◎Ulmartがロシア小企業の成長を支援するオンライン・プラットフォームを拡大

Ulmart

2014/6/26 17:07

◎Ulmartがロシア小企業の成長を支援するオンライン・プラットフォームを拡大

AsiaNet 57194

共同JBN 0717 (2014.6.26)

【モスクワ2014年6月26日PRN=共同JBN】Ulmartはロシアのインターネット小売りのリーダーとしての栄誉に甘んじることなく、同社の業績水準をさらに高めるための最初の一歩を踏み出した。UlmartのA-Teamは、ロシアの起業家の多くがよいアイデアを思いついても小売りプラットフォームがないため、それを開発することができないと考えていることに着目した。展示会や、ソーシャルネットワークのサイトや、友人らに商品を販売しなければ、販売を増やすことは極めて難しいことは明白である。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140203/667275

Ulmartのプロジェクトは同社の明確な競争的優位を重点的に活用し、約400のピックアップ/オーダー・ポイント(アウトポスト)がある広範なネットワークを積極的に利用する。

この「プリ・ラストマイル」インフラストラクチャーは、Ulmartがロシアの消費者の85%近くに配送できる重要な要素の1つであり、同社はこのインフラを使って2014年には16億5000万ドル(VATを含む)の売上高を目標に設定している。

消費者は、Ulmartの電子カタログ(現在6万7000SKU)を通じてロシアの小企業が提供する商品を見つけることができる。売り主はこの商品をアウトポストに配送しなければならない。売り主は商品を掲載するUlmartに対し、販売価格に基づいた手数料と、Ulmartがアウトポストに配送する追加料金を支払う。

Ulmartのコミュニケーション担当ディレクターでA-Teamメンバーであるブライアン・キーン氏は「この方法による販売は2018年には当社の売上高のかなりの部分を占めることになるとみている。この取り組みは小企業への「サービス」であり、消費者にとってのメリットとなる。ロシアのオンライン買い物客は探している商品をUlmart.ruで見つけてもらいたい。またこのプロジェクトが当社の業績レベルをさらに押し上げると確信している」と語った。

Ulmartプラットフォームで販売される商品は広範囲に及ぶが、確かなことは、すべての商品がロシアにある小企業が提供したものになることである。A-Teamはモバイル機器用のソーラー充電器、高性能な外部スピーカーなどテクニカル商品を優先的に取り扱う。

キーン氏は「小規模のロシア起業家の頭脳や努力から生まれたグッドアイデアがエレクトロニクスのカタログに掲載される可能性が大きい」とも語った。

ちなみに、A-TeamはUlmart社員で構成されるグループで、アイデアを思いつき、それを経営陣に提案するさまざまな専門知識を備えている。A-Teamは国外在住のロシア人のために発注ポイントを設ける独自のアイデアを思いつき、ロシア政府がBitcoinを禁止する前はBitcoinの利用を開始しようとしたが、禁止されたために国内向けの販売アイデアを打ち出した。

ソース:Ulmart

Ulmart Plans to Expand Its Online Platform to Help Small Businesses in Russia Grow

PR57194

MOSCOW, Jun 26/PRN=KYODO JBN/ --

    

    So as not to rest on its laurels as the leader of Russian internet-retail,

Ulmart is taking the initial steps to prepare the company for a deeper level of

fulfillment. Ulmart's A-Team notes that many an entrepreneurial Russian sees

the development of good ideas stymied because of the lack of retail platforms.

If not selling the items at trade fairs, through social networking sites or to

friends, growing sales has proven very difficult.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140203/667275 )

    The Ulmart project will emphasize the company's clear competitive advantage

by actively using the expansive network of nearly 400 pick-up/order points

(Outposts).

    This "pre last-mile" infrastructure is one of the key elements that has

enabled Ulmart to reach nearly 85% of Russia's consumption power and is putting

the company on target to reach sales of $1.65 billion (with VAT) in 2014.

    A customer will be able to find goods supplied by Russian small businesses

via the Ulmart electronic-catalogue (currently with 67,000 SKU); the seller is

obligated to deliver the item to the Outposts. The seller pays a fee to Ulmart

based for placing the item, on the value of the sale and an additional fee

should Ulmart deliver it to the Outpost.

    "We expect these sales to become a fair amount of our revenue by 2018. This

effort is both a 'service' to small business and a benefit to consumers-we want

Russian online shoppers to find what they are looking for at Ulmart.ru and we

believe this proposition can further increase our level of fulfillment," Brian

Kean, Ulmart's Director for Communications and an A-Team member commented.

    While the goods to be sold via the Ulmart platform will widely vary, for

certain is that 100% of them be provided by small businesses located in Russia

and the A-Team gives priority to technical ones like solar rechargers,

external, high-powered speakers for mobile devices, etc.

    "Any good idea that comes from the minds and hard-work of a small, Russian

entrepreneur could very likely appear in the electronic-catalogue."

    As a reminder, the A-Team is a group of Ulmart employees from different

specialties who brainstorm ideas and suggest them to top-management. The A-Team

came up with the unique idea of establishing an order-point for Russians living

abroad, tried to launch the use of Bitcoins until the Russian government

outlawed them and had launched other ideas internally.

    SOURCE: Ulmart

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中