◎ZNYX Networksがセキュリティー、NFV向け仮想化プラットフォームB1を展示

ZNYX Networks

2014/9/9 09:55

AsiaNet 57799

共同 JBN 0954 (2014.9.9)

◎ZNYX Networksがセキュリティー、NFV向け仮想化プラットフォームB1を展示

【フリーモント(米カリフォルニア州)2014年9月8日PRN=共同JBN】

*IDF(Intel Developer Forum)14(ブース763)で、ネットワークサービス向け最新の仮想化プラットフォーム・イノベーション展示

仮想化およびミッションクリティカルな環境向け高密度プラットフォーム・イノベーターであるZNYX Networks(登録商標)は8日IDF14会場で、統合Intel(登録商標)Xeon(同)サーバークラス・コンピュート環境を備える、セキュリティーとNFV(ネットワーク機能仮想化)向けのB1トップオブラックスイッチ・プラットフォーム(B1 top-of-rack switch platform)を発表した。B1プラットフォームは、最新の仮想化プラットフォームとして、同様のシステムの3分の2のコストでラックスペースの半分に2倍の密度を提供する。

  Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140311/SF80434LOGO

特許申請中のB1は、Intel(登録商標)Atom(同)プロセッサーC2000およびデュアルIntel(登録商標)Xeon(同)プロセッサーE5-2600 v2のコンピュートリソースと、Ethernetスイッチのネットワークサービスとを完全一体化している。24の10Gbpsポートと4つの40Gbpsポートを装備する強力な400Gスイッチファブリックは、ラック全体にスイッチング能力を提供する。この組み合わせは、データパスにあるアプリケーションの制約を受けるライン速度サービスにとって必要な高性能を提供する。

ZNYX Networksのデービッド・パーキンソン副社長(ハードウエア・エンジニアリング担当)は「現在のネットワークエッジ・システムおよびコマンド・アンド・コントロール・プラットフォームの多くは、小型フォームファクターの中に低コストで高性能のテクノロジーを必要とする。ほかの製品はいずれも、ZNYX B1プラットフォームの処理能力、統合レベルあるいは柔軟性を持ち合わせてはいない」と語った。

B1は手ごろな価格の初心者レベルの1Uソリューションであり、今後のニーズに応じてアプリケーションを付加したり変えたりする能力を備えている。ZNYX B1トップオブラックスイッチ・プラットフォームは、NFVアプリケーション、ネットワークおよびセキュリティー機器、高性能ルーター、エンドオブローあるいはトップオブラックのセキュリティー機器に理想的である。B1はマルチテナント型サーバーラックにおいて、ラックの中にある特定のラックのサービスを展開し、それぞれのサーバーに個々のサービスを設定し、企業内の異なる部署向けのサービスを区分けすることができる。

ZNYX B1プラットフォームはまた、ネットワーク向けMPLS(マルチプロトコル・ラベル・スイッチング)ルーティングサービスなどカスタマー構内設備(CPE)向けに理想的なネットワークエッジ・ゲートウェーであり、構内の必要に応じてブレーキングスイッチングを提供する。

▽仮想化、費用対効果のあるネットワークセキュリティーおよびサービス

すべてのネットワーキング・アプリケーションあるいはOSは、ラック内サーバーが必要とするロードバランシング、セキュリティーなどの共通サービスを提供するB1コンピュート環境で、仮想化あるいはベアメタルのまま動作することができる。B1のオープンソースのコンピュート環境は、組み込み仮想化向けのKVM(カーネルベース仮想化マシン)ハイパーバイザー、あるいは既存のデータセンター・インフラストラクチャー内で単純な統合を可能とするVMware(登録商標)ソフトウエアの双方をサポートする。

ZNYX Networksのケビン・オースティン・ゼネラルマネジャーは「ネットワークセキュリティーとサービス機能は現在、容易に取得して展開できる仮想化アプリケーションを利用して、トップオブラックスイッチに統合することができる。このような設計は多層セキュリティーの新しい標準となり、高密度サーバーに対する貴重なラックスペースを保全する。B1はトップオブラックの比類ない機能密度を備えており、これまで例のない統合、容易な管理、企業、データセンター、電気通信に対するコスト節減をもたらす」と語った。

B1プラットフォーム上の仮想化アプリケーションを利用することは、複数アプリをインストールするハードウエアの負担をなくす。ロードバランサー、ファイアウォール、ウイルス駆除、ウェブアプリケーション・ファイアウォール、マルウエアディテクター、コンピューター侵入検知/侵入防止用のソフトウエアは、B1上の仮想化エコシステムから展開することができる。このようなアプローチはCAPEX(設備投資支出)を低減し、展開時間を短縮する。

ZNYXのOpenArchitect(OA) Ethernet SwitchのOSはプラットフォームに付随して無料で含まれており、ネットワーク・プロトコル、コンフィギュレーション、パケット・ベクター、高可用性など機能豊富なオープンソースのLinux環境である。このオープンOAソリューションは、カスタマーそれぞれ固有の必要性を満たすためカスタム化されるスイッチ環境を可能にする。ZNYX製品ファミリーに共通するインターフェースが、展開を知的に拡大するシステム構成を可能にする。

B1トップオブラックスイッチ・プラットフォームは、サンフランシスコのモスコーニウエスト・コンベンションセンター(Moscone West Convention Center)で9月9-11日に開かれるIntel Developer Forum 2014(IDF 14)のZNYXブース(#763)で展示される。

▽ZNYX Networksについて

ZNYX Networks(www.znyx.com )は、仮想化およびミッションクリティカルな環境に対する高密度プラットフォームのイノベーターである。ZNYXは企業、データセンター、軍事、航空宇宙、テレコミュニケーション業界向けに設計した完全統合プラットフォーム製品とともに、Advanced TCM(Advanced  Telecom Computing Architecture、登録商標)、CompactPCI(Compact Peripheral Component Interconnect、登録商標)の両規格、カスタムコンピューティングブレード、スイッチ、ソフトウエアテクノロジーを提供する。機器メーカー、アプリケーションプロバイダー、システムインテグレーターは、性能、製品市場化時間、信頼性、所有コストを最適化するソリューションを生み出すためにZNYXに依存する。ZNYXは米カリフォルニア州フリーモント、サンタバーバラ、サンルイスオビスポとともにミシシッピ州リッジランドに販売・技術センターを開いている。ZNYXはコミュニケーションおよびエンベッデドデベロッパー、ソリューションプロバイダーのコミュニティーであるIntel(登録商標)Internet of Things Solutions Allianceの一般会員である。ZNYXはまたVMware(登録商標)Technology Alliance Partner (TAP)である。

▽問い合わせ先

Beth Makosey

ZNYX Networks

(408) 206-1387

beth.makosey@znyx.com

ソース:ZNYX Networks

ZNYX Announces High-Density B1 Top-Of-Rack Switch Platform for Security And NFV

PR57799

FREMONT, Calif., Sept. 8, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Latest Virtualization Platform Innovation for Network Services to Be

Displayed at IDF14 (Booth 763)

    ZNYX Networks(R), an innovator of high-density platforms for virtualization

and mission critical environments, today announced the B1 top-of-rack switch

platform for security and NFV (network function virtualization) with an

integrated Intel(R) Xeon(R) server-class compute environment. As the latest

virtualization platform for network services, the B1 platform delivers twice

the density in half the rack space at two-thirds the cost of comparable systems.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140311/SF80434LOGO

    The patent-pending B1 tightly couples the network services of an Ethernet

switch with an Intel(R) Atom(R) processor C2000, and a dual Intel(R) Xeon(R)

processor E5-2600 v2 compute resource. A powerful 400G switch fabric with

twenty-four 10 Gbps ports and four 40 Gbps ports provide switching capacity for

the entire rack. This combination delivers the high performance required for

line-rate service chaining to applications in the data path.

    "Many of today's network-edge systems, and command and control platforms,

require low-cost, high performance technologies in compact form factors," said

David Parkinson, vice president of hardware engineering, ZNYX Networks. "No

other single product delivers the processing power, level of integration, or

flexibility of the ZNYX B1 platform."

    The B1 is an affordable entry-level 1U solution that provides the capacity

to add or change applications for future needs. The ZNYX B1 top-of-rack switch

platform is ideal for NFV applications, network and security appliances,

high-end routers, and end-of-row or top-of-rack security devices. In a

multi-tenant server rack, the B1 is able to deploy services for specific

servers in the rack, enable individual service configurations for servers, and

isolate services for different departments within an enterprise.

    The ZNYX B1 platform is also an ideal network-edge gateway device for

customer-premises equipment (CPE), such as MPLS routing services for the

network, and provides the breakout switching required on-premises.

    Virtualized, Cost-Effective Network Security & Services

    Any networking application or operating system can run either virtualized

or bare-metal on the B1 compute environment providing common services, such as

load balancing and security, required by the servers in a rack. The B1 open

compute environment supports both the KVM (Kernel-based Virtual Machine)

hypervisor for embedded virtualization, or VMware(R) software enabling simple

integration within existing data center infrastructures.

    "Network security and services functions can now be integrated into the

top-of-rack switch by utilizing virtualized applications that are easy to

acquire and deploy," said Kevin Austin, general manager, ZNYX Networks. "This

design delivers a new standard in multi-layer security, and preserves valuable

rack space for a higher density of servers. With unmatched functional density

for top-of-rack switches, B1 delivers unprecedented consolidation, ease of

management, and cost savings for enterprises, data centers, and telecom."

    Utilizing virtualized applications on the B1 platform eliminates the

hardware tax required to install multiple appliances. The software for load

balancer, firewall, anti-virus, web application firewall, malware detector, and

intrusion detection/intrusion prevention can be deployed from the

virtualization ecosystem on the B1. This approach lowers CAPEX and reduces the

time-to-deployment.

    Included at no charge with the platform, ZNYX's OpenArchitect (OA) Ethernet

Switch operating system is an open Linux environment that is feature-rich with

network protocols, configuration, packet vectoring, and high availability. The

open OA solution allows the switch environment to be customized to satisfy each

customer's unique requirements. The common interface across the ZNYX family of

products allows system architects to intelligently scale their deployments.

    The B1 top-of-rack switch platform will be displayed in the ZNYX booth

(#763) at the Intel Developer Forum 2014 (IDF14), September 9-11, at the

Moscone West Convention Center in San Francisco.

    About ZNYX Networks

    ZNYX Networks (www.znyx.com) is an innovator of high-density platforms for

virtualization and mission critical environments. Designed for enterprise, data

center, military, aerospace and telecommunications industries, ZNYX offers a

complete portfolio of fully integrated platforms, as well as leading

AdvancedTCA(R), CompactPCI(R) and custom compute blade, switch, and software

technologies. Equipment manufacturers, application providers and systems

integrators rely on ZNYX to create solutions that are optimized for

performance, time-to-market, reliability, and cost-;of-ownership. ZNYX operates

sales and technology centers in Fremont, Santa Barbara and San Luis Obispo in

California, as well as Ridgeland, Mississippi. ZNYX is a general member of the

Intel(R) Internet of Things Solutions Alliance, a community of communications

and embedded developers and solution providers. ZNYX is a VMware(R) Technology

Alliance Partner (TAP).

    Beth Makosey

    ZNYX Networks

    (408) 206-1387

    beth.makosey@znyx.com

    SOURCE: ZNYX Networks

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中