◎エアチャイナが華夏航空とのコードシェアを開始

中国国際航空(エアチャイナ)

2014/9/1 14:08

◎エアチャイナが華夏航空とのコードシェアを開始

AsiaNet 57710

共同JBN 0918 (2014.8.29)

【北京2014年8月29日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)と華夏航空(China Express)は8月29日、貴州省貴陽市でコードシェア協力協定に調印した。両航空会社は9月1日から特定のフライトでコードシェアを開始する。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20140829/0861406219-a

photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20140829/0861406219-b

Logo - http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

協定によると、両航空会社は重慶、貴陽、大連の都市をそれぞれの路線に接続する。この協定によって、エアチャイナは華夏航空が運行する32の路線でCAコードが付加され、重慶の近隣および貴州、遼寧の両省にある中小都市に同社路線網を拡大する。同時に、華夏航空はエアチャイナが運行する30ルートにG5コードが適用され、同社運行網を中国の大都市、中規模都市の大半に広げることになる。現在、エアチャイナは重慶市、貴州省、遼寧省に50以上の路線を運行しており、重慶市、貴州省、遼寧省を経由して中国の大半の省都への容易な交通の便を乗客に提供している。

エアチャイナの商業委員会国際協力局のロウ・ヨンフォン局長は「エアチャイナはこれまでも他の航空会社と提携することを重視してきた。当社としては、華夏航空とのコードシェア協力が双方の運行網拡大につながり、中国全土の乗客は重慶市、貴州省、遼寧省の周辺への旅行が便利になることを目指している」と語った。

華夏航空のルオ・トング副社長は「今回の提携は両航空会社の路線網を接続するだけでな、幹線と支線とが互いに補完し合うことになる。支線市場は安定した幹線運行網から恩恵を受けることによって急速に発展することになる。支線市場の2目的地をつなぐ運行は、幹線の運行によって下支えされる。華夏航空は中規模および小規模都市へのアクセスをより便利することに全力を挙げており、これを最低限の社会的費用で実現する最も効果的な方法は、幹線ルートの運行網を最大限利用して支線ルートの市場を拡大することである。

▽中国国際航空(エアチャイナ)について

エアチャイナは中国を代表する唯一の航空会社で、中国と欧州および中国と米州を結ぶ最大の航空会社である。同社の路線網は世界の32の国・地域の162以上の目的地に広がっている。華夏航空は乗客と貨物運送のために支線を運行する航空会社である。チャイナエアと華夏航空のコードシェア提携は、幹線ルートの航空会社と国内支線ルートの航空会社との画期的なパートナーシップであり、これによってより多くのプロダクトがより多くのプロダクトが利用可能となり乗客の旅のオプションが増える。さらに中小都市と中国の他の地域との文化交流を促進し、地域の経済発展を加速するとともに、中国の支線ルート市場の発展を推進することになる。

ソース:Air China

Air China Starts Codeshare with China Express

PR57710

BEIJING, Aug. 29, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

Air China and China Express signed a codeshare cooperation agreement in the

city of Guiyang, Guizhou province on August 29, 2014, and the two carriers will

start to share codes on each other's selected flights from September 1, 2014.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20140829/0861406219-a

photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20140829/0861406219-b

Logo - http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

According to the agreement, the two carriers will connect the cities of

Chongqing, Guiyang and Dalian to their respective networks. With the

cooperation, Air China will be put its code CA on 32 routes operated by China

Express, which will extend its route network to the second-tier and third-tier

cities around Chongqing as well as in provinces of Guizhou and Liaoning

Province. At the same time, China Express will put is G5 code on 30 routes

operated by Air China, which will extend its network to most of China's big and

medium-sized cities. Currently, Air China operates over 50 routes to Chongqing,

Guizhou and Liaoning, giving passengers easy access to most of the Chinese

provincial capitals via Chongqing, Guiyang and Dalian.

Lou Yongfeng, Managing Director, International Cooperation Department,

Commercial Committee, said, "Air China has always attached great importance to

establishing partnerships with other carriers. It is our hope that our

codeshare cooperation with China Express will further expand the networks of

both sides and make it easier for passengers around the country to travel to

and from the regions around Chongqing, Guizhou and Liaoning."

Luo Tong, Vice President of China Express, said, "The cooperation not only

connects the networks of the two carriers, but also make a trunk route carrier

and a feeder carrier complement each other. The feeder market will enter a fast

track by benefiting from the well-established trunk routes. So the

point-to-point operations of the feeder market will be supported by trunk route

operations. China Express is quite committed to making medium- and small-sized

cities more accessible, and the most effective way of doing that at the lowest

social costs is to fully take advantage of the network of trunk routes to grow

the feeder market."

Air China is China's only national flag carrier and also the largest carrier

between China and Europe and between China and America. Its route network

serves over 162 destinations in 32 countries and regions worldwide. China

Express is a carrier operating feeder routes for passenger and cargo

transportation. The codeshare cooperation between Air China and China Express

blazes the trail for partnership between trunk route carrier and domestic

feeder carrier, make more products available to the domestic market, giving

passengers in more travel options, promote the cultural exchanges of

second-tier and third-tier cities with other parts the country, facilitate

regional economic development, and further promote the development of China's

feeder route market.

SOURCE  Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中