Peabody Energyがエネルギー貧困との闘いに先進石炭利用を呼び掛け

Peabody Energy

2014/9/29 15:15

Peabody Energyがエネルギー貧困との闘いに先進石炭利用を呼び掛け

AsiaNet 58052(1059)

【セントルイス(米ミズーリ州)2014年9月27日PRN=共同通信JBN】カーボンと気象に関する協議が高まった1週間中、米石炭大手Peabody Energy(NYSE:BTU)は27日、エネルギー不平等と闘い、排出量を改善するため先進石炭(クリーンコール)の利用増を呼び掛けた。

Peabody Energyのグレゴリー・H・ボイス会長兼最高経営責任者(CEO)は「今こそわれわれが直面する最も重要な危機はエネルギー危機であることを認め、世界の数千万市民の健康、寿命、生活の質を増進するエネルギー利用を挫折させる気象警鐘論を退ける時である。カーボン排出を減らし、人類の発展をさらに進める最善の道は、持続的な環境改善となる、今日の先進石炭利用技術の展開を加速することである」と語った。

国連は10年以上前に、ミレニアム開発目標を策定して、2015年までに世界の極貧状態を急ぎ半減することを呼び掛けた。今日、35億人の人々が適切なエネルギー利用ができずに生活し、その数は世界人口の半分となる。南アジア、サハラ以南のアフリカに住む数十億人は、食品を料理したり住居の暖を取る材木やバイオマスを集めたりする日々を過ごしている。

毎日屋内で使う火から発する煙は破壊的で、健康に与える影響は悲惨である。屋内で使用する火から発する屋内大気汚染は、世界の死因の4番目になると推測されている。

ボイス会長兼CEOは「一般の人々はカーボンに関する懸案事項に対処する緊急性に同意できないが、エネルギー貧困に起因する屋内大気汚染下原因で、年間400万人余りが死亡している事実に直面する危機に疑義を挟む人は誰もできない」と語った。

ボイス氏はさらに、エネルギー貧困に起因する人々の究極の苦しみは、かぜを予防するワクチン、適切な電気供給のない病院、冷蔵施設がなく腐敗する食品、浄化されていない水、衛生が行き届かない影響にまで広がると語った。

同氏はさらに「われわれが貧困者を支援することに真剣に取り組むとするならば、そのような機会のない世界の数十億の人々に豊富な低コスト・エネルギーを供給する活動を支援すべきである。世界の政策決定者は長期的なエネルギー活動を考慮する際には、より多くの国がお粗末なカーボン対策が及ぼした危害を理解し、今日の米国および世界の指導者に重要な教訓を示すことを勧める」と述べた。

ボイス氏は例えば以下のような世界的な活動で分かるように、燃料と政策の選択肢が問題となると指摘した。

 *オーストラリアが炭素税を廃止するに当たって、首相は「就労を損ない、家屋の生活費に影響を与え、実際は環境支援とならなかった壊滅的な課税は無用である」と呼び掛けた。

 *日本は二酸化炭素(CO2)排出量を減らす先進石炭技術のより一層の利用を呼び掛けて、国内および海外で石炭燃料発電プラントを支援する政策を強化した。

 *インドの新首相は、2022年までにすべての家庭で電気を利用してもらうことを誓約した。

 *中国は排出量を減らす技術を展開して、世界最大の石炭利用国になろうとしている。

 *カナダは炭素税を課すことなく排出量を減らそうとしている。

 *欧州の再生可能エネルギーは、ロシアのエネルギー・セキュリティー問題の脅威を受けていることから後退されつつある。

ボイス氏は「世界が3日ごとに新たに1基の500メガワット(MW)石炭プラントを稼働させている時代にあって、世界のほんの一部の投資家が言うような化石燃料から脱却する必要性は偽りであり、貧困者に非同情的である。すべての投資家は、エネルギー貧困を緩和し、環境上の大きな利得を生み出すことになる先端石炭利用を進めるよう呼び掛けるべきである」と語った。

化石燃料は人々が長生きし、生活を改善するのに役立ち、繰り返し行われている研究では、石炭は世界経済のバックボーンであり、石炭利用の増大とGDP増大には直接的な相関関係がある。米国クリーンコール電力組合(American Coalition for Clean Coal Electricity、ACCCE)が公表した「The Social Costs of Carbon? No, the Social Benefits of Carbon(カーボンの社会的コスト? そうではなく、カーボンの社会的恩恵)」によると、社会に対する化石燃料の恩恵はカーボンの社会的コストより50-500倍上回る」(http://www.americaspower.org/sites/default/files/Social_Cost_of_Carbon.pdf )と語った

ボイス氏はさらに次のように言う。

「われわれは石炭がもたらすクリーンで効率的な電気を排除することを目指す、欠陥のある電気政策に深く懸念を抱いている。これら石炭利用は米国の電力の40%余りを供給し、カーボン排出量はますます低減している」

「いくつかの研究は、これら政策が制定されるならば、信頼性のリスクが高まり、気候変動理論の下で何ら実質的改善もなく価格高騰を招く結果になるだけであることを示している。これら政策は製造業の雇用を破壊し、エネルギー貧困を増やし、まさに人々を傷つけ、より良い生活への希望を奪う」

石炭は国際エネルギー機関(IEA)の当面の政策シナリオに基づき今後20年にわたり、ほかのすべての燃料より大きなエネルギー成長を促す燃料になると期待されている。多くの人口が都市部への移住によって貧困と闘い続けており、2020年までに毎年、7000万人以上の人々が都市に流れ込む予想である。石炭はこのエネルギー需要の高まりに対応する最も低価格で最も信頼できる発電方式である。世界銀行はまた、石炭がアフリカの電力需要対応を支援するため不可欠であると述べている。

石炭は10年以上にわたり、世界最速で伸びている主要燃料になっており、今後数年のうちに世界最大のエネルギー源として石油を追い越すものと予測されている。社会の多くの需要に応えるには、低コスト特性と規模を持つ石炭のほかのエネルギー源はない。

エネルギー貧困との戦い、低コスト電気の利用増、世界の数十億人がエネルギーを利用することを犠牲にしてカーボン問題に集中するリスクを回避することなどについてさらに詳しく知りたい人は、以下を参照。

AdvancedEnergyForLife.com(https://www.advancedenergyforlife.com )およびFacebook(http://www.facebook.com/advancedenergyforlife )、YouTube(http://www.youtube.com/channel/UC21HyLm-tBdetQBAoBBL2fQ )で「Advanced Energy for Life」を参照。あるいは当社Twitterで@AdvancedEnergy(https://twitter.com/advancedenergy )を参照。

Peabody Energyは世界最大手の民間部門石炭企業、持続的な採鉱、エネルギー利用、クリーンコール・ソリューションの世界リーダーである。

詳しい情報はPeabodyEnergy.com(http://www.peabodyenergy.com )を参照。

  Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140226/CG70548LOGO

  Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120724/CG44353LOGO

▽問い合わせ先

Beth Sutton

+1-(928) 699-8243

ソース:Peabody Energy

Peabody Urges Greater Use Of Advanced Coal Globally To Fight Energy Poverty And Improve Emissions

PR58052

ST. LOUIS, Sep. 27, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    During a week of heightened discussion about carbon and climate, Peabody

Energy (NYSE: BTU) today called for greater use of advanced coal to fight

energy inequality and improve emissions.   

    "It's time we recognize energy poverty as the most serious crisis we face

and reject climate alarmism that stalls solutions for energy access that would

improve health, longevity and quality of life for tens of millions of citizens

around the world," said Peabody Energy Chairman and Chief Executive Officer

Gregory H. Boyce. "The best way to reduce carbon and further human development

is to accelerate deployment of today's advanced coal technologies that provide

continued environmental improvement."

    More than a decade ago, the United Nations developed Millennium Goals

calling for a rapid halving of extreme global poverty by 2015. Today 3.5

billion people live without adequate energy access, which represents half the

world's population. Billions in South Asia and Sub-Saharan Africa spend their

days foraging for wood or biomass for fuel to cook meals or heat dwellings.

    The smoke from daily indoor fires is devastating, resulting in dire health

effects.  Household air pollution from indoor fires is estimated to be the

fourth-leading cause of death in the world.  

    "Reasonable people can disagree on the urgency of addressing concerns about

carbon, but no one can question the crisis we face when more than 4 million

people die annually from indoor air pollution resulting from energy poverty,"

said Boyce.  

    Boyce said the ultimate human suffering from energy poverty extends to

vaccines that aren't kept cold, hospitals that lack proper electricity, food

that spoils from lack of refrigeration, water that isn't purified and the

effects of poor sanitation.    

    "If we are really serious about helping the impoverished, then we should be

supporting activities to provide abundant low-cost energy for the billions in

the world who lack it.  As the world's policy makers consider long-term energy

actions, it is encouraging that more nations are realizing the harm done to

people due to poor carbon policies, demonstrating important lessons for today's

U.S. and global leaders."  

    Boyce observed that choices of fuels and policies matter as witnessed by

actions globally:

    -- Australia repealed its carbon tax, which the prime minister called a

"useless, destructive tax, which damaged jobs, hurt families' cost of living

and didn't actually help the environment."

    -- Japan has stepped up support for coal-fueled power plants both

domestically and overseas, calling for greater use of advanced coal technology

that reduces carbon dioxide emissions.

    -- India's new prime minister pledged to make electricity available to

every household by 2022.

    -- China is deploying technology to reduce emissions and is the world's

largest coal user.

    -- Canada is reducing emissions without a penalizing carbon tax.

    -- Europe's renewable strategy is being pared back as the continent is

threatened by Russia's energy security challenge.

    "At a time when the world is bringing on line one new 500 megawatt coal

plant every three days, calls to divest from fossil fuels from a tiny fraction

of global investors are misguided and anti-poor," Boyce said.  "All investors

should be calling for more advanced coal use to alleviate energy poverty and

drive major environmental gains."  

    Fossil fuels help people live longer and better, and repeated studies

demonstrate coal is the backbone of the global economy, with a direct

correlation between greater coal use and greater GDP. The benefits of fossil

fuel energy to society outweigh the social costs of carbon by a magnitude of 50

to 500 times, according to the study, "The Social Costs of Carbon? No, the

Social Benefits of Carbon,"

[http://www.americaspower.org/sites/default/files/Social_Cost_of_Carbon.pdf ]

prepared by Management Information Systems.  

    "We have deep concerns over flawed electricity policies designed to

eliminate clean and efficient electricity from coal, which supplies over 40

percent of U.S. power and has increasingly lower emissions," Boyce said.

    "Studies clearly show these policies, if enacted, would only cause price

increases with greater reliability risks and no substantive improvement under

climate theory. These policies destroy manufacturing jobs, increase energy

poverty, hurt real people and ruin hope for a better life."

    Coal is expected to fuel more energy growth than any other fuel over the

next 20 years based on the International Energy Agency's current policy

scenario.  More than 70 million people are expected to be added to cities each

year through 2020 as populations continue to fight poverty by migrating to

urban centers. Coal is the least expensive and most reliable major form of

electricity generation to meet these rising energy needs. The World Bank also

has said coal will be essential in helping Africa meet power demands.

    Coal has been the world's fastest-growing major fuel for more than a

decade, and is projected to overtake oil as the world's largest energy source

in coming years.  No other energy source has coal's low-cost attributes and

scale to address society's many demands.

    For those who want to learn more about combatting energy poverty,

increasing access to low-cost electricity and avoiding the risks of focusing on

carbon at the expense of energy access for billions around the world, visit

Advanced Energy for Life at AdvancedEnergyForLife.com

[https://www.advancedenergyforlife.com ] and Advanced Energy for Life on

Facebook [http://www.facebook.com/advancedenergyforlife ] and YouTube

[http://www.youtube.com/channel/UC21HyLm-tBdetQBAoBBL2fQ ] .  Use our Twitter

handle @AdvancedEnergy [https://twitter.com/advancedenergy ] .

    Peabody Energy is the world's largest private-sector coal company and a

global leader in sustainable mining, energy access and clean coal solutions.

For further information, visit PeabodyEnergy.com [http://www.peabodyenergy.com

].

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140226/CG70548LOGO

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120724/CG44353LOGO

    CONTACT:

    Beth Sutton

    +1-(928) 699-8243

    SOURCE: Peabody Energy

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中