日本映画専門チャンネル『ゴジラ総選挙』ベスト・オブ・ゴジラ作品は「ゴジラVSビオランテ」に決定!

日本映画放送

2014/7/25 17:30

2014.7.25

日本映画衛星放送株式会社

日本映画専門チャンネルとゴジラファンが、ゴジラシリーズ全28作品のベストを決める!

7.25「GODZILLA ゴジラ」公開記念

『ゴジラ総選挙』

ベスト・オブ・ゴジラ作品は「ゴジラVSビオランテ」に決定!

 日本映画衛星放送株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長 杉田成道)が運営する日本映画専門チャンネルでは、「ゴジラ」生誕60周年、および7/25(金)新作「GODZILLA ゴジラ」公開を記念して、「ゴジラ」シリーズ全28作品の中から “ベスト・オブ・ゴジラ” を決定する“ゴジラ総選挙”を開催。結果、シリーズ第17作 『ゴジラVSビオランテ』(1989年公開)が“ベスト・オブ・ゴジラ”作品に輝いた。

 28作品から上位4作品を決定する第一次投票(5/5~6/22)では、2万票を超える投票が、さらに上位4作品による決選投票・最終投票(7/1~7/19)には13万票が集まり、トータル15万票を超える熱い投票が行われました。

  また、7/19(土)スタジオアルタより、『笑っていいとも!』放送終了以来初となる公開生放送で行われたチャンネル制作番組 『THE☆BEST 「ゴジラ総選挙」 最終プレゼンSP』では、選定委員長・松尾貴史と4人のプレゼンター佐野史郎(俳優)、浦沢直樹(漫画家)、角田信朗(空手家)、コトブキツカサ(映画パーソナリティ)が上位4作品を熱くプレゼンテーション。出演者の投票ポイント、会場に集結したゴジラファン200名のポイント、そしてインターネットで投票いただいた15万票の獲得ポイントの総合判定により、『ゴジラVSビオランテ』 が 『ゴジラ(1954年)』 を僅差で抑え第1位に輝きました。

 なお本作を含めチャンネルでは、8月より毎週火曜よる11時、海外版を含むゴジラシリーズ30作品を順次放送。ゴジラ60年の歴史をこの機会に是非ご自身の目でお確かめください。

第1位『ゴジラVSビオランテ』   :計49ポイント

第2位『ゴジラ(1954年)』       :計47ポイント 

第3位『ゴジラVSデストロイア』:計41ポイント

第4位『モスラ対ゴジラ』           :計26ポイント

■“ベスト・オブ・ゴジラ” 作品決定までの流れ  

以下の①~④のポイント合計により決定いたしました。

①決選投票・・・7/1(火)17時~18(金)23時59分まで特設ページ上で上位4作品から1作品を選び投票  

1位(15ポイント)6,517票『ゴジラVSデストロイア』

2位(10ポイント)5,654票『ゴジラVSビオランテ』

3位( 5ポイント)4,025票 『ゴジラ(1954年)』

4位( 3ポイント)3,206票 『モスラ対ゴジラ』

計 19,402票 (※1人1日1票投票可能)

②当日最終投票・・・7/19(土)0時~17時40分まで特設ページ上で上位4作品から1作品を選び投票

1位(15ポイント)34,942票『ゴジラ(1954年)』

2位(10ポイント)33,015票『ゴジラVSデストロイア』

3位( 5ポイント)28,413票 『ゴジラVSビオランテ』

4位( 3ポイント)17,377票 『モスラ対ゴジラ』

計 113,747票 (※1人何度でも投票可能)

③観覧者投票・・・7/19(土)スタジオアルタにて行われた『THE☆BEST 「ゴジラ総選挙」最終プレゼンSP』会場観覧者による挙手ポイント

1位(15ポイント) 『ゴジラVSビオランテ』

2位(10ポイント) 『ゴジラ(1954年)』

3位( 5ポイント) 『モスラ対ゴジラ』

4位( 3ポイント) 『ゴジラVSデストロイア』

④ゲスト投票・・・・選定委員長・松尾貴史と4名のプレゼンターによる投票ポイント

1位(19ポイント)『ゴジラVSビオランテ』    プレゼンター:角田信朗

2位(17ポイント)『ゴジラ(1954年)』        プレゼンター:佐野史郎

3位(15ポイント)『モスラ対ゴジラ』            プレゼンター:浦沢直樹

4位(13ポイント)『ゴジラVSデストロイア』 プレゼンター:コトブキツカサ

【最終結果】

①~④のポイント合計

第1位 『ゴジラVSビオランテ』   計49ポイント

第2位 『ゴジラ(1954年)』         計47ポイント

第3位 『ゴジラVSデストロイア』  計41ポイント

第4位 『モスラ対ゴジラ』      計26ポイント

【ゴジラ総選挙公式ホームページ】 

http://www.nihon-eiga.com/osusume/godzilla-1/

■チャンネル名称:日本映画専門チャンネル

■視聴方法:スカパー!(BSch.255)/スカパー!プレミアムサービス(CSch.634)、スカパー!光/J:COM/ひかりTV/auひかり/ケーブルTV

■視聴可能世帯数:約753万世帯(2014年2月末調べ)  

■日本映画専門チャンネル公式HP:http://www.nihon-eiga.com/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース