話題の「自動走行」を玩具の世界で実用化?! 「Q-eyes(キューアイズ)」9月30日(火)新発売!

タカラトミー

2014/9/24 16:18

2014年9月24日

株式会社タカラトミー

誕生35周年! クルマ業界で話題の「自動走行」を玩具の世界で実用化?! 

自動走行チョロQ「Q-eyes(キューアイズ)」9月30日(火)新発売

センサーで障害物を検知し方向修正! 10秒充電、1分走行、遊び勝手の良さ追求!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/所在地:東京都葛飾区)は、障害物を検知し、ぶつからないよう自動走行するチョロQ「Q-eyes(キューアイズ)」4種(希望小売価格各3,500円/税抜き)と「Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R」(希望小売価格5,500円/税抜き)を2014年9月30日(火)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」http://takaratomymall.jp/shop/等にて発売いたします。

 

 累計約3000種、1億5000万個超を販売しているプルバックゼンマイ搭載のディフォルメミニカー「チョロQ」は、第一号試作品誕生から35周年を迎える今年、サイズやデザインはほぼそのままに、話題の「自動走行」をいち早くおもちゃで実現させた新シリーズ「Q-eyes」を発売いたします。

 「Q-eyes」は左右のヘッドライトの下にあるセンサーで、障害物を検知し、ぶつからないようにステアリングをきりながら走行します。手をかざして方向を変えたり、ペンや消しゴムといった身近な文具など1cmの高さのあるもので、幅15cmほどのコースをつくって走らせたり、楽しみ方は様々です。

また、障害物が車体の正面に現れた場合は、バックし、切り返して通常走行に戻ります。あらかじめ別のモードを選択しておくことで、障害物が除かれるまで停止させておくこともでき、車庫入れ遊びなどが楽しめます。

 遊びたくなった時にすぐ遊べるよう、付属の充電器に10秒セットするだけで充電が完了する仕様にしました。1回の充電で、約1分間の走行が可能です。

 「Q-eyes」の発売同日、専用のコースが組めるコースパーツと車庫、そして本体を同梱した「Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R」に加え、「チョロチョロ走るキュートなクルマ」の原点であるプルバックゼンマイを動力に直進する「チョロQ」6種と、同様の動力で直進とターン走行を繰り返す、「チョロQ」のキャラクター版「チョロQ MIX」4種を発売します。

 「Q-eyes」は、30~40代の「チョロQ」で夢中になって遊んだ世代の方とそのお子さまはもとより、クルマに憧れを感じるモーターファンの皆さまに向け、少し先の未来を感じてもらえたり、少し昔を懐かしんでもらえたりする、ちょっと楽しいひと時を提供していきます。

■商品概要■

商  品  名  : Q-eyes(キューアイズ)4種(QE-01 NISSAN LEAF 自動運転テストカー、QE-02 SUBARU WRX STI、QE-03 DAIHATSU コペン future included Xmz、QE-04 NISSAN GT-R)

希望小売価格: 各3,500円 (税抜き)

発売日   : 2014年9月30日(火)

対象年齢  : 6歳以上

商品内容  : 本体×1、充電器×1、取扱説明書×1

使用電池  : 単3形アルカリ乾電池2本(別売り)

充電時間  : 10秒(約1分 走行可能)

商品サイズ : 本体 約(W)32×(H)28×(D)53mm  ※本体重量約16g

        充電器  約(W)83×(H)33×(D)47mm

販売目標  : 初年度10万個

取扱い場所 : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ等

著作権表記 : (C) TOMY

ホームページ: http://www.takaratomy.co.jp/products/choroq/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

自動走行 手をかざして進路を変更

つくったコースの中を自動走行

Q-eyes集合

コースガレージセット

コースガレージセットレイアウト

チョロQ

チョロQ MIX

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース