◎TOEICがリスニング&リーディング判定に関する年次報告を発表

Educational Testing Service

2014/8/15 09:20

◎TOEICがリスニング&リーディング判定に関する年次報告を発表

AsiaNet 57564

共同JBN 0875 (2014.8.15)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2014年8月15日PRN=共同JBN】

*今回で2度目になる年次報告書によればTOEIC(登録商標)テストが職場における英語力測定の手段として広く使われていることが明らかになった

Educational Testing Service(ETS、 http://www.ets.org/ )が世界のTOEIC(登録商標)受験者のTOEIC(登録商標)リスニングおよびリーディングの評価(L&R、 http://www.ets.org/toeic/listening_reading/about?WT.ac=toeichome_listeningreading_121127 )に関する2度目の年次報告書を発表する。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120110/DC33419LOGO

この「世界のTOEIC(登録商標)受験者のリスニングとリーディングに関する報告書(Listening and Reading Report on Test Takers Worldwide)」は2013年に行われた「TOEIC(登録商標)バックグラウンド・アンケート(TOEIC (R) Background Questionnaire)」に答えたすべての受験者から集めた情報に基づいている。同報告書にはTOEICテスト受験者のリスニングとリーディングの平均スコア、学歴、職歴、英語学習歴および利用度、さらに過去のTOEIC受験経験に関する情報が含まれている。

ETSがこのデータを公表する狙いはテストを利用する団体にテストを受験する人の経歴やTOEICのスコアおよび関連する英語力の向上に影響を与えた要素ついてより良く知ってもらうためである。利用団体はこのデータを基にしてベンチマークとしてのスコアや目標値を設定することができるが、回答率が受験者のバックグラウンドによって異なることもあり、このデータを基に推論を行う際には特別な注意が必要になる。

TOEIC Programのエグゼクティブ・ディレクター、フェン・ユー氏は「言語としての英語が世界的な広がりを見せる現在、そのスコアを利用する団体はどのような人がTOEICテストを受験しているのか理解することが重要である。受験者に対する質問は非常に徹底しており、テストのプロセスも標準化されているため、スコアを利用する団体は受験生の背景や住む場所に違いがあっても公平に比較することができる」と述べた。

このデータとTOEICのスコアを合わせて使えば、利用団体は多様で質の高い労働力プールを作り、従業員を国や地域の中でまたはその境界を越えて転勤、開発、昇進させる際に情報に基づいた意志決定をすることができるようになる。さらに、TOEICテストが世界でさらに受け入れられているため、受験者もより多くの団体の中で自分のキャリアアップを図ることができる。

▽年次報告ハイライト

*2013年のTOEIC L&R受験者の概説

*国別、業界別などの平均TOEICスコア

*L&Rスコアの相関関係

*受験者の人口動態

TOEIC評価は受験者が職場で英語を使う能力を公正、確実、かつ根拠のある方法で測定している。TOEICテストは150カ国約1万4000の団体によって使われており、個人の英語力を評価し、従業員として採用を検討している人が職場環境においてどの程度英語力を発揮できるかを測定するための国際基準になっている。

利用団体の側ではTOEICのスコアや調査結果を強力な従業員ベースを築くために利用しようとするが、求職者の側でも競争の厳しい求人市場で自分を差別化するための手段としてTOEICプログラムを信頼している。TOEIC評価は語学力を4分野のすべてにわたって測定し、受験者の長所や弱点の記述を提供することによって重要な雇用、就職あっせん、訓練に関する決定に資することができる。

報告書のダウンロードはウェブサイト( www.ets.org/toeic/publications )を参照。TOEICプログラムについての詳しい情報はウェブサイト( www.ets.org/toeic )を参照。

▽TOEICテストについて

TOEIC テストは30年以上にわたり、職場における英語コミュニケーション能力を測定するための世界標準になっている。TOEICリスニング&リーディング・テスト、TOEICスピーキング&ライティング・テスト、TOEIC Bridge(商標)テストを含め、各種のTOEICテストが150カ国、1万4000近くの企業、団体、政府機関で利用されている。2012年には各種TOEICテストが世界各地で700万回近く実施され、TOEICプログラムを最大かつ最も幅広く利用された職場の英語検定試験として不動のものにした。TOEIC Programが提供するTOEICテストおよび他のサービスについての詳しい情報はウェブサイト( www.ets.org/toeic )を参照。

▽ETSについて

ETSは厳格な調査に基づいた評価方法を創設し、世界の人々の教育の質および公平性を推進している。ETSは教職課程、英語学習、初等・中等・後期中等教育、および教育研究、分析、政策研究向けにカスタマイズされたソリューションを提供することで、個人、教育機関、および政府省庁に貢献している。ETSは1947年に非営利団体として創設され、年間を通して180カ国以上、9000以上の場所で5000万回以上のテストの開発、管理、採点を行っており、その中にはTOEFL(登録商標)とTOEIC(登録商標)テスト、GRE(登録商標)テスト、The Praxis Series(商標)評価などが含まれる。ウェブサイトは www.ets.org 。

ソース:Educational Testing Service

▽問い合わせ先

Allyson Toolan,

1-609-683-2092,

mediacontacts@ets.org

TOEIC(R) Program Releases 2013 TOEIC(R) Listening and Reading Worldwide Data

PR57564

PRINCETON, N.J., Aug. 15, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

   - Second annual report highlights widespread use of TOEIC(R) test to

            measure English proficiency in the workplace

    Educational Testing Service (http://www.ets.org/) (ETS) is releasing the

second annual report on TOEIC(R) test takers worldwide for the TOEIC(R)

Listening and Reading (

http://www.ets.org/toeic/listening_reading/about?WT.ac=toeichome_listeningreading_121127

) (L&R) assessment.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120110/DC33419LOGO

    The TOEIC(R) Listening and Reading Report on Test Takers Worldwide is based

on the information gathered from all test takers who completed the TOEIC(R)

Background Questionnaire administered in 2013. The report presents information

about TOEIC test-takers' average Listening and Reading scores, educational

background, work experience, English language study and use, and the TOEIC

test-taking experience.

    ETS is making this data available to enable users to learn more about the

backgrounds of people who took the test and some of the factors that impacted

their TOEIC scores and related improvement in English proficiency.

Organizations can look at the data to set score benchmarks and goals; however,

because the response rates varied across different background questions,

special care should be taken in making inferences based on this data.

    "As the English language continues to grow globally, it is critical that

score users understand more about who takes the TOEIC test," says Feng Yu,

Executive Director of the TOEIC Program. "And because the questionnaire is so

in-depth and the testing process is standardized, test takers of any background

and location can be compared fairly by score users."

    Relying on this data and TOEIC scores, organizations can build a more

diverse and qualified labor pool to make informed decisions around placing,

developing and promoting employees from and within any country or region.

Additionally, the growing acceptance of the TOEIC tests around the world means

test takers can advance their careers at a wider range of organizations.

    Report highlights include:

       -- Description of TOEIC L&R test-takers in 2013

       -- Average TOEIC scores across native countries, industries, etc.

       -- Relationships among L&R scores

       -- Test-taker demographics

    TOEIC assessments are fair, reliable and valid measures of a test-taker's

ability to use English in the workplace. Used by nearly 14,000 organizations in

150 countries, the TOEIC tests are the international standard for assessing an

individual's English-language proficiency level and measuring how well

potential employees can apply their English-language skills in a work

environment.

    While organizations use TOEIC scores and surveys to build a stronger

employee base, job seekers trust the TOEIC Program to differentiate themselves

in a competitive job market. TOEIC assessments measure all four language skills

and provide descriptions of test-takers' strengths and weaknesses that can be

used to inform critical hiring, placement and training decisions.

    To download the report, visit www.ets.org/toeic/publications. For more

information about the TOEIC program, please visit www.ets.org/toeic.

    About the TOEIC Test

    For more than 30 years, the TOEIC test has been the global standard for

measuring workplace English-language communication skills. The TOEIC assessment

family, including the TOEIC Listening and Reading test, the TOEIC Speaking and

Writing tests and the TOEIC Bridge(TM) test are used by nearly 14,000

businesses, organizations, and government agencies in 150 countries. In 2012,

almost seven million TOEIC tests were administered worldwide, solidifying the

TOEIC Program as the largest and most widely used English-language assessment

for the workplace. For more information on the TOEIC tests and other services

provided by the TOEIC Program, visit www.ets.org/toeic.

    About ETS

    At ETS, we advance quality and equity in education for people worldwide by

creating assessments based on rigorous research. ETS serves individuals,

educational institutions and government agencies by providing customized

solutions for teacher certification, English language learning, and elementary,

secondary and postsecondary education, and by conducting education research,

analysis and policy studies. Founded as a nonprofit in 1947, ETS develops,

administers and scores more than 50 million tests annually ― including

theTOEFL(R) and TOEIC(R) tests, the GRE(R) tests and The Praxis Series(R)

assessments ― in more than 180 countries, at over 9,000 locations worldwide.

www.ets.org.

    SOURCE: Educational Testing Service

    CONTACT: Allyson Toolan,

    1-609-683-2092,

    mediacontacts@ets.org  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中