◎ エアチャイナとルフトハンザが戦略的パートナーシップを強化

中国国際航空(エアチャイナ)

2014/7/8 15:40

◎ エアチャイナとルフトハンザが戦略的パートナーシップを強化

AsiaNet 57298

共同JBN 0761 (2014.7.8)

【北京2014年7月8日PRN =共同JBN】ドイツのメルケル首相が中国を公式訪問中、中国国際航空(エアチャイナ)の宋志勇社長兼エグゼクティブディレクターとルフトハンザ・ドイツ航空のカルステン・シュポール取締役会議長兼最高経営責任者(CEO)は北京で両社の戦略的パートナーシップを拡大する了解覚書に署名した。

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20080625/CNW017LOGO

エアチャイナの宋志勇社長兼エグゼクティブディレクターとルフトハンザのカルステン・シュポール取締役会議長兼最高経営責任者(CEO)が、メルケル首相の中国滞在中に署名した覚書は乗客合弁協力での戦略的パートナーシップを強化するものである。

宋志勇社長は7月7日に北京で行われた署名式に際し「グローバルな航空ネットワークになるというエアチャイナの努力は、航空会社間のアライアンスと協力パートナーの存在を抜きにしては成功することができない。将来のルフトハンザとのジョイントベンチャー協力は国際的な路線ネットワークの拡大を目指すエアチャイナの努力を実現するもので、双方に利益をもたらし、旅行選択の幅を拡大し、旅客に快適な旅を提供することになる」と語った。

シュポール議長は「エアチャイナとともにわれわれの顧客、特に欧州と中国の顧客により便利なフライトコネクションとサービスを提供できることをうれしく思う。業界をリードする航空会社、特にルフトハンザグループとの戦略的パートナーシップのおかげで、世界の4大経済大国との路線接続はより便利になるだろう」と述べた。

2014年夏シーズン、エアチャイナとルフトハンザの中国・ドイツ間の乗客収容能力は合わせて週81便となる。現在、エアチャイナとルフトハンザは中国とドイツの間のフライトはすべてコードシェアリングを導入している。同時に国内および第3国のコードシェアリングについては、エアチャイナとルフトハンザはそれぞれ9カ所のアクセスポイントにネットワークを拡大し、チューリヒ、スペイン、ブラジルなどの目的地に飛ぶことができる。ルフトハンザとのジョイントベンチャーでは顧客に対してより多様なルートを提供し、よりフレキシブルな接続を可能にできる。旅程のオプションとフライトコネクションが増える。新しいパートナーシップの合意は2段階に分けて実行され、最初に2014年10月に発表される冬期スケジュールに反映される。両社は別の覚書にも署名した。メンテナンス、修理、オーバーホールサービス分野での協力拡大を取り決めている。

中国と欧州をつなぐ最大の航空会社として、エアチャイナは欧州全体をカバーするネットワークの構築を進めてきた。現時点ではエアチャイナは中国と欧州との間で23の路線を保有し、1日当たり194便を欧州の19主要都市に就航させている。ロンドン、パリ、フランクフルト、ウィーン、ローマ、マドリードなどが含まれている。2013年、エアチャイナは中国と欧州との間で195万人を運んだ。平均座席占有率は80%を超えた。北京をハブにした強力でバランスのとれたグローバルネットワークをベースに、特に2007年にスターアライアンスに加わってからエアチャイナは195カ国の1328空港に乗り入れている。ルフトハンザとのジョイントベンチャーはグローバル化へ向けてのもう1つの重要なステップとなる。エアチャイナは今後とも乗客により多くのフライトコネクションと旅の快適さを提供していく。

ソース:Air China

Air China and Lufthansa Group Strengthen Strategic Partnership

PR57298

BEIJING, July 8, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    During German Chancellor Dr Angela Merkel's state visit to China, Song

Zhiyong, President & Executive Director of Air China Limited and Carsten Spohr,

Chairman of the Executive Board and CEO of Deutsche Lufthansa AG, signed a

memorandum of understanding in Beijing to expand the scope of the strategic

partnership between their companies.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20080625/CNW017LOGO

    Song Zhiyong, President & Executive Director of Air China Limited and

Carsten Spohr, Chairman of the Executive Board and CEO of Deutsche Lufthansa

AG, signed a memorandum of understanding on a passenger joint venture

cooperation to enhance the strategic partnership, during the Chancellor's visit

to China.

    President Song Zhiyong said at the signing of the memorandum of

understanding on 7 July in Beijing, "Air China's endeavour to become a global

network carrier will not be successful without alliance and cooperation with

our partners. The future joint venture cooperation with Lufthansa will

facilitate Air China's efforts in expanding international route network while

enabling us to achieve win-win results and provide more travel choices and

convenience to our passengers."

    "We are delighted that, together with Air China, we will be able to offer

our customers, particularly those in Europe and China, even better flight

connections and services in the future," said Mr. Carsten Spohr. "Thanks to

strategic partnerships with leading airlines, the Lufthansa Group airlines now

connect the world's four largest economies even better."

    In the summer season of 2014, Air China and Lufthansa have a joint capacity

input of 81 flights per week on the Sino-German routes. As of today, Air China

and Lufthansa have been codesharing on all their flights between China and

Germany. Meanwhile, with the domestic and third-country codeshare, Air China

and Lufthansa are able to expand network access to 9 points in China and

Germany respectively as well as destinations in Zurich, Spain and Brazil, etc.

This new joint venture with Lufthansa will also offer customers of both

airlines a product range that is more varied and can be combined more flexibly.

This provides additional travel options and flight connections. The new

partnership agreement should come into force in two phases as early as the

start of the winter flight timetable in late October 2014. Both companies also

signed a memorandum of understanding to expand collaboration in the area of

maintenance, repair and overhaul services.

    As the largest air carrier between China and Europe, Air China has been

expanding its route network covering the whole Europe. As of today, Air China

owns 23 flight routes between China and Europe with 194 flights per day,

reaching 19 major cities in Europe including London, Paris, Frankfurt, Vienna,

Rome, Moscow, and Madrid, etc. In 2013, Air China transported 1.95 million

passengers between China and Europe with an average load factor of over 80%.

Based on a strong and balanced global network with Beijing as a hub, and

especially since it joined the Star Alliance in 2007, Air China is able to

connect passengers to 1328 airports in 195 countries. The joint venture

partnership with Lufthansa marks another important step in the globalization

process of Air China and will provide passengers with more flight connections

and travel convenience.

    SOURCE: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中