にベニスのペギー・グッゲンハイム・コレクションが加わった時からネットワーク化されて拡張され、その後、グッゲンハイム美術館ビルバオ(1997年開館)、グッゲンハイム・アブダビ美術館(現在開発中)が加わっている。財団に関する詳しい情報はウェブサイト(http://www.guggenheim.org/new-york)を参照。

ソース:Solomon R. Guggenheim Foundation

▽問い合わせ先

Tina Vaz

Solomon R. Guggenheim Foundation

+1-212-360-4284

tvaz@guggenheim.org;

Kate Lydecker

Polskin Arts & Communications Counselors

+1-212-715-1602

lydeckerk@finnpartners.com

Guggenheim Issues Global Call for Entries in Design Competition for New Proposed Museum in Helsinki

PR56903

NEW YORK, Jun. 4, 2014/PRN=KYODO JBN/--

    -- Stage One Open to Architects June 4-September 10, 2014

    -- Distinguished Jury to Choose Finalists and Select Winning Proposal in

       First Open Competition to Design a Guggenheim Museum

   With launch events on June 4 and 5, the Solomon R. Guggenheim Foundation has

formally called for entries to begin its open, international architectural

competition for the design of a proposed Guggenheim museum on the South Harbor

of Helsinki. The keenly anticipated two-stage competition is expected to draw

submissions from firms and individuals around the world.

   This is the first time that the Guggenheim Foundation, long recognized for

commissioning transformational works of architecture, has sought a design

through an open competition. It is embarking on this new course in one of the

fastest-growing metropolitan areas in Europe, located at the intersection of

East and West and respected internationally for its heritage of modern

architecture and design.

   More than 700 inquiries about participation were received from people around

the world even before the official start of the competition.

   Richard Armstrong, director of the Solomon R. Guggenheim Museum and

Foundation, announced details of the competition at a media conference held on

June 4 in Helsinki and will introduce the competition to the international

architectural community at a reception on June 5 at the Peggy Guggenheim

Collection in Venice, coinciding with the opening of the 14th International

Architecture Biennale.

   "It is essential to the Guggenheim's mission to engage directly with people

throughout the world, to affirm the transformative potential of art, and to

fuse the experience of contemporary art with great architecture," Mr. Armstrong

stated. "This competition advances all of those goals, with the aim of

inspiring an exemplary museum of the twenty-first century that is also a

meaningful addition to the landscape of Helsinki."

   The Guggenheim is organizing the competition in consultation with the City

of Helsinki, the State of Finland, and the Finnish Association of Architects

(SAFA). The competition is managed by the London-based firm Malcolm Reading

Consultants. Notice of the competition will be published in accordance with

European Union procurement regulations.

   Rules and Schedule of the Competition

   Anonymous submissions for Stage One of the competition are due by September

10, 2014. An eleven-member jury will meet in Helsinki and select six finalists,

who will be announced in November 2014. During Stage Two, the shortlisted firms

will have until March 2015 to make their detailed submissions. After the jury

meets again in Helsinki, the Guggenheim will announce the winner in June 2015.

The winner of the competition will be awarded EUR100,000 (approximately

$136,000) and the five runner-ups will each receive EUR55,000 (approximately

$75,000).

   The City of Helsinki and the State of Finland are expected to deliberate on

whether to proceed with the construction and development of the museum after

the competition concludes.

   The public and interested architects are invited to visit:

http://www.designguggenheimhelsinki.org/.

   Competition Jury

   The members of the jury have been selected by the Guggenheim, the State of

Finland, the City of Helsinki, and SAFA. The jurors are:

    -- Mark Wigley, professor and Dean of the Graduate School of Architecture,

       Planning and Preservation at Columbia University (jury chair)

    -- Mikko Aho, Director of City Planning and architect, City of Helsinki

    -- Jeanne Gang, founder and architect, Studio Gang Architects

    -- Juan Herreros, founder and architect, Herreros Arquitectos

    -- Anssi Lassila, partner and architect, Lassila Hirvilammi

    -- Erkki Leppavuori, President and CEO, VTT Technical Research Centre of

       Finland

    -- Rainer Mahlamaki, professor and architect, Lahdelma & Mahlamaki

    -- Helena Sateri, Director General, Ministry of the Environment, Finland

    -- Nancy Spector, Deputy Director and Jennifer and David Stockman Chief

       Curator, Solomon R. Guggenheim Foundation

    -- Yoshiharu Tsukamoto, founder and architect, Atelier Bow-Wow

    -- Ritva Viljanen, Deputy Mayor, City of Helsinki

   Richard Armstrong will attend the jury's deliberations in an honorary,

non-voting capacity.

   Support for the Competition

   The competition is made possible by the Guggenheim Helsinki Supporting

Foundation, Guggenheim Helsinkiin Association, Louise och Go;ran Ehrnrooth

Foundation, and private individuals who wish to remain anonymous, with special

thanks to the BMW Group for its support.

   About the Solomon R. Guggenheim Foundation

   Founded in 1937, the Solomon R. Guggenheim Foundation is dedicated to

promoting the understanding and appreciation of art, primarily of the modern

and contemporary periods, through exhibitions, education programs, research

initiatives, and publications. The Guggenheim network that began in the 1970s

when the Solomon R. Guggenheim Museum, New York, was joined by the Peggy

Guggenheim Collection, Venice, has since expanded to include the Guggenheim

Museum Bilbao (opened 1997) and the Guggenheim Abu Dhabi (currently in

development). More information about the Foundation can be found at:

http://www.guggenheim.org/new-york

   SOURCE: Solomon R. Guggenheim Foundation

  CONTACT: Tina Vaz

           Solomon R. Guggenheim Foundation

           +1-212-360-4284

           tvaz@guggenheim.org;

           Kate Lydecker

           Polskin Arts & Communications Counselors

           +1-212-715-1602

           lydeckerk@finnpartners.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中