◎心不全患者遠隔医療計画で自己管理改善、入院減少を可能に

Philips Health

2014/9/8 10:02

◎心不全患者遠隔医療計画で自己管理改善、入院減少を可能に

AsiaNet 57769

共同 JBN 0945 (2014.9.5)

【シンガポール2014年9月5日PRN=共同JBN】イースタン・ヘルス・アライアンス(The Eastern Health Alliance、EHアライアンス)とチャンギ総合病院(Changi General Hospital、CGH)はフィリップス・ヘルスケア(Philips Healthcare、Philips)と提携して、シンガポールの心不全患者のためにシンガポール初のテレヘルス(遠隔医療)計画に乗り出した。この革新的な計画はEHアライアンスの健康管理部門(HMU)看護師遠隔ケアラーを通じて遠隔監視、遠隔教育、遠隔ケア・サポートの主要3要素を総合するものである。これらは心不全患者自身の健康ケアへの関与、入院リスクと早すぎる死の減少を助ける。

心不全患者は再入院することが多い。CGHでは12カ月以内に40%が再入院する。主な理由は指示された治療計画を守らないことで、例えば薬を正しく服用しない、または一貫して服用しないことや毎日の体重をモニターしないこと、水摂取や食事の制限を守らないことである。その他の理由は病気の進行や感染症などである。

計画のディレクターでCGH心臓病科上級医長のジェラード・レオン博士は「心不全患者はケアを受け、必要なサポートを受けられれば質のよい生活を楽しむことができる。教育とモニターは成功のカギとなる要素である。心不全患者は理解し、よりよくサポートされていると感じ、病気の管理法に確信を持てば、それだけ治療計画を守り、必要なライフスタイルの変更をするようになる。要するに、これがこの心不全遠隔医療計画で目指していることなのである」と語っている。

シンガポール初の心不全遠隔医療計画はCGH(2006年からジョイント・コミッション・インターナショナルの認定を受けている)の確立された心不全計画、現行のHMU心不全計画に基づいている。CGHは国際センターより低い心不全死亡率を達成している。

EHアライアンスのT・K・ウダイラム・グループCEOは「CGHはよい結果を出しており、われわれは心不全患者にそれ以上のことができると信じている。したがって、心不全患者が自分の病気をよりよく管理するのを助け、病院と家庭のケアのギャップを狭める遠隔医療サービスの可能性に興奮している。簡単に言えば、われわれは患者の家庭にケアをもたらし、日常行為の一環として自分で容易にモニターできる利便性を提供し、必要な場合には情報と支援を提供する。この計画をシンガポールにもたらすためにフィリップスと協力するのはうれしい」と述べている。

フィリップス・ヘルスケア・アジア太平洋のアージェン・ラダー社長は「フィリップスは患者ケアのイノベーションと質の改善にコミットしている。EHアライアンスとともに心不全患者の遠隔医療を通じたケア調整のスケーラブルで持続可能な展開の先例となるシンガポールにおけるケア・モデル、保健システムが急速に高齢化する人口の増大する困難に対応するのを助けるイノベーションの確立に努力する」と語っている。

EHアライアンスとCGHはフィリップスと協力してこの計画を開発し、地元住民の特徴に合わせてきた。これには患者のニーズに対する計画プロトコルのカスタム化、英語、中国語(北京官話)、マレー語で利用できるコンテンツの作成が含まれている。

計画に参加する患者には次の機器が提供される。

*個人用健康タブレット

*体重計

*血圧計

これらの機器はモニターのために中枢システムに自動的にアップロードされる3つの重要パラメーター-毎日の体重、脈拍、血圧-の測定で患者を支援するために使われる。ビデオによる教育資料は遠隔提供され、患者はタブレットで利用できる。HMU看護師遠隔ケアラーは支援とモニターを提供し、悪化の兆候が探知された場合は早期に関与できる。

「フィリップス・アジア太平洋・病院から家庭へ(Philips Hospital to Home=H2H)」の責任者であるフェルナンド・エラソ氏は「フィリップスの遠隔医療計画は米国と欧州の15年以上におよぶ投資・実行経験の結果である。われわれは昨年10月、シンガポールに地域のH2H能力センターを開設しており、このためシンガポールとEHアライアンスがこれらソリューションの地元適性化努力の先頭に立つのは喜ばしい。計画が前進すれば、現在このような遠隔医療ソリューションを使用している米国、欧州の有力保健システムのネットワークにシンガポールとEHアライアンスが知見と経験を提供することになるだろう」と付け加えている。

この計画はシンガポール経済開発庁の協力を得ている。シンガポール経済開発庁のバイオ医療ディレクターであるケビン・ライ氏は「シンガポール初の心不全患者の遠隔医療計画を共同開発することを目的とするフィリップスとEHアライアンスの提携を歓迎する。この協力関係は企業がどのようにシンガポールの健康管理クラスターと提携して地元と地域の患者の利益となる新しい製品、ソリューション、ビジネス・モデルを共同開発し、実験台にする素晴らしい例である」と語っている。

この計画は2014年6月26日にスタート、2015年10月までに約160人の心不全患者募集を目指している。

Mr Chen Yi Siang

Changi General Hospital

yi_siang_chen@cgh.com.sg

+65-6850-2727

+65-9878-0551

Ms Celestine, Christina Sunatia James

Christina.celestine@philips.com

+65-6882-5411

+65-8518-5479

ソース:Philips Health

First Tele-health Programme for Heart Failure Patients in Singapore Enables Patients to Better Manage their Health and Reduce Hospitalisation

PR57769

SINGAPORE, Sept. 4, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

The Eastern Health Alliance (EH Alliance) and Changi General Hospital (CGH)

have partnered Philips Healthcare (Philips) to pilot Singapore's first

tele-health programme for heart failure patients in Singapore. The innovative

programme integrates three key elements: tele-monitoring, tele-education, and

tele-care support via the EH Alliance's Health Management Unit (HMU) nurse

telecarers. These help engage heart failure patients in the care of their

health, reduce the risk of hospitalization and premature death.

Heart failure patients are frequently re-admitted to hospital; at CGH, the

figure is 40% re-admitted within 12 months. A key reason is not adhering to

prescribed treatment plans, for example, not taking medication correctly or

consistently, not monitoring weight daily, and lapses in the control of water

intake and diet. Other reasons include the progress of the disease or infection.

Programme Director and Senior Consultant of CGH's Department of Cardiology,

Dr Gerard Leong said, "Heart failure patients can enjoy a good quality of life

if they are engaged in their care and given the necessary support. Education

and monitoring are key components for success. Once heart failure patients

understand and feel more supported and confident about how to manage their

conditions, they are more likely to follow their treatment plan and make the

needed lifestyle changes. In essence, this is what we aim to do with this Heart

Failure Tele-health Programme."

Singapore's first heart failure tele-health programme builds on an established

heart failure programme in CGH (accredited by the Joint Commission

International since 2006) and the ongoing heart failure programme by the HMU.

Through these efforts, CGH has achieved a lower heart failure mortality rate

than international centres.

Mr T K Udairam, Group CEO, EH Alliance added, "While CGH has achieved good

outcomes, we believe we can do more for heart failure patients. Therefore we

are excited by the potential of tele-health services to help heart failure

patients better manage their condition and bridge care gaps between hospital

and home. Simply put, we are bringing care to patients' homes and providing the

convenience for them to easily monitor themselves as part of their daily

routine, and to provide information and assistance when they need it. We are

glad to work with Philips to bring this programme to Singapore."

Mr. Arjen Radder, President of Philips Healthcare in Asia Pacific said,

"Philips is committed to innovation and quality improvement in patient care.

Together with EH Alliance, we strive to establish a care model in Singapore

that sets precedence for scalable, sustainable deployment of

tele-health-enabled care coordination for heart failure patients: innovations

that will help health systems address the increasing challenges of a fast aging

population."

EH Alliance and CGH have worked with Philips to develop this programme and to

localise it for the population here. This includes customizing programme

protocols for our patients' needs, and making the content available in English,

Mandarin and Malay.

Patients enrolled in the programme are provided with the following devices:

- a personal health tablet

- a weighing machine, and

- a blood pressure monitor

These devices are used to assist them in the daily measurement of their weight,

pulse and blood pressure - three key vital parameters which are automatically

uploaded to a central system for monitoring. Educational materials in the form

of videos are delivered remotely and are available to the patients on their

tablet. The HMU nurse telecarers provide support and monitoring, and can

intervene early when signs of deterioration are detected.

Mr. Fernando Erazo, Head of Philips Hospital to Home (H2H) in APAC added,

"Philips tele-health programs are the result of over 15 years of investment and

implementation experience in USA and Europe. Last October we launched in

Singapore our H2H competence center for the region and are thus delighted to

have Singapore and EH Alliance at the forefront of our efforts to localise

these solutions. As the program advances, we see Singapore and EH Alliance

contributing insights and experience to the network of leading American and

European health systems who today practice such tele-health solutions."

This programme is facilitated by the Singapore Economic Development Board. Mr

Kevin Lai, Director, Biomedical Sciences of Singapore Economic Development

Board said, "We celebrate the partnership between Philips and EH Alliance which

aims to co-develop the first-in-Singapore tele-health programme for heart

failure patients. This collaboration is an excellent example of how companies

can partner with Singapore's healthcare clusters to co-develop and test-bed new

products, solutions and business models that will benefit patients locally and

from the region."

The pilot started on 26 June 2014 and aims to enroll approximately 160 heart

failure patients by October 2015.

Mr Chen Yi Siang

Changi General Hospital

yi_siang_chen@cgh.com.sg

+65-6850-2727

+65-9878-0551

Ms Celestine, Christina Sunatia James

Christina.celestine@philips.com

+65-6882-5411

+65-8518-5479

SOURCE  Philips Health

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中